2006年02月16日 04時09分33秒

バレンタインデーという名の世界の終わりの中心で哀を叫ぶ

テーマ:日記

先日はバレンタインデーでした。


チョコレートという甘くて茶色い奇妙な物体が世の中に出回る恐ろしい日です。

それはもう世の中は「幸せな奴」と「不幸せな奴」で二分されるというあまりにも悲しすぎる日なんです。


☆バレンタインの幸せ・不幸せを分かつボーダーラインとは☆

彼氏(または彼女)がいる奴

両思いである、または確定的な片思い(いわば「ボーナス確定」状態)である奴

製菓会社経営者

義理チョコでも、可愛い女の子からチョコレートもらった奴

本命チョコなんだけど、可愛くない女の子からチョコレートもらった奴

―――――――――――ボーダーライン―――――――――――――――

片思いなんだけど、思いを募らせるばっかりで結局何もない方

家に帰ったらとりあえずパソコンをつけて、とりあえず恋愛シミュレーションをして自分を慰める方

彼氏(または彼女)がいない方

バレンタインデーなのに「お前は暇だろう」って言われてバイト入れさせられる方

チョコレートアレルギーの方

バレンタインデーの先日に彼女と別れちゃった方

見栄を張るためにコンビニで自分でバレンタインのチョコを買って自慢したはいいものの、家に帰ってソレを食べているときにふと涙がこぼれ出てしまった方

チョコレートかと思ったらカレールーだった方

チョコレートかと思ったらカブトムシだった方

思いを寄せる社内の女の子からチョコをもらったら「LOVE」とか書かれたチョコレートで「うほっ!」って思ったらメッセージカードに同期の親友の名前が書いてあって「あ、渡し間違えたのね。はいはい、ワロスワロス」っていう切ない方

飼い犬を散歩させてたら近所の女の子が「かわいいわんちゃん~☆チョコレートあげる~」ってチョコを食べさせて、飼い犬にまで負けてしまうようなその飼い主は彼女いない暦28年なんていう涙なしでは語れないような方



って感じでしょうか。

ボーダーラインの下の下の方に位置する人間とでもいいましょうか。

逆に言えば、社会をしたから支える縁の下の力持ち人間とでも言いましょうか。

いわば社会的弱者なわけです。

経済学的にいえば、社会保障の対象となり得る存在なわけです。


しかし社会は冷たいもんですね。


残された淡い期待を寄せる人が多くいるのでバイトの人が全然足りない状況だったから急遽バイトに入ることになったんですが、そんな僕には神様は何もご褒美はくれませんでした。

もらえるのは迷惑メールばかりですか。


そうきますか。


田舎の大自然と戦いながら、ひたすら己を鍛え続けた僕も流石にこれにはくじけそうでした。

と、そんな感じでワロスワロスって寝ようとした昨日の夜1時過ぎ


突然僕のケータイが鳴り響いたわけです。




うほっ!流石に迷惑メールじゃないだろう!!これはアツい!!!


と思ってケータイを即座に取り上げ、メールをチェックしました☆








差出人:母

件名:みかんは

本文:なくなりましたか?もう少し残ってるのでダンボールにつめて送ります。







○| ̄|_





お母さん、ありがとう。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。