2008年02月26日 21時56分40秒

受験パラドックス

テーマ:日記

凄まじい寒の戻りに、鼻水ノンストップな僕です。こんばんは。



鼻からたれてる水は、心の汗なんだ。

身も心も寒いとき。

悲しいとき。

つらいとき。

鼻から流して、心に留めないために。

だから、いっぱい、いっぱいたれるんだ。 みつお



汗でもなんでもいいんで、誰か止めてください。






さて、そんな僕の鼻水事情はどうでもよいとして。


先日のことです。

僕が「きょうもがんばっていっぱい、いっぱい、べんきょうするぞ」ってアホ面引っさげて学校に行ったらですね。

何故かキャンパス内にセーラー服がいっぱい、いっぱいいたんですよ。


あまりにもいっぱいいるもんだから、一人くらいいなくなってもわかんないんじゃないか。よしそれなら、いざ。


みたいな変質者ではないので、それは自制して。

ちょっと離れて匂いでも嗅いでみようとか思ったんですけど。



「ヤバい!最初の答えアタシ間違ってる!!」

「大丈夫だよー、一問くらい」



あぁ。なるほど。どうやら入試でした。




しかし、僕もいまや大学院の1年生。

春からは2年生になることを考えると、僕が入試を受けたのはもう早5年前なんですよね。

どうりで最近枕がちょっと加齢臭じみてきたなとか、そんなことはどうでもよくて、とにかくもう昔々の大昔なんですね。




そんなことを考えてたらなんていうか、アンニュイっていうか、ノスタルジックっていうか、エヴァンゲリオンみたいな気持ちになっちゃいましたよ。


そういう訳で、今日はちょっと僕の大学入試をドキュメント形式で振り返ってみることにします。






*********************************************


野比のび太、若干15歳。


彼は実家を出たくて仕方がなかった。

それは、家庭という非常に安全で守られたコミュニティを出ることによって社会の辛さを身をもって体験し、それでいて自分の存在を社会に認めて欲しい。というか、誰にも気兼ねせずに開放的にオナニーがしたかった。


そんな彼にとって「大学受験」これとないチャンスだった。




「実家を出ることができる」




高校入学と共に彼はその野望を胸の奥底でひっそりと育て、朝から晩まで勉強に明け暮れた。

寝るか勉強するか妄想するか、と、文章に起こしてみるとなんて暗い高校生活だったんだと改めて実感したけど、それはまぁ置いておいて、とにかく彼は勉強した。


そして高校3年生の秋。


彼は推薦入試の権利を勝ち取った。




「夢が、近づいてきた。」




彼は、胸の奥に育て上げた夢を実現する権利を手にした。

しかし当然のことながら勝負はここからだった。



入試の前日、彼は両親と友人に別れを告げ、名古屋に旅立った。



遠足は家に帰るまでが遠足です。なんて小学校の先生が口を酸っぱくしていう台詞があるが、コレは間違いで、本当は「遠足は家から出て、帰るまでが遠足です。」である。

つまり、彼の入試はこのときから始まっていたといっても過言ではなかった。






新幹線の降り方が分からなかった。






彼は入試の前日、つまり若干17歳にして生まれて初めて新幹線に乗った。

一時間に一本しか電車がこないような田舎に生まれ育った彼にとって、自動改札は入試の一問目だった。



「これは、なんだろう。」



乗るときは問題なかった。

なぜなら当時の広島駅には自動改札はまだ整備されていなかったので、駅員さんが切符を切ってくれたからだ。


丸刈りで、学生服を着て、受験シーズンに「広島⇒名古屋」の切符を見て駅員さんは

「頑張っておいで」

と一言笑顔で彼に勇気をあげた。




それとは対照的に、名古屋駅の構内で無機質に佇む四角い箱共は、恐怖以外の何者でもなかった。




駅員さんの「頑張っておいで」はこのことを言ったのかもしれない。

あの笑顔の裏側には、「君のこれからの道中には危険が口をあけて君を待ちかまえている。しかし君はたじろいではいけない。立ち向かっていくんだ。それが人生だ。自動改札機は人生のメタファーだ。」そんな意味合いが込められていたのかもしれないし、全然そんなことはなかったかもしれない。


