練馬区で高血圧や糖尿病など生活習慣病に関する医療費が平成17年度から20年度の3年で10%増え、区財政を圧迫する要因になっていることが、区の調査で分かった。生活習慣病になる可能性が高いメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とその予備軍の割合は男性が圧倒的に多い。区は「特に男性はメタボ健診を積極的に受診して」と呼びかけている。

 区が区内在住の30~74歳の国民健康保険被保険者を対象に、17年5月と20年5月の月額医療費を比較したところ、医療機関が診療報酬を請求するために提出する書類は、生活習慣病については15%も増加。また、生活習慣病の医療費も10%増加していた。

 さらに、1人当たりの年間医療費も調べたところ、2千万円以上の高額な医療費がかかった区民の8割が、複数の生活習慣病を抱えていることも判明した。

 生活習慣病が医療費を押し上げ区財政を圧迫する一因となっている一方で、メタボやその予備軍を見つけるために国が実施する特定健診の受診率は20年度は36%にとどまった。特に40~44歳の働き盛りの男性の受診率は16%と著しく低いことが浮き彫りになった。

 区は「特定健診の受診券は、年に3回に分けて発送する。特に男性は、ぜひ受けてほしい」と話している。

【関連記事】
食塩の過剰摂取防げ 1日の目標量引き下げ 男性9グラム 女性7.5グラム未満
今後チャレンジしたい運動は「ウォーキング」
「大動脈瘤」最大のリスクは高血圧と喫煙
低体温体質 筋肉量増、食生活、睡眠で改善
人間ドック、60歳過ぎたら年1回受診を 健保組合の補助ある場合も
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

酒井法子さんに賠償請求=声優出演アニメが上映中止―東京地裁(時事通信)
<口蹄疫>対応人員の増派を検討 菅首相(毎日新聞)
「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
「強い社会保障」意識し、医療・介護も成長分野に-民主、参院選マニフェストを決定(医療介護CBニュース)
篠山紀信氏に罰金30万円略式命令 東京簡裁、青山霊園でヌード写真(産経新聞)
AD