仙台「正論」懇話会の第19回講演会が25日、仙台市の江陽グランドホテルで開かれ、加地伸行立命館大学教授が「日本再生のために~戦後教育の問題点~」と題し、会員と一般公募を含め約300人の聴衆を前に講演した。

 加地氏は、自民党の新綱領について、事前に意見を求められたことを披露し、「綱領は党の憲法で、理念が重要。保守のよりどころである皇室を敬愛することと、祖先を大切にするという2点が欠けていると指摘した」と述べた。

 加地氏は「戦後教育で取り入れられた欧米流の個人主義が、日本では利己主義になる傾向が強い」とし、欧米では一神教の神の存在が抑止力になるが、多神教の日本では抑止力にはなり得ないことを指摘した。

 また、「家族のルーツをたどると祖先があり、日本人は祖先を敬ってきた。それが抑止力になっている。なぜ学校で教えないのか。これは自民党綱領にもつながる」と訴えた。

選択的夫婦別姓は「悪影響」 議員連盟「創生『日本』」(産経新聞)
自民が審議拒否 知事選勝利、小沢氏喚問ら求め(産経新聞)
<徳島バス>県内2路線を9月末で廃止 高速道割引で減収(毎日新聞)
都公立教員のわいせつ 4割は勤務先の児童、生徒被害(産経新聞)
自民各派会長が「派閥に弊害ない」解消論を批判(読売新聞)
AD