彼は自動改札機に濁流のように流れ込んでいく人達にタイミングを合わせ、流れに乗った。


一人、また一人と彼の前が流れて行き、彼の番だ。

彼はさも当然のように、余裕のある顔を意図的に作る。

幅僅か10数cm程度の穴に、駅員さんの笑顔がちらつく。


切符は穴に吸い込まれ、ゲートが閉まる前に通りぬけようとした。その刹那だった。





ピンポン




ゲートは無慈悲に堅く閉ざされた。


切符は二枚入れるということを彼は知らなかった。


彼の入試一問目は不正解だった。










新幹線には二度と乗らない。そう心に誓いながら、試験前日の高まる緊張を抑えて彼はホテルの固いベッドに横になった。

極度の緊張で疲れが溜まったのか、それとも長距離の移動で肉体が休みを求めたのか、意識はすぐに眠りの奥底に吸い込まれていった。




「明日は、実力を出し切ろう。」

















目が覚めたら昼だった。




なんていうかもう彼は一瞬「世界が終わった」と認識した。


しかし幸運なことにも、試験開始は11時50分で、時刻は11時20分だった。

不慣れな土地で30分で着けるか分からなかったが、彼はホテルを飛び出た。

本当に飛び出た。


というか余りにもパニックでホテルのロビーまで出て自分がパジャマなことに気付いたくらいに、飛び出た。


どこをどういったか後になって思い出せないくらいに走って、走って、気付いたら大学だった。

時刻は試験開始5分前だった。





「神様…ありがとう…。」




試験も受けてないのに、神様にお礼をいう人間は多分彼だけだったと思う。

息切れ切れになって、試験会場に入ろうとしたときだった。


彼は何か嫌な空気を感じた。


体がふわふわとしているような、心ココにあらずとでも言うような感覚だ。

寝起きだからかな、と気を紛らわした瞬間、彼はその訳を知ることになる。





彼は何も持っていなかった。





筆箱も、教科書も、ケータイも、受験票さえ持っていなかったというかカバン持ってなかった。

事情を知らない人に言わせれば、「筆記用具すら持ってないとはなんてふざけた奴なんだ」だろう。



大真面目だ。

大真面目に忘れた。



ペコペコと丸い頭を何度も入り口の誘導係みたいな人に下げて、「仮受験票」と「エンピツ」をいただいた。





試験が始まるか、始まらないかの微妙なタイミングでとうとう彼は戦場となる試験会場のドアの前に立つ。

道のりは本当に長かった。


多分受験生の中である意味一番長かった。


息を呑み、エンピツを握り締めてドアを開ける。

戦場が彼の眼下に広がる。










見渡す限り、メガネしかいない。










コレには本当に驚いた。受験生も試験監督もそろいもそろってメガネだ。メガネ畑だ。

メガネフェチのAVでもとってるんじゃないかといわんばかりにメガネだらけだった。


他の受験生の視線が突き刺さる中、席に腰掛けると試験が始まった。





ここまでの散々な道のりで集中力のちの字もないというか、席に腰掛けるや否や自分の仮受験票の不意に空いてある□のマスを何故か黒く塗りつぶすことに集中していた彼だったが、試験にはいささか自信があった。


