栃木県警足利署は、小学3年生の長男(8)を虐待したとして、傷害の疑いで、同県足利市百頭町、団体職員、大橋忍容疑者(34)を逮捕した。「言うことを聞かず、いらいらして殴った」と容疑を認めている。

 同署の調べによると、大橋容疑者は9日午後8時半ごろ、自宅で長男の顔を平手で殴ったほか、左腕をけるなどして、打撲などのけがを負わせた疑いが持たれている。

 大橋容疑者の夫が息子のけがに気づき、病院に連れて行ったところ、虐待されていることを疑った病院が児童相談所に通報した。児相から同署に連絡が入った。

 大橋容疑者は夫と長男、長女(7)、次男(3)の4人暮らし。長男と長女については、平成17年ごろから児童相談所に虐待に関する相談が寄せられており、日常的に虐待が行われていたとみて、同署で調べている。

【関連記事】
「泣きやまずカッと…」生後1カ月の息子を壁に打ち付ける
交際相手による児童虐待死 明かせぬ母親たちの心理
堺の虐待死「腹にひざをのせて圧迫」 男を起訴
相次ぐ児童虐待 「酒飲んでるので…」責任感欠く対応
強く踏まれて腹が立ち…4歳長男への傷害容疑で父逮捕

<口蹄疫>農相が宮崎入り(毎日新聞)
五稜郭公園 桜が見ごろ 北海道・函館(毎日新聞)
撤去自転車取り返しは「窃盗」 所有者側「民事問題」と反論(J-CASTニュース)
山陽道 6台絡む追突事故で火災 3人死亡 兵庫・姫路(毎日新聞)
【2010参院選 比例代表 予想の顔ぶれと情勢】弱み抱える民・自…比例は混沌(産経新聞)
AD