今晩は!

とめはね教室 塾長の岳雨です。

健康に関する情報がありましたので、

皆様に紹介します。

あなたは年一の健康診断を

受診してますか。

この方は初期の肺ガンで

幸いにも発見出来摘出したので

現在、抗癌剤も飲まず、

普通に生活しているとの事。

MRI,CTスキャン、造影剤検査・・・

種々あるみたいですが、専門的な

事は詳しくないので、先生に診て

貰う時のノウハウです。

ノウハウ その1

自分の体に異常が、若しくは痛みが

ある時には割と正確に伝えられ、

しっかり診てもらえますネ。

ところが、痛みもなく気になる箇所、

或いは将来的に心配になりそうな

ヵ所を見て欲しい時はあなたなら

どうしますか。

少し、オーバーに訴える事です。

『今、痛くも痒くも無いですがチョット

診て欲しいです』としたら、

手抜き診断されてしまいます。

ノウハウ その2

あなたは(病名)何々の病気です。

即、手術/治療しましょう。・・・と

診断されたら、確かな末期的症状

では無い限り、

最低3箇所くらいの専門医の

診断を受けましょう。

その方は専門医の診断を受け、

更に、東京のかなり有名な専門医の

診断を受け癌だと確定した直後の、

健康診断で検査した肺レントゲンでは

見つからず、正常との判断だったそうです。

(大抵は肺レントゲンに現れた時は

 末期症状だそうです。)

●レントゲン診断が悪いと言う事では

 ありませんので誤解が無い様に。

私の経験談でも正にそうです。

少々、長くなりそうですので次回に・・

お読み頂きどうもありがとう

ございました。

(追)文房四宝の話は

今回の話題が終わってから

スタートします。

AD