ここの推薦入試は英語と科学しかなかったからだ。


彼はその二科目には絶対の自信があった。







「始めてください」






試験監督の一声と共に、部屋の空気が急激に張り詰める。

試験問題を開くと、彼はニヤッと笑った。











数学の問題だった。









予想を遥かに上回る、というか次元が、科目が違うことに不意に笑いがこぼれた。


全然分かりません。

逃げ出したかった。




結局試験中は「夜にホテルで見た有料チャンネルの請求書が実家に届いたらヤバイな」とかそんなことを考えるしかなかったので、もちろん解答はクシャクシャだった。






試験が終わった後にケータイに母親から電話があって


母「どうだった?」

彼「まぁ、やるだけやったよ」


とか言ってる自分をボコボコに祭りあげてやりたかった。






帰りの新幹線は自由席と指定席の違いを知っていい勉強になった。

指定席に勝手に座ってると車掌さんが哀れんだ目で「君の切符は自由席だよ」とか意味が分からないことを告げてくるということを知ったのも、このときが初めてだった。









実家に帰って数日後、家に合格通知が届いた。









世の中は何か間違っていると思った。


*********************************************


と、長々と読んでいただきありがとうございました。


受験生の方はこんな腐った人間でも大学に受かるんだ!ってことを励みにして頑張って欲しいと願う所存で御座います。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年02月22日 23時20分22秒

大阪という名の戦場

テーマ:日記

お久しぶりです。僕です。


いやー、なんで香港とか台湾の芸能人ってあんなに○○チャンって名前が多いんだろうって疑問になってしまいまして。

ヘタをすると、中国全部を探したらニュウ・リンとか、チョウソ・ウロウとかいるんじゃないかって不安になってしまってですね。更新するの忘れてました。


まぁよくあることです。





えっと、ふっておいてアレなんですけど、今日は非常に残念なことに乳輪の話じゃないんです。

本当なら乳輪の定義とか、うっすらと生えるパイ毛の美学とかを切々と書き綴りたいんですけどね。


今日はまぁ前回の流れを受けて、就職活動の話でもしてみます。





先日就職活動の一環として憧れの地「大阪」に乗り込んでみました。

しかしホント凄いですね。大阪。


新大阪で新幹線降りて、目的の場所にどの線に乗ればいいかいまいち分からなくてですね。

仕方がないから誰かに聞こうと思ったらですよ。



なんか構内で仁王立ちしてる2m級の警備員みたいな人がいるんですよ。



「さぁ、オレに聞け。」



とでも言わんばかりに、余りにも威風堂々としてるものですからね。僕もコレは聞かざるを得ない。とか思いまして。



「あのー、○○ってどうやっていけばいいですかね?」



って聞いたんですよ。

そしたら



「それやったら、そこの階段下りて右側のホームをモジャモジャモジャ」



って感じでバリバリの関西弁で答えてくれはってですね。

おおきにーとかそんな感じで僕も大阪風吹かして威風堂々と電車に乗り込んだらですね。





気付いたらあとちょっとで奈良でした。





死ね!!三回死ね!!



なんか寺の名前の駅多いなーとかのんびり考えてたら、快速でビュンビュン大仏ゾーンだもん。

びっくりするわ。






結局自力で目的地までたどり着いてですね。

説明会まで時間があったから観光でもするかーって思ったんですよ。

そしたらアナタ。




ザ・何もない。




吉野家しかない。




結局大阪いって、殺伐としたカウンターに腰掛けて「牛丼並、つゆだく」とか頼んでたんですけど、どうしたらよかったんでしょうか。

何にしても大阪は凄いところだってことでしょうか。


結局説明会の時間までそんな「凄い街大阪」のコンビニで立ち読みを堪能してですね。




よし!大阪に来た意味がこれまでのところ全くない!




