2008年03月21日 21時31分19秒

納豆フレグランス

テーマ:日記

お久しブリーフ。

のび太です。



唐突ですけど、足の臭いってあるじゃないですか。


いや、僕のなんてのはもう臭いとかは程遠くて、凄いフルーティーなみずみずしい香りなんですけどね。

よく納豆嫌いな人が


「納豆って足の臭いがするからムリ。世の中からなくなって欲しい。」


とか表現するみたいに、一般的に足の臭いっていうのは凄く独特な臭いだと思うんですよ。


「なんか臭いな。」


とかじゃなくて


「足が臭いな。」


って断定できるような、オリジナリティがそこにはあると僕は思うんです。




これは足の臭いが気になる人にとって恐ろしいことでして、


例えば何かの臭いに気付いたとして

「何かが臭いんだけど、何が臭っているのか分からない。」


っていう事態が


「臭い。誰かの足が臭い。」

なんていう誤魔化しが効かない状況に追い込まれてしまうんです。


そうなったら最後。

最早臭いの発生源である加害者(ある意味一番の被害者)は、じりじりと追い詰められていき最後には「お前か!

」と断定され、祭り上げられてしまうことは必至なわけです。




そして非常に悲しいのは、足の臭いは老若男女を問わないということでしょうか。


「もう何食ったらこんなに可愛くなれるんだ、ホント。こんなに可愛いとなると、ひょっとしたらコイツは妖怪かも分からん。コイツはその容姿で男をたぶらかし、生気を吸って美貌を保っているのかもしれない。僕のも吸ってください。」


っていうFカップの核爆弾みたいな子がいたとしてもですね、その子が唯一悩みを抱えていることが「自分の足の臭い」だった。

なんていうことも起こりかねない。


ブーツを脱いだら漂う足の臭い。

「アレ?さっきまでフルーティーな香水の匂いだったのに、気付いたら納豆のフレグランスだ。」


やはり、その女は妖怪ニオイアシだった。


なんていうことも起こりかねない。

これだから現代社会は恐ろしい。




とにかくそれくらい足の臭いっていうのは恐ろしいんですよ。



そしてこれは偏見なんですけど、


一般的に父親って足臭いと思うんですよね。


いや、きっと誰しもがそうではないと思うんですけどね。

でも僕の中では


『父になる。足臭くなる。』


みたいな、凄く悲しい宿命めいたものがあるんではないかと子供の頃からずっと思ってたんですよ。


時は遡ること平安時代。

世間から疑いの目をかけられて、不遇の死を遂げた「納豆卸売り商人」の恐ろしくも禍々しい呪いの力。

家庭を持って円満に暮らす世の中の男が憎い!

足を臭くしてやる!!


とか、そんな呪いがあってもおかしくない。いや、あってしかるべきだ。スゲー臭いし。呪いだこれは。


って幼心に思ったものです。




ですからね。

今でこそ「シトラスシャワー」とか名前がついてそうな僕の御足香なんですが、

いつの日かこれが「オカメナットウ」とかって名前に変わってしまうんじゃないか、そう最近不安になるわけです。




しかし、不安になるからこそ、今臭くないことに幸せを感じている自分もいるんですよね。


「世の中には足の臭いに苦しむ人もいる。そんな人に比べたら、冒頭からお久しブリーフとか言ってる自分はホントなんて幸せで頭がおかしいんだろうか。生まれてきてよかった。」


皆さんは何気ないことに幸せを感じていますか?

気付いてないなら、とりあえず足の臭いをかいでください。



ほら、幸せですよね。







さて、こんな感じで世の中に愛と平和と幸せを伝道している僕なんですけどね。

この間バイトに行ったときですよ。


鼻歌交じりで更衣室のロッカー開けたらですね。




ロ ッ カ ー の 中 が 納 豆 臭 い




それも生半可ない、妖怪ニオイアシの親玉でも中に住んでるんじゃねぇかってレヴェル。

僕だけが使ってるんじゃなくて、何人かで共用してるロッカーなんですけどね。


でも僕のバイトのシャツとかジーパンとかそのロッカーに入れてる訳じゃないですか。


もう当然のようにシャツとかジーパンとかも移り香。

なんか僕が歩いた後に、納豆の残り香が優雅に漂うとか、そんな感じ。


きっと「今日のび太納豆臭いな。死んで。」とか皆心の中に思っていたかもしれないし、口に出していたかもしれない。






もう全然幸せとか程遠い。

自分の足の臭いだけじゃ、幸せは満たされない。

不遇に耐え忍んで奥歯を噛み締めながら、また頑張ろう。

きっと明日も日が昇るんだ。







そんな感じで3月残すところあと一週間です。
春ももうすぐであります。


では皆さん、また来週ココでお会いしましょう。よい週末を。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

のび太さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。