2006年09月27日 13時34分33秒

ファイト一発 「二発目」

テーマ:日記

友人「野比さん、今日(麻雀)打ちますよね?」


僕は一瞬自分の頭がおかしくなってしまったんじゃないかと疑ったんだ。

疲れすぎて幻聴を聞いてるのかもしれないと、思ったけど、友人は別に英語の先生に

先生「repeat after me」

といわれたわけでもないのに繰り返すんだ。


友人「野比さん、打ちますよね?」














ん、えと。


どうして?




疑問詞の使い方が違うよね?

「打ちますか?」

じゃなくて

「打ちますよね?」

って。


俺『いや、突っ込みどころはそこじゃないはずだ。落ち着け、落ち着くんだ。落ち着いて素数を数えよう。0…アレ?0は素数じゃないだろ。1…ん?1は素数だったよな、どうだったかな。うん、いきなりピンチだ。』


フラフラだった僕は、それでもなんとか正解に辿り着いた。


俺「無理、疲れてるし。明日朝9時から学校行かなきゃいかんすもん。」


友人「え?打たないの?打ちますよね?」


俺「いや、無理無理無理。疲れてるし、朝早いもん。」


友人「じゃあなんで帰らないの?」













そう、いわば


「心の中では「この人は彼女がいるから…。多分私なんて遊びなの…。」なんて気付いていながらも、悪い男から抜け出せない、抜け出したくない可哀想な状況の女の子が、その悪い男の家に行って帰るに帰れない状況」



「心の中では「疲れてるし…。明日学校早いから絶対無理なの…。」なんて気付いていながらも、悪い友人の誘惑から抜け出せない、抜け出したくない頭の中が可哀想な状況の僕が、そのバイト先の休憩室から帰るに帰れない状況」


非常に似た状況だったんだと思います。




そんな可哀想な女の子は恐らく10人に8人がその後悪い男の手中にはまって可哀想にもその身を汚されてしまうのと一緒なように、その後の僕も結局友人の家に行くことになりました。


しかし、物語は上手くできているといいましょうか。


その後の麻雀は神がかったように強く、勝ちまくってました










友達がね。








結果、僕一人が負けるという始末。


世の中上手いことできてんなーヽ(´ー`)/


と思った時には既に



AM5:00



恐らく3時間後にはグラウンドで研究室の皆様がキャッチボールを始めているでしょう。

肉体は既にリミットブレイクしているのでこのまま寝ずに白い玉を追い掛け回すこともできるんじゃないかと、脳内エンドルフィンがビュンビュン出ながらそう囁いているんですが、さすがにこれが人間の限界かと。

カールゴッチの越えられない壁のようなもんかなと。


そう野生の感が働いて就寝。



僕を暖かく迎えてくれるのは夢の中のウサギさんとリスさんだけかもしれません。






固い床で雑魚寝してウサギさんを追い掛け回しているところで




【メール受信】

AM8:20 「キャッチボールするよー」





Wake up。





そんな感じで日曜日が始まりました。













その後はもはや地獄です。


先輩「野比君、ショートやって。」


ソフトボールとはかくも厳しいものか!!


完全にライフは赤いです。

ドラクエだと僕は棺桶マークが点っているでしょう。教会まで連れて行かないとよみがえらないし、まぁめんどくさいからルイーダ預けちゃえなんていうポジションのチャモロ的な人間なのでしょう。








しかし、そんな悪夢も終わりを向かえとうとう開放されたと思ったとき、最後のBOSSが待ち構えていました。







バイト17時-23時


24時間ぶりの鷲のマークを体内にドーピングして再びバイトに望んだところで完全に死人になれました。本当にありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年09月25日 00時24分49秒

ファイト一発 「一発目」

テーマ:日記

まずここに、常人健康な男性のもともとの体力値を100と仮定しよう。

僕の場合はその100の体力値は煙草の煙害によって40まで減少してしまっているとするんだ。


その僕が昼の日差しを体いっぱいに吸収しながらソフトボールの練習(ノック)を受けたとする。


これはもう非常に危険な状態なわけで、14時から練習をして17時に終了した時点で僕の体力値は4くらいにまで減少してしまうんだ。

体力値が4ということは毒の沼地を四歩歩いただけで死んでしまって、前にセーブしていたところからやり直しになってしまうほどの極限状態なわけなんだ。




(ちなみに、ロールプレイングゲームをあまりやらない読者の方にわかりやすく説明するとすれば、体力値が4なんていう状態は水も食料もない無人島で3日間くらい過ごした後にサウナで一汗流すくらい危険なことだと考えてもらえればさし当たって問題はないと思う。)




