2007年01月09日 21時15分07秒

キャッツアイと江頭はよく似ている。情に厚いところとか、あと全身タイツとか。

テーマ:日記

新年明けておめでたいかといえば、最近の僕といえばおめでたいとはかけ離れているような気がしてならない今日この頃です。

頭の中身はalwaysおめでたいんですがそんなことはどうでもよいんです。


とりあえず新年初ガッデムはバイト先で


おっさん「顔と肌の黒さだけ見たらちゃらんぽらんだなぁ~君は」


とか、僕の存在とか人権を無視したありがたいお言葉をいただいたときにファーストガッデムを覚えました。


こんちくしょうが!


ギャランドゥが濃くなる呪いをかけてやる!!

顔がちゃらんぽらんってそれどんなおそ松君やねん!!!


何故か分からないんですが、年末から年始にかけてお客さんに邪険に扱われることが多いんですよ。


僕のカルシウムが足りてないのか、それともお客さんがやたらイライラしてるのか分からないんですが非常にイライライリテイトします。





しかし、アレですかね。

やっぱり年末や年始のおめでたい季節の飲み会というのはその人の本性が出てしまうのかもしれませんね。





僕みたいなちゃらんぽらんに見える店員に日ごろの自分の鬱憤を晴らす「イライラ解消型」

完全に理性のたがをリミットブレイクすることによってワンパクさ全開になる「爆発型」

自分の限界に挑戦とかよくわかんないことを言って飲みまくり、ところかまわず刺激臭を放つ“天然ぞうすい”を撒き散らす「噴出型」



バイト帰りの駅までの道のりで、全身タイツに身をまとい道端でゲーゲー噴出物を草木に与えていた、まるで草木のために俺はここで出すんだとでも言わんばかりの自然を愛する人の鏡のような人(噴出型)を見かけてそんなことを思いました。


それにしても寒空の下で全身タイツ一枚だったあの人はちゃんと家に帰れたのか、そればっかりが気になりました。


冬場でも全身タイツで活動できるといったら江頭キャッツアイくらいですからね。





うっかり外で寝ちゃったらそのまま気持ちよく天国に旅立ってもおかしくない季節ですから、皆さんも飲みすぎにはくれぐれも注意してください。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2007年01月06日 02時29分44秒

パイパンをあなどるなかれ

テーマ:日記

ミドだよ!


ファドだよ!!


フリーザ様ですよ。



じゃなかった。


唐突ですが、ミドやファドやレッシーやソラオを知っている人はもうおっさんの入り口に差し掛かっているのでしょうか。

そしてピッコロやポロリやじゃじゃ丸世代真っ盛りだった人はもうおっさんと称して差し支えない年になっているんでしょうか。


そんなことを考えながら先日GTOを読み返していたら「あ、気付いたら鬼塚と同い年になってまった。」とショックを受けた22歳、無職、独身のび太です。あいあい。



22歳なんていうのは、非常に微妙な年頃だと僕は思うんですね。



21歳っていうのは、成人に毛が生えたようなものであり

また23歳っていうのは若干もうおっさんのようなものである



と先人も偉大な言葉を残しているように、22歳っていうのはいわば第二の「微妙なお年頃」なんです。きっと。


女「ちょっとお父さんのパンツと一緒に私のブラ洗わないでよ!!」


なんていっちゃうのが第一の「微妙なお年頃」なら

合コンとかに行って


♀「ねぇねぇ年はいくつなの~??」

♂「22だよ」

♀「ぞろ目微妙~」


なんていわれちゃうのが第二の「微妙なお年頃」


なのです。

22歳学生とは、「学生でありながら若さの主張も出来ず、かといって大人の雰囲気もなんとなくもてない宙ぶらりんな年頃」なんです。



ということで、本年の目標は「宙ぶらりんな年頃でも、大人な雰囲気をかもし出せるぞろ目になろう。」


ってことで決定しました。普通でスイマセン。



他にも、「ビールを飲めるようになる」や「スラムダンク最終巻を読んでもすぐ泣かない、強い漢になる」等色々とありましたが目標はやっぱり曖昧なほうが達成しやすいのでこんな感じで今年は頑張っていこうと思います。



一年の初めですので、皆さんもせっかくなんで一つ目標を立ててみてはいかがでしょうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年01月04日 15時53分49秒

年始の挨拶が遅れて「おめでとうございました」っていう人間は将来オヤジギャグを言う可能性が高い

テーマ:日記

みんなあけおめ!!


実は思ったことを上手く表現できないもどかしさやぶっちゃけめんどくさいという感情から「もうやめよう」と思っていた本ブログですが2007年も始まりましたし、まぁせっかく続いてきたんだし適当に日記付けるかって感じで再び筆を執ろう(?)と思います。

ってことで、長かった充電期間を終えて再び「名古屋の中心で愛を叫ぶ」を再開させます。


本年もヨロシクお願いします(・ω・)ノ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


日本でははるか昔から年末年始お盆という一年のうちの限られたシーズンでは、頭が爆発しちゃってるドラ息子や孫ギャル抱えたコギャルも美しきかな故郷に帰るといわれております。


一部例外もありますが、僕も一人の日本人として、そして一どら息子として我が美しきかな故郷スペシャル田舎山口県へと帰省をしていまいりましたヽ(´ー`)/


去年はお盆には帰れなかったので実に一年ぶりの我が家ってやつでした。





溢れる田舎臭、閑散とした駅。

どれをとっても我がなつかしのふるさとってやつですね。


駅を出たら母が車で迎えに来てくれておりました。

久しぶりに顔をあわせて何を言われるかと思ったら


母「今家大変なんよ~


何が大変なんだろう。

大変なのにこの母親は何を笑っているんだろう。


とまぁいささかの不安を覚えながら大変だといわれる我が家に帰ってみました。







車を降りるとサプライズは突然訪れました。





家の玄関ではおじいちゃんがなにやら作業をしていました。

あぁ、この人はいくつになってもセカセカ動くなぁと感心しながら


俺「じいちゃんただいま~」


と声をかけると


じいちゃん「…誰ですかいね?









お じ い ち ゃ ん が

ボ ケ て い ら っ し ゃ る









流石の僕もこれにはうろたえました。

確かに実家に帰ったのは一年ぶりです。一年なんていう年月は失恋の痛みを癒したり、当時つるんでた友達とも「去年の今頃は○○なことしてたな~」なんてなつかし話に華を咲かせるような年月ですがね、


孫のことを忘れてはイカンでしょ


と、僕は日本中の年配の方々に声を大にして訴えたいです。

とりあえず、実家に帰って一番最初の仕事は僕がどこの誰かなのかをおじいちゃんに説明することでした。





うん。確かに我が家は大変なことになっておりました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いや、他にも色々と大変だったんだけどまぁいいや。

リハビリってことでこんな感じで新年幕開けです。では皆さんコトヨロですヽ(´∀`ヽ)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。