2006-06-20 17:44:38

募金振込みのお知らせ

テーマ:ブログ
現在もジャワ島中部地震支援の募金をお願いしております。

それに関して、新たに手数料無料の口座を作りましたのでお知らせいたします。

【振込先】

ジャワ島震災支援AVAIHI・KIFA共同事業

四国銀行本店営業部 店番051 科目1 口座番号1684083


(高知県内の四国銀行支本店で窓口に用意しています
  この口座の専用振込用紙を使って

    振り込んでいただくと手数料が無料になります!)


※ただし、振り込み料の無料の口座ができただけで前にお知らせした
  AVAジャワ島震災支援の口座のほうに
 (店番051 科目1 口座番号1683680)
  に募金していただいた方のお金も責任もって全額、支援に使わせていただきます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-12 17:08:01

インドネシアチャリティイベント!

テーマ:ブログ
今年の夏もインドネシアチャリティーイベントやりますよビックリマーク
今年は去年とは違って1日間ですがそれだけ中身の濃いものができると信じて
企画をじっくり練っています音譜

☆☆☆☆☆☆☆☆虹インドネシアチャリティーイベント2006虹☆☆☆☆☆j☆☆☆☆☆

目的:
①インドネシア共和国への理解
②ジャワ島中部地震支援とニューギニア島パプア州へのポリオ等撲滅支援を行うための支援金集め

主催:アジア・僻地医療を支援する会・高知インドネシア友好の会

日時:平成18年7月2日 
    午前10時~午後6時まで

場所:ひろめ市場正面の広場

内容: ・インドネシア舞踊(インドネシア人によるジャワ舞踊)メラメラ
     ・チャリティーバザー・オリエンタル雑貨
     ・インドネシア料理・手作りケーキのバリ風喫茶コーヒー
     ・活動紹介のパネル展示
     ・募金活動
     ・インドネシア民族衣装の写真撮影   を予定(*^▽^*) その他多数催し物あり走る人


今回のイベントでの収益は全額

①インドネシア共和国のジャワ島中部被災地
②ニューギニア島パプア州におけるポリオ等撲滅支援

での活動費に使わせていただきます。

活動報告会でどのような支援をしたのかということについて説明させていただきます。


引き続きバザー用品大募集ですビックリマーク→avaihi@gmail.comに連絡よろしくお願いします☆

募金も引き続き大募集中で

四国銀行本店営業部 AVAジャワ島震災支援
店番 051 科目 1 口座番号 1683680 の方によろしくお願いします!!飛行機


チャリティーイベント楽しいものになるので、きてくださいねあせる


記入者 (長谷川)



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-06-10 09:13:29

第五回四国NGO研修のご報告

テーマ:ブログ

第五回NGO研修

6月4日、四国NGOネットワーク(SNN)とJICA四国支部の主催で、

愛媛大学にて、第五回四国NGO研修が行われました。



テーマは「世界の防災」と「災害時における在住外国人支援」でした。


世界の防災」については、ラジブ ショウ 京都大学地球環境学大学院助教授がお話くださいました。

ラジブ・ショウ先生は、数々の国連機関のプロジェクトに携わり、

現地コミュニティ、NGO、行政機関、国際組織と活動を行っています。


数々の、プロジェクトに携わった上で、やはり、

防災に一番必要なのは、「コミュニティ防災」だとおっしゃいます。

防災を技術の面から補おうとしていた傾向は、

95年の阪神大震災で見直されました。

救出・支援に最も役立ったのは、

地域の人々のネットワークだったのです。

防災は、人(役割)、町(コミュニティ)、絆(ネットワーク)の3つの柱で成り立つのです。


そう考えたとき、

隣の人の顔すら知らない、っていう状況で南海大地震が起きたら

やばいと思いました。


私たち大学生は特に危険です。

阪神大震災のときも、本来マンパワーとなるはずの20代から30代の若者は

災害弱者となりました。

コミュニティとの関わりが薄かったからです。




災害における外国人支援」は、長岡市国際交流センター長、羽賀友信さん講師を務めていました。

自ら、新潟県中越地震の時、余震の続く中、

スタッフと共に外国人被災者の安否確認を続け、

全国から寄せられる支援と被災者をつないだ実体験をまじえたお話でした。


四国にも、いずれ南海大地震が起こると言われています。

しかし、まだまだ備えをしている人は少ないです。

(70-80%の人が、地震に対する意識は高いものの、 

 実際に災害に備える人は30-40%といいます)