だが、ここからがMっ気のある人間の恐ろしいところで。


こんなに危険な状態になるであろうことが予測されていたのに、あろうことか事前に僕はこの後にバイトを入れていたんだ。





中途半端にMな人にはこの方法はオススメできない。

失敗は即、死を意味するからだ。




その点僕はといえばメンタル面では真正の「マゾ体質◎」を持っている人間。

パワプロでいえば「ピンチ◎」である。




しっかり体力が4の状態で原付を走らせてバイトに行ったんだ。


コロスケ「キてる。キてるナリよ。奇天烈犀様~。」


そんな感じで脳内でコロスケが大はしゃぎなわけだ。











だが、そんな風に脳内麻薬がマキシマムな状態でバイト先へと続くエレベーターのボタンを押そうとしたその刹那、何かが僕の指を止めたんだ。




「今日は…土曜日。」




(ちなみに、バイトなんていう庶民のお小遣い稼ぎとは無縁の温室育ちのセレブレティの方にも分かりやすいように説明すれば、金曜日土曜日の居酒屋のバイトは通常の3倍の体力を消費するんだ。

通常のバイトでの体力値の減少が10~20だとすれば、この土曜日のバイトなんていうのは30~60もの体力値を消費してしまうということを知っておいてほしい。これは余談であるがそれに関連して「金曜日、土曜日の居酒屋で「ピンポン」を連打すること=店員のスーパーサイヤ人化(怒りMAX)」ということを頭の片隅に入れておいてほしい。)




まだ僕も21歳。

「この年で人生を締めくくってしまうのは流石にまだ遣り残したこともあるから」

と若干逃げ腰になってしまった僕は、地下へと続くエレベータのボタンを押すのを思いとどまって、とりあえずコンビニに走りある物を手に入れた。




連想ゲーム的にその「ある物」を推理してほしい。





・鷲





・青いラベル





・茶色い瓶





・ケインコスギ





・ファイト一発







おそらく、四つ目のキーワードで、人によっては二つ目のキーワードでピンと来てしまったかもしれないが、そうご存知の通りアレである。


















俗にいうドーピングである。





鷲のマークの秘めたる力は凄まじい。タウリン1000mg配合は伊達じゃない、とでも言っておこうか。

とにかく、そのドーピングによって僕はリミットブレイク状態を手に入れたのである。





俗にいう限界突破である。





こうしてタウリン1000mgによって、体力値4という非常に危険な状態であったにも関わらずなんとか土曜日のバイトを乗り越えることができた。

神様仏様ケイン様である。




しかし、この鷲のマークは残念ながら完璧ドーピングではない。

いわば即席完全無欠人間製造補助剤。

その副作用は尋常ではない。


バイトが終わって一息ついている頃にやってきた。







俗にいうフラッシュバックである。



このフラッシュバックとは「麻薬依存者が中毒症状から脱出したあとに、再びやってくる依存性」を指すことが多いが、実は「徹夜明けや激務の後にさらにひとふんばりしなくてはならない人がリポビタンDを服用したとき、物事が終わってから急激にやってくる疲れ」もアンダーグラウンド社会では一般的に使われる。









今思えば、ここが分岐点であった。


既に時計は0時をまわり、日付が変わったことを知らせていた。

僕が素直な人間であれば

「今日は疲れたし、明日朝9時からソフトボールの試合があるから今日はもう家に帰って寝よう。」

となれたはずであった。




休憩室で僕の隣に座っていた友人からこのとき最も聞きたくなかった衝撃の発言が飛び出たのである。


友人「野比さん、これから(麻雀)打ちますよね?」







>>>続く

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月19日 23時23分35秒

THE 自分探し

テーマ:日記

カンボジアへ語学留学していたのでしばらく更新できませんでした(嘘)

秋という季節が感じさせる哀愁が僕を怠けさせていました。



台風が過ぎ去り、各地で色々と深刻な被害も出ているようですが皆さんお変わりないでしょうか。

台風や地震が過ぎ去ったあとは思わぬところに被害が出ているものです。


ベランダにうっかり出していた鉢植えは大丈夫ですか?

