17日午前6時25分ごろ、大阪市住吉区上住吉の南海高野線住吉東-沢ノ町駅間の踏切で、和泉中央発難波行き準急電車の運転士が、踏切内に女性がいるのに気づき急ブレーキをかけたが、間に合わずに接触。女性は頭などを打って意識不明。乗客約400人にけがはなかった。

 住吉署などによると、はねられたのは近くに住む58歳の女性とみられ、遮断棒をくぐって踏切内に進入したという。事故の影響で、上下線合わせて計36本が運休、計137本が最大30分遅れ、ラッシュ時と重なり約10万8千人以上に影響した。

【関連記事】
電車にはねられ自転車の高1死亡 音楽プレーヤーで電車に気付かず?
大阪でJRまた遮断棒折れ2.5万人影響
京浜東北線で自殺?男性死亡
東武東上線で人身事故、3万人に影響
「踏切観察」静かなブーム 「昭和」の香りのシンボル
少子化を止めろ!

<鳩山首相>会食で蓮舫議員ら、選挙体制の確立を要請(毎日新聞)
四神壁画、初の勢ぞろい=明日香村のキトラ古墳-奈良(時事通信)
郵便不正 「凜の会」発起人に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
<火災>マンション一室全焼 遺体は住民28歳男性か 横浜(毎日新聞)
雑記帳 「お隠れバーガー」で姫路城の観光客減ストップを(毎日新聞)
AD