わたしもラジオしか用意してませんでした(゚_゚i)

備えをしていないことの危険さを恐ろしく感じました。


自分のマチが被害にあったとして、

自分被災者としてどう動くか、

考えておかねばなりません。


それと同時に、在住外国人への支援についても、

災害の起こる前に、対策を考える必要を知りました。

高知には、約4000人の在住外国人がいます。


「地震」を知らない在住外国人の方々にとって、

それは全く未知の体験です。

知識もない、情報もない状況で、中越地震のときも、すごいパニックになってしまったそうです。

羽賀さん「一番問題だったのは、地震が起きたときに、

ブラジル人も中国人も地震ということを理解されないことがあまりにも多かったということですね。

私たちは地震に慣れてますが、

ブラジルの方は「世界が壊れた、羽賀さん。」それぐらいの衝撃を受けられた。

ですから、単なるマグニチュードいくつということではなくて、

地震を知らない方が初めて体験し時の衝撃は、マグニチュード20とかそんなレベルだと思います。」


在住外国人の人たちへ情報を伝える方法(日本語がわからない人は数多くいます)、

ボランティアや支援をどう活用するか、

コミュニティ全体での、事前のシュミレーション・備えが大切です。


(ちなみに、勉強・備えのやり方には色々あります、

地震経験者、学校・地域・家族・自分自身で勉強した人、

この中で、

習った後に、実際に備えに移した人の割合が高かったのは、

地域家族で災害について習った人たちでした。)


(記入者;古味)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-06-09 22:37:31

ジャワ島中部地震 被災者支援への協力のお願い

テーマ:ジャワ島中部地震

ジャワ島中部地震


ニュースでご存知のように、

ジャワ島中部での地震により、5,800人以上が死亡し、

3万人以上が負傷しました。

建物や家屋が深刻なダメージを受けて20万人以上の人が住むところを失いました。

(ユニセフ6月5日報告)


その地震が発生した5月27日の朝5時、

ちょうど私たちアジア・僻地医療を支援する会の会長である、

エバ・ガルシア・デルサスさん(高知大学スペイン語教師)が

最も被害の大きかったジョグジャカルタ近辺のソロという町に滞在していました。


その地震の後、現地に何が不足しているのか

という調査をすると同時に、

支援物資を送るルートを確保して日本に帰国しました。


それを受けて、

私たちアジア・僻地医療を支援する会は被災地の復興手助けをします。


具体的には緊急支援のための食糧援助、抗生物質、外科用セット、テント

現地のジョグジャカルタに支援する予定です。

そのための支援金を集めるため、

インドネシアチャリティーイベントをひろめ市場で行います。


募金やチャリティーバザーなどを行うことを予定しているのですが、

バザーに出品する品物が

すごく不足しています!!


そこで、皆からバザー用品を集め、

商品として販売しそのお金を支援金にあてたいと思います。


バザーにご協力していただける方は、avaihi@gmail.com  まで連絡してください!

また、募金でのご協力も受け付けております。


振込先;四国銀行 本店営業部

     AVAジャワ島震災支援会長エバガルシアデルサス  

     051-1-1683680 


話を聞いて実際に行動してくれる人は

100人に1人といいます。

その一人になってくれますか?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-09 21:41:37

国際協力論@愛媛大学

テーマ:四国の学生で国際協力☆


愛媛大学で国際協力論の授業
受けてきちゃいました。
平日に授業があるにもかかわらず…^^


国際協力論については
http://www1.quolia.com/sincrare/snn/


新田さんというセカンドハンドの代表の方が
授業をしてくれたのですが、

その中で一番強く感じたところは
友人のK君と同じでした…
(びっくり!真似じゃないよ 汗)


目の前に人が倒れていたら
声をかけて助けようとしますよね!?



