2010年06月27日 21時04分34秒

微笑みの爆弾

テーマ:日記

どうもお久しブリーフのび太です。


問.ご職業は何ですか?


アンケートでこういう質問がよく書いてある。

ご職業。


居酒屋のアンケートの場合ならば、往々にして答えは「AV男優」とか「ネオニート」。

そうするとなんだか店員の対応が凄くさめてなんだかアンニュイな気分をデザート感覚で楽しめます。

ドMにはおススメ。


しかし、銀行やその他もろもろの申し込み時はそうはいかない。

きっと怒られます。


受付嬢「いい年して、何やってるんですか?(氷の微笑)」





さささささ寒い!!

そりゃそうですわ。普通にいい年して怒られます。





まぁだから「サラリーマン」とか「メーカー勤務」とか書くわけですがね。


しかしね。


これってあんまり気にしなかったけどやっぱスポーツ選手とかなら。


「プロ野球」とか「プロゴルファー」とか書くんでしょうね。




かかかかかっこいい!!




やっぱりプロってついたらなんだか格が違います。

きっと先の受付のお姉さんもうっとり。


受付嬢「よかったら連絡先教えていただけませんか?(恥じらいの微笑)」






ファック。


そういう男の財布の大きさを測るような女共は皆等しく滅亡すればよろしい。

ちくしょう。

サラリーマンの何が悪いって言うんだ。



こうなったら「プロサラリーマン」とか名乗ってやろうか。



受付嬢「よかったら精神病院の連絡先教えましょうか?(残念そうな微笑)」





そうですね。

やめておきます。




しかしね。


プロフェッショナルって、意味合い的には「専門的な技術、知識を持つ人間」なわけでね。


そういう意味ではさ。

働いてお金を稼いでいてね、ある意味ではサラリーマンでもその業種の中ではプロな訳で。


また皆さんも、接客のプロだったり、奉仕のプロだったり、料理のプロだったりetc




とにかく世の中プロだらけ。

別に名乗らないだけで、(プロ)サラリーマンっていうのはあながち間違ってもいない、と思う訳です。






そういえば先日大阪は天王寺にて電車に乗ったんですがね。

まぁ多分、口も半開きで、ぼーっとしながらのらりくらりと歩いていたんでしょう。


ある男性に声をかけられたんですよ。



男性「すんません、電話をかけたいんで、小銭もらえませんか?」



突然のことで、あっけにとられながらもそういえばポケットに小銭が入っていたなぁと思い、

あさるとやっぱりあった百数十円。



僕「どうぞ。」



男性「すんません、すんません。」



そう言いながら、

その男そのままマネケンのワッフル買ってた。



えええええええええ。



まるで迷いがない。



そう、この人は「他人の小銭で生活をするプロ」


まぁ世の中って広いから、こういうプロもいてしかるべきだけどちょっとおっさん小銭返せや。

それ俺のワッフルや。






しかし、こういうプロってなろうと思ってもなかなかなれない。


いやまぁ別にこのプロに対する興味はまるでゼロだけれども

それでも他の、いろんな業種のプロには憧れる。



職を変えるということ。



やっぱりソレについてくるのは世間体、周りのしがらみ、交流関係その他もろもろ雨あられ。

今背負い込んでる仕事をかなぐり捨てられますか?

地位も名誉も全部捨てて、泥水すすって一からがんばれますか?


と問われると、やっぱり答えはノーだから


明日からまた会社がんばってきます。




僕はやっぱりプロサラリーマンですから。






受付嬢「二回死んでください(微笑なし)。」



そうします。

三回死にます。


それではまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2010年06月26日 09時48分38秒

アラビアンナイトメアは永遠に

テーマ:日記

友人「最近どう?仕事忙しいの?」


僕「うぃ。忙しうぃっしゅ」


なんて心温まる、コール&レスポンスが繰り広げられていた数ヶ月前。

忙しさの中にも一滴のユーモアのエッセンスとでもいいますか。心のゆとりが垣間見える、心地よい忙しさだったわけですが。


友人「最近どうなの?」


僕「…。」


最近といえばノーレスポンス・ノーフューチャー。

地平線いっぱいに広がる広大な心のゴビ砂漠。オアシスを求めて月~金までさまよい続けて、挙句の土曜出勤という終わらないアラビアンナイトメア。


一緒に仕事する先輩との最近の合言葉は


「お気を確かに。」


というこの現実。

やっぱり冷静さを欠いてはいけません。


「あれ。はんだごてと思ったら、ちくわだった。」


「お気を確かに。」



あるある。

グリップの感じがよく似てるからね、よくあるよね。






ねぇよ。


それくらのノリ突っ込みをシラフでやっちゃう勢いな今日この頃。

だいぶ頭が残念です。


どうも皆さん、お久しブリーフのびたです。お元気?




いやはや、なかなか仕事も忙しくなってまいりまして。

更新滞ってました。



しかし。



忙しい忙しいと言いながらもね。


やっぱり世の中は広い。


僕が汗、涙、よだれ、鼻水、精…まぁいろんな液体を垂れ流しながら、

必死こいてやってるつもりでも。


世の中ではその遥か上のレベルで汗ひとつかかずにがんばってる人も多い。




こないだもさ。

結婚式の二次会で古くからの友人と顔を合わしたときにね。



友人A「残業は実働80時間以上。でもつけてるのはここだけの話その半分くらい。」


友人B「仕事終わって家帰るの朝5時。0時に帰れたら結構早く帰れたなって感じ。」





狂  っ  て  る 。




どんなサラリーマンよソレ。凄すぎ。


しかしそんなことがまかり通ってる現代社会。


果たして狂ってるのはそれだけ働かせる会社なのか、

はたまた働ける社員なのか。



かくいう僕といえば「ふむ、なんだかわかりませんな」、と言いながらソリティアに興じるDay and Day。



あぁ、狂ってるのはどうやら僕です。

ほんとすいません。生きててすいません。えへへ。




とにかくそんなにがんばってる方々のエピソードを聞いてると

「あぁ、なんだーみんな凄いから、俺もまだまだ頑張れやーん。」

と思ってしまうわけですが。



いかんせんこういう忙しさの耐性というのは個々人で器の大きさが違うもの。



じゃあ僕も明日から一日1時間睡眠でバリバリ働きます!なんていったら

たぶん二日で会社からドロップアウト。

三日目から20時間くらい寝ます。



…。



ま、いいんです。


それなりにがんばって、それなりにご飯食べられたらそれで幸せですから。

えへへ。







そっか。わかった。


根性、ないんだ!




えへへ。


えへ・・・。


あれ、悲しくないのに涙が出ちゃう・・・。



更年期障害かしら。

シット!







ま、とにかく。

根性はありませんが、そこそこ忙しいなりにも

もう少しがんばらなきゃなということで。


せめてブログもちょっとは更新しようかなというわけでまたちょくちょくやっていきましょう。そうしましょう。



そんな訳で皆さんシクヨロです。

ではまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。