茨城県小美玉市で2003年4月、女性が乱暴された事件で、現場から採取されたDNA型が一致したとして、今年3月、公訴時効2日前に強姦(ごうかん)罪で起訴された同市の建築解体業富田和広被告(43)が、別の2件の強姦事件でも水戸地検に追起訴されていたことがわかった。

 追起訴は20日付で、うち1件は22日に時効を迎える直前だった。

 捜査関係者によると、追起訴されたのは、03年4月22日と04年3月15日に同県内で起きた強姦事件。事件現場に残された遺留物のDNA型が富田被告のものと一致した。

 富田被告は3月、08年11月の強制わいせつ未遂事件で逮捕され、03年4月1日の強姦事件の時効直前に起訴された。

カーネーション 新品種名は「花恋ルージュ」、病気に強く(毎日新聞)
中国公安幹部来日 情報交換を本格化 毒ギョーザ事件(産経新聞)
不起訴不当で起訴、被告に無罪=バイク衝突死亡事故-熊本地裁(時事通信)
生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
「ニュースばかりみていた」ようやく帰国の日本人(産経新聞)
AD