巣箱に入り3週間、ヒムネオオハシが産卵しました、
巣箱の中で結構動くので、卵蹴っ飛ばしてます。
割れないんでしょうか?
ABC日記-Avian Breeding Center in Kobekachoen--himu1


ヒムネオオハシは、多分4個産卵すると思います。
暖かく見守ります。

ABC日記-Avian Breeding Center in Kobekachoen--himu2
AD
Roseate Cockatoo's chick 42days
モモイロインコ(幼名バーニー)がそろそろ一人餌です。
$ABC日記-Avian Breeding Center in Kobekachoen--モモイロインコ2
くすんだピンクの羽色があどけなさを感じさせます。

ご報告もあります。
この度、バーニーは無事に成長し、園内で名前を募集する事になりました。
私が勝手にバーニーと呼べるのもあと少しのようです。

花鳥園ブログより
5番目の妹♪モモイロインコのヒナ名前募集! (4/8まで園内にて)
こちら!http://kobekachoen2.blog135.fc2.com/blog-entry-879.html

園内に設置された投票箱に名前を応募していただきます。どんな名前になるのでしょうか?
もしも、幼名バーニーの名を愛してくださった方は一票投じて下さいますようお願い申し上げます。我ながら4姉妹の名前を鑑みると、バーニーを押通す難しさを痛感します。と、願望は冗談として、バーニーのための良い名前を御願い致します。銭形警部


最近のバーニーの様子です。
$ABC日記-Avian Breeding Center in Kobekachoen--モモイロインコ1
これは10日ほど前の状態ですが、羽が最大の大きさに成長してない状態です。
ですが、初期の無羽域がはっきりしていた頃よりかは鳥らしく成長してきています。

$ABC日記-Avian Breeding Center in Kobekachoen--ももいろいんこ4
これは昨日のものです。
一人餌の練習でリンゴを食べさせていたはずが、こんな状態になってしまいました。
頭部の冠羽の様子です。こうも整然と生え揃うことに当たり前ですが、感動します。
大きくはなりましたが、脚の力はまだな様で、平面や生地の中などに入りたがります。

$ABC日記-Avian Breeding Center in Kobekachoen--モモイロインコ3
結局こうなって眠ってしまいました。練習で口の中に色々入れていた時期はぺっぺと顔を左右に振って飛ばしていたのですが、ようやく自分で食べる事を理解したようです。
自分で食べ始めたとはいえ、心配はつきませんが見守ろうと思います。
モモイロインコの育雛は毎年のことなのに、何故かバーニーには負けてばかりだと思います。

もうすぐ一人餌ですが、ちょっと変わった事をしています。
水を飲む時に「ワウワウワウワウ~~」と奇妙な声を出しながら飲んでいます。
この音がすると水を飲んでるんだなぁと思います。
そのあたりはまた今度。
AD

おとこのこおんなのこ

テーマ:
今日は鳥の性別判定の話です。
ニワトリやカモなら大人になれば雌雄は外見で分かりますが、鳥類の大部分は外見では
雌雄が分かりません。
そのため、今までに色々な方法が考えられてきました。
①直接観察法
鳥を麻酔下で内視鏡を挿入し、生殖器官(精巣・卵巣)を観察する方法です。
80年代までは主流でしたが、鳥に負担がかかり費用が高いことから、現在では殆ど行われていません。
②ホルモン測定法
鳥から採血し、性ホルモンを測定することで雌雄判別します。
ただし、時間も手間もかかり、やはり現在では行われていません。
③DNAを用いた雌雄判別
血液や羽からDNAを抽出し、PCR法で性染色体の一部を増幅します。
現在、鳥類の性別鑑定は殆どこの方法で行われます。

神戸花鳥園でも、孵化した雛のほとんどは、DNAを用いた性別判定を行っています。
この方法を原理から詳しく説明すると、とんでもなく長くなると思うので、複数回に分けてネタがないときに連載していきます。

それにしても、神戸のモモイロインコは5羽連続でメスでした。
ギネス記録は、何羽連続?

$ABC日記-Avian Breeding Center in Kobekachoen--gel

バンド2本がメスで、1本がオスです。(詳しくは後日)
AD
ヒムネオオハシのペアを繁殖場に移し、巣箱カメラを設置しました。(防犯用の安物カメラを流用です)
カメラは巣箱の天井部分に取り付けて有ります。
早速興味深々で中を物色です。
ABC日記-Avian Breeding Center in Kobekachoen-

巣箱内の大きさを測っているのでしょうか?
くちばしで壁を突付いています。
それにしても、このくちばしは巣箱での育雛に邪魔だと思うんですけど。

$ABC日記-Avian Breeding Center in Kobekachoen-

オスも興味が出てきたようで、一緒に覗いています。
もうしばらくすれば、卵が見られそうです。
モモイロインコ22日目

バーニーは大きな育雛箱に移しました。
以前のブルーダケージでは狭すぎて対応できなくなりました。
バーニーが入っていた容器から糞が飛びだすようになり、
ブルーダーケージからも同様の状態になったので育雛箱に移しました。

ABC日記-Avian Breeding Center in Kobekachoen--22日目2

大きな育雛箱に馴れてきましたが、蓋をあける度に威嚇してくれます。
物音には敏感なようです。
ヒヨコ電球にはカバーをつけて、低音火傷を防ぐようにしています。
電球は60wを使用し、温度管理は30度で調整しています。

バーニーは今のところ順調です。