外履き用のサンダルは飛ばされていませんか?

うっかり干していたパンティーは飛んでいってませんか?

隣の部屋のパンティーが飛んできていませんか?



なんていうか、パンティーやブラの一枚や二枚くらい太っ腹に強風に流して欲しかったですね。






さてさて、いよいよ秋も本番ですね。

食欲を前面に押し出してみたり、スポーツに励んでみたり、家に引きこもって読書をしたりと、秋というシーズンは筋肉隆々スポーツマンから万年家から出たくない症候群のヒッキーさんまで全ての人種を受け入れてくれる非常に懐の深い季節です。


そんな秋だからこそ、何か新しい自分を探してみるのもよいのではないでしょうか。



THE自分探しのシーズン「秋」



とでも銘打って、ちょっと自分を省みてみましょう。







皆さんには「異性のする好きな仕草」や「異性のここが好き」というものがあるでしょうか。


♂「俺、髪の長い女の人が髪をかきあげる仕草で白米三杯は軽く逝けるよ。」

とか

♀「私、男の人の腕の血管が浮き出てるのを見るとそれだけでエクスタシーを感じちゃう。」


なんていうのは凄くポピュラーでかなり耳にします。




が!




そんなのはもう当たり前過ぎると思うんです。

なんていうか、もっとマニアックな好きな部分をこんな秋だからこそ皆さんには見つけて欲しいと思うのです。



ちなみに僕の友人の中には

「女の子に「写真とってくださ~い」って言われて「じゃ、撮りますねー。はい、チーズ…、あれ?ごめんなさーい、フィルム巻いてなかったですわ」って言ったときに女の子が「も~」って言いながら怒り笑いするときのその笑顔が好き」

なんていうアルティメットマニアックな友人がいますが、こんなのが非常によい例です。


では、歩く変態と異名の高い僕についてはどうなのか、ということになるんですが、この「異性の好きな仕草」については割と僕も普通の線を行ってると思います。
















僕の好きな異性の仕草は

①ちょっと高めの椅子に座ったときに女の子が足をぷらつかせる仕草

②何か喋り終わった後に女の子が上唇をちょっと尖がらせて白い歯がチラッと見えたときのその唇(図1参照)


尖った唇

    図1 尖った唇





どうでしょうか。




あ、ダメ?

やっぱり変態かな。






まぁとにかく、皆さんも自分の色々な面を発見しつつ、人に非難されながら秋を満喫してみてください。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006年09月08日 21時41分22秒

鼻の穴からUDONをすすったら本物と認めてやるよ、ユースケ。

テーマ:日記

夏のうだるような暑さも過ぎ去り、徐々に空模様や朝夕の空気に秋の匂いを感じる季節になろうとしていますが皆さん体調を壊されていないでしょうか?


朝冷え込むんだからセクロスして疲れて裸で寝ちゃったら風邪引くから気をつけろよな!!この野郎。





なんかアレだね。

夏休みだというのに、普通に朝9時からミーティング行って、そのあと実験やって疲れて18時に帰宅っていつもと変わらない気がするし、週末と祝日が楽しみで仕方がないってどうなの?


まぁ今やらなきゃ卒業できなくなるんですが。





脳内俺A「やだやだ!やだよ!僕はまだ子供のままでいたいんだ!大人になりたくないんだ!」

脳内俺B「もう遅いよ。ティン毛が生えたらみんなネバーランドから旅立たなくてはいけないんだよ。」

脳内俺A「ティン毛剃ったらいい?」

脳内俺B「ダメ」



なんていうピーターパン症候群真っ盛りな気がします。




そういえば、先日購入したラジアータストーリーズをクリアしました。


ラスボス強すぎ。


鼻血出るかと思ったわ。あとラストステージめんどくさすぎ。射精するかと思ったわ。

最後とそれまでのクオリティの桁が違う。






あー明日は土曜日だー●´∀`●すげーダラダラしてやろうヽ(´∀`ヽ)ウヒョー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。