じゃあ、1キロ、1000キロ離れている人が
倒れていたら、どうしますか??



声をかけずに無視をする?



自分の想像力が追いつかないような
遠いところにいる人たちでも

やっぱり助けないといけない。
  


その話を聞いて、「国際協力が重要だ」
ということを改めて強く感じました。

レオンさんが歌っている
チャリティーCDもすごくよかったので
今度買いたいと思います☆

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-06-07 03:00:50

□医療機器輸送事業 報告会のお知らせ□

テーマ:ブログ

医療機器寄贈事業

「アジア・僻地医療を支援する会」は、現在、インドネシア・パプア州で医療支援活動を行っています。

パプア州は、その最大の病院でも、その医療設備は古く、かつ不足しています。


昨年、高知医療センターの開設に伴い、高知県立中央病院から、

医療機材(ベッド約120台や保育器、麻酔器、手術台など)を譲り受け、

県内のライオンズクラブやロータリークラブなど多くの方々より、輸送費の資金協力をしていただき、

医療機材の不足しているパプア州へ寄贈することができました。


その事業が無事終了しましたので、報告会を6月17日に行います!


場所;高知大学医学部

日時;2006年6月17日(土) 15時より


参加希望または質問は avaihi@gmail.com  までお願いします。

(記入者;古味)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-06-05 22:51:31

インドネシア語講座

テーマ:ブログ

インドネシア語講座

アジア・僻地医療を支援する会は、現在、インドネシアの東の端のニューギニア島の

奥地の人たちの医療支援・人材育成や、ニューギニア島の医療機器の援助を行っています。

現地で活動する際に必要となるので、
毎週木曜日六時半から、高知大学医学部で、

インドネシア人の方にきていただいて、 インドネシア語を勉強しています。

言葉だけでなく、インドネシア舞踊など文化を教わったり、インドネシアの現状を
聞きながら勉強するのでとても面白いです☆

(特に、先生のお子さん!!3歳くらいかな?
とても人懐っこくてかわいい男の子も講座に参加します男の子


もし、興味のある方がいれば、是非是非、参加待ってます虹

質問・参加希望の方は、avaihi@gmail.com  までお願いします(^∇^)

(記入者;古味)


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-06-05 22:23:13

ASPAC、終了しました☆

テーマ:四国の学生で国際協力☆

ユースフォーラム参加者記念撮影

5月27日、ASPACのイベントのうちの一つ、「四国ユースフォーラム 学生による国際協力」に参加してきました。参加者は、四国にいる国際協力の活動を行っている学生です。


参加者は8名で、

愛媛グローバルネットワークの山下真結子ちゃん、

徳島私立高校の岡本あずさちゃん、

ハーモニーワークキャンプの庄野真代さん、

セカンドハンド学生部・小指会の矢田尚子さんと加藤拓さん、

そしてアジア・僻地医療を支援する会からは、村上さん、長谷川くんと古味が参加しました。


初めに、自分の所属するNGO・国際協力団体の紹介&
自分とのかかわりについてのプレゼン、
次に、SNNの代表の方がコーディネーターとして、
参加者全員のディスカッションを行いました。

行ってビックリ、予想よりも断然大きな会場です、
メッチャあせりました(>□<ノ

でも、それよりも驚いたのは、
参加者の皆のプレゼン、ディスカッション、国際協力への想いでした。

活動に積極的に取り組んでいる人ばかりで、
話していてとても面白かったし、
大きな刺激になりました

フォーラムが終わる頃には、
すっかり盛り上がっていて、皆でご飯食べにいきました
(ユースですので飲めません

こういう活動をしているのは、まだまだマイノリティです。
時には、寂しくなったり、
目指す方向について不安になることもありますが、
負けずに突進していきたいものです

そのためにも、
国際協力に関心のある人たちのためにも、
いまさらながら
ネットワークの大切さを実感しました。


(記入者;古味)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。