みたいな感じで威風堂々と会場に乗り込んだんです。

そしたらまぁ割と普通に面白いこともなく、いたって健全に話を聞けました。

すいません、つまらない人間で。



途中トイレに行って、そろそろ帰ろうかなって思ったときに

「あの、ハンカチ落としましたよ。」

「あ、スイマセン。どうもありがとうございます。」

「…もしよかったら、ケータイの番号教えてくれませんか?」

「あ、これはどうやらアナタのハートも落としちゃったみたいだ。」


なんていう展開はハンカチを持ってなかったので実現しませんでした。




それで、「最後に人事の人の話を聞いて帰ろう」とか思ったんですよ。

現場の人の話を聞くのも大切ですけど、やっぱり人事の人の話も聞かなきゃですからね。


マンツーで話を聞ける機会があってですね。




話をしてたらですね。




オレ「TOEICスコアは選考基準になりますか?」

人事「いえ、それは参考程度ですね。あくまでも面接です。」

オレ「そうなんですか。」

人事「でもアナタ、見た目英語喋れそうですね。ハーフ?」

オレ「違います。」





死ね!!五回死ね!!





ちょっと人より色が黒くて、顔が濃いからハーフと決め付けられる街大阪はホントに凄くて、僕はもうあんまり行きたくなくなりました。


やっぱ関東やな。関東。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年02月08日 23時32分17秒

鶏肉モラトリアム

テーマ:日記

最近就職活動とかいう謎の活動に巻き込まれておりまして。


これが中々上手い手を使ってくる新手の勧誘なんですよ。


「うちの会社はこんなところが凄いですよー。」

「うちは福利厚生がこんなにしっかり!」

「お兄さんおっぱいいっぱいあるよー。」


もう甘い蜜の匂いがぷんぷんするわ!



僕は思うんですけど、ウマイ話ってやっぱりなんだかんだいって裏があると思うんですよね。



へたこいたー。就職したら架空の会社だったー。



最悪そんなことも起こりかねない。

これだから現代社会は恐ろしい。



だからこそ、しっかりと自分の勤め先は見極めなきゃいけない。

健康ランドだと思って入社したらヘルスだったとかってことも起こりかねませんからね。





そんな訳で、最近は会社の説明会とかセミナーとかに出席してるんですよ。



ってことで、今日は社名についてはゴールデンタイムのドラマの濡れ場みたいにギリギリ伏せながら就職活動の話をちょっとしてみようかと思います。




wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


この間、某会社のセミナーに出席したんですよ。

僕も一応エンジニア志望ですから、限りなくそれっぽい企業さんだったんですけどね。

そこのセミナーがグループでやるタイプのものだったんですよ。


会場に訪れたまだ社会の辛さも分からない子羊みたいな僕達を、ひとくくりのグループに入れ込んでですね


「僕はこう思うんだ。」

「いいえ、私はこうよ!」

「ちょっと待ってくれよ!!それは違うんじゃないかな。」


とか議論に熱中させて洗脳させるっていう世にも恐ろしいセミナーだったんですがね。





よし、それじゃあ僕も一つ洗脳されに行くか!





みたいな一種の義務感みたいなものを覚えてしまってですね、意気揚々と会場に乗り込んでしまったんです。

ところがですね。そんな意気込んでるわけですからね。

なんかいつもと感じがテンションが違うじゃないですか。


いつもなら「了解しまんこ」とか下ネタバリバリバリューな僕ですけど。

流石にそのときばっかりは「承知仕り候」みたいなかしこまりモードだったんですよ。


そういった意気込みでですね、スイッチが入った状態で会場にインしたんです。




案内役の人「野比さんはこちらへどうぞ。」

僕「うむ、承知仕り候。」




みたいな感じで、決められた席に案内されたんですよ。

あの威風堂々とした感じはどこからどう見ても武士だった。


僕の案内された席は、6人のグループだったんですけどね。

もう既に5人は来てて腰掛けてたんです。




僕「待たせて申し訳ないでござる。」




とでも言わんばかりに席に着いたらですね、もうなんていうかいかにもメガネかけててリーダーっぽい人が「初対面なんで自己紹介しましょう」とかすげー爽やかスマイルで言うんです。

