自民党の中山太郎元外相(85)は25日午前、党本部で大島理森幹事長と会い、自らが求めていた国政選挙の定年制の撤廃が受け入れられなかったとして、離党届を提出した。
 同党は、国政選挙の比例代表候補に関し、衆院選では「公認時に満73歳未満」、参院選では「任期満了日に満70歳未満」と内規で定めている。
 会談後、中山氏は記者団に「年齢制限は憲法に触れる問題だ」と強調。参院選で他党から出馬する可能性については「全く白紙だ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

ブレーキレバー折れ運転取りやめ JR西日本 (産経新聞)
泉南アスベスト判決 国の不作為責任を断罪(産経新聞)
社民は連立維持を=「辺野古移設は実現できない」―国民新代表(時事通信)
口蹄疫 農水相が対応謝罪 ワクチン接種9割終了へ(産経新聞)
声掛け徹底、限度額引き下げを=金融機関と会議―警視庁(時事通信)
AD