ノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイさん(69)の講演会(関西学院大学主催、毎日新聞社共催)が20日、兵庫県西宮市の関西学院大学中央講堂で開かれ、マータイさんが「世界平和と地球環境」と題し、約700人の学生や市民を前に講演した。

 マータイさんは、昨年12月に国連平和大使に就任した際、「次に来日する時は必ずヒロシマを訪れよう」と決意したことを紹介。「地球環境に対する最大の脅威は核兵器。(反核運動を促進する)平和市長会議の運動に共鳴する。核兵器廃絶を目指して、アフリカ各国の市長にも広く加盟を呼び掛けたい」と訴えた。

 講演会に先立ち、関西学院大はマータイさんに対し、名誉学位記を授与した。【岡田功】

【関連ニュース】
入試問題ミス:関西学院大で「化学」の問題文に誤植
政府税調:専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整
関学大:社会学、法学部入試で出題ミス
関学大:入試「日本史」に出題ミス
大学入試:関学大でミス

<赤ちゃんポスト>シェルター整備などを要望 熊本県知事ら(毎日新聞)
シンリンオオカミ「最後の母」ナナ、糖尿病死(読売新聞)
米、トマホーク廃棄を伝達=政府は容認(時事通信)
内定率5年ぶり低水準=高校生、昨年末で75%-文科省(時事通信)
差し入れ制限規定は違法=二審も国に賠償命じる-福岡高裁(時事通信)
AD