アイツは絶対に企業に送り込まれた刺客だと思う。


まぁとにかくそのメガネリーダーに促されて、とりあえず自己紹介をしたんですね。

一人、また一人と自己紹介を終えて、僕もまぁ無難に




僕「趣味は寝ることでござる。」




とか言って場を凍りつかせて早速やらかしたんですけどね。

でも無趣味よりは幾分かマシだったと思う。後悔も反省もしていない。


それで最後の一人になったんですよ。


その最後の一人っていうのがコレが中々以外なんですが、女性の方だったんです。

やっぱり男女平等って叫ばれてる昨今の風潮でもなかなか女性の方のエンジニア志望って珍しいと思うんですよね。

誤解を招かないために言っておくと、僕はその職業に必要な技術や知識があるならば性別なんてものは全く関係ないって思ってるんですけど、それでもちょっと珍しいなって思ったんです。





それで、その女性が何を言うかなーって期待したらですね。





女性「○○といいます。鶏肉が大好物です。」





















コイツはスゲーのが現れやがった。



ポテンシャルは計り知れない。


まぁ自己紹介もそんなかしこまった雰囲気じゃなかったし、メガネも「趣味とか、好きなものとか、何でもいいんで」とかってフラグ立てたってのもありますけどね。


もう危険な表現で物議をかもすのを承知で言いますけどね。



鶏肉が大好物って貴女はどこのサバンナからいらっしゃったんでしょうか。



僕はもう完全にその女性が生の鶏肉をむさぼる様を想像してしまってゲームオーバーでした。

笑いを堪えきれない。





結局その後のグループワークも、その女性を直視できなくなってしまってなんか不完全燃焼でした。

まぁこれから頑張ろうと思います。




鶏肉は危険だと認識した就職活動の始まりでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年02月05日 22時51分27秒

僕の羅生門と強力なダークフォース

テーマ:日記


大学院っていうのは、自分の教養を深めたりより高い技術を習得する学業の最終機関といえると思います。

こと工学部の大学院については後者の重要性が非常に高い場所でしょう。


しかし、大学院の数年間で習得する技術や知識は非常に専門性が高く、実際に社会に出て活躍していく局面においては取得した技術を直接反映させることはごく一部を除いては困難でしょう。


それでも工学部の学部生がこぞって大学院へ進学する理由は、やはり「専門的な技術習得の課程において将来エンジニアとして自分が活躍するための基礎的な技術を習得することができる」と考えるためです。


そういった意味で、工学部の大学院とは技術者の卵がひしめき合う真の意味での基礎技術習得場所といえるのではないだろうか、と僕は考えます。





と、このブログにはおおよそ似つかわしくない堅苦しい感じで始まりました。おっぱっぴー。

まぁこんな堅い感じで始まったのは、現在僕が工学部の大学院生だからです。


恐らく世間一般で持たれる工学部のイメージなんてのは

①根暗

②2次元オタク多そう

③足くさそう

④ていうかもうなんか全部くさそう

とかもうそれって人間としてちゃんと認識されてる?大丈夫?


あ、結構あってます。


いや、誤解しないで欲しいのは皆が皆そうではなくてたまたま僕が見渡す限りそういう人が多いってことです。


まぁそんな恐らく地球上でも指折りの、エロとかパラダイスなんて言葉からかなり遠く離れた場所で生活してるんですがね。

よくよく考えたら、日記なのに大学生活の話とか全然でないわ。

口を開けば下ネタだわ。

てことに最近になって気付いたんで、今日はちょっと大学生活の話でもしてみます。





---------------------------------------------


僕もまぁ一応大学院なんていうカオスな場所に所属しているわけですから、毎日実験とかやってるんですよ。

それこそブリーフ博士の研究所みたいな場所で、装置をゴリゴリやってるんですけどね。


最初の頃はもう何が何やらおっぱっぴーでして。

つまんでいるのがダイヤルか自分の乳首かもわからない、右も左も分からないひよっこだったんですよ。


それが最近では、それこそ使い始めて2年弱くらいたつわけですから。


「今自分がつまんでいるのはダイヤルじゃない!乳首だ!!」


くらいの判断はつく、いわば中級ハンターくらいのレヴェルには到達することができたんですね。



しかし、よく言われるようにこういった「慣れ」ってのは本当に恐ろしい。



どれくらい恐ろしいかって、自分の乳首じゃないけど先生の乳首だったくらい恐ろしい。






よく小学校のときとかに

「先生おしっこー。」

「隆志君。先生はおしっこじゃないし、トイレは授業の前に行かなきゃダメでしょ。行ってきなさい。」

「漏れたー。」


みたいな光景ってあるじゃないですか。


つまり

「何かをやるときは、事前に排泄行為を済ませておかねばならない。さもないと非常に危険だ。」

なんてことは小学生の時点で教えられることなんですよ。



慣れってのは、こんな基礎的なことも忘れさせてしまうから恐ろしい。



まぁとどのつまり、実験してたらトイレに行きたくなったんですよ。







恐らくこの文章を読んでいる第3者の方の口から言わせれば

「なんだ。じゃあ実験中断していけば良いじゃない。」

って思うでしょう。


しかし、事はそう簡単じゃないんです。


僕がやってるのは、一度始めると2時間くらいそばを離れられないんです。


となると、

「まぁじゃあ、我慢すれば良いじゃない。」

って思うでしょう。




トイレに行きたくなったのが実験開始5分後だったんですよ。



バカ!俺のバカバカ!



残りタイムリミットが1時間55分あるんですよと。

その前に俺のリミットがブレイクしてしまいますよと。





もうね、自分の凡夫さを嘆きました。






と、まぁ大げさに言ってますけどね。

実際には「なんだかんだいって、我慢できるわ。もう23だし。」みたいな安直な考えが僕の中にはあったんです。

えぇ、ありましたよ。




その20分後♪




☆★脳内俺会議★☆

俺A「あー。トイレ行きたいよー。」

俺B「我慢だ。我慢しろ。」

俺A「アレ?どうしたの、俺C?」

俺C「みんな、冷静になって聞いてくれ。うんちしたくなった。」


















今世紀最大の危機の到来です。





尿意だけなら自信はありました。

しかしですね、肛門括約筋の強度にはいささかの不安を覚える僕ですから、この便意には非常に焦りました。


そしてたちが悪いのは、この便意というのは恋と一緒で「意識し始めると、とことん飲み込まれる」ってことなんですよ。






その20分後♪





「♪」なんて使っちゃってますけど、最早シャレにならない状況。


膝が震えます。

うっすらと脂汗までかく始末。


強力なダークフォースが、僕の羅生門を今にもこじ開けそうな勢いです。




なんか他のことを考えよう。

便意も波動だ。きっと今を乗り越えれば助かるに違いな


と、ここが人類の限界。もう無理。頭の中便座しか浮かんでこないもん。





「我志半ばでここに没する。」と諦めかけたその瞬間でした。

全然気付かなかったんですけど、ケータイを実験室に持ってきていました。





もうね。45分前の俺のクレバーさと言ったらないね。


神様の助けだ。


と思って、同僚に助けに来てもらおうと思ってメールしました。


しかし唐突に「うんちしたい。」とかダイレクトに送信した日には、完全に変態ですから。

どうしよう、とか思ったんですけど

もう考えるのもめんどくさいっていうか、限界だったんで。


「助けて。」


って送信したんです。







あぁ。これでやっと助かる。

そう安心した数分後です。




血相を変えて実験室に飛び込んできた同僚と、先生






うん。


やっぱ送信内容を間違えた。





まぁそれでも結果的には十分すぎるほどのハッピーエンドで、今日もこうして人間として生きていられることに僕は多大なる感謝をするのでした。


めでたしめでたし

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。