autoforum blog

広島県福山市の自動車販売店 福祉車両の製作販売・修理 ホンダ/ヤマハ2輪正規代理店 福祉車両のこと、クルマ、バイクの事 お気軽にお問い合わせ下さい。


テーマ:

いつもお世話になっている施設の園長先生からご相談を頂きました

 

 

地元の児童養護施設としては戦後からの長い歴史を持ち

 

児童福祉として地域社会に大変大きい役割を果たしておられます

 

 

施設内で使用して頂いています自動車を使用する際に見落としがちなこと

 

安全運転に必要な「事故予測運転」をテーマにビデオを使った出前講習会を開催しました

 

講師は 損保ジャパン日本興亜・福山支社より社員の山下、山成、二名をお招きして

 

1時間のあいだ皆さん熱心に聞いていただきました

 

普段の見慣れた運転視野の中に潜んでいる事故要因に気づくことが事故を起こさない

 

事故に遭わないために必要だという事を認識する勉強会でした

 

皆さん大変お疲れ様でした ^^

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

車いすに乗ったままでもクルマに乗り降りする方法

 

それを叶えてくれるクルマの種類は大きく二種類あります

 

バックドアを開き、そこから坂道が出てきて介助者が押しながら乗り込むスロープ車と呼ばれるもの

 

傾斜角度や介助者の体力あるいは使用している車いすの種類でいく通りかの使用方法があります

 

日本国内では軽四輪やコンパクトカークラスはほとんどがこのスタイルです

 

ミニバンクラスの車いす車は現在スローパー仕様が大半です

 

ただ、利用状況によってはリフト型の車いすリフト車の需要もあります

 

 

今回、地元のお客様よりのご要望でホンダステップワゴンにWako製の全自動リフトを

 

装着して新車時の構造変更登録を行いました

 

リフトはトヨタのノア、VOXYの基本ブラケットを加工して一部形状を変えながら取り付けします

 

2017年の7月現在ではステップワゴン専用のブラケットはありませんので

 

間違いなく「世界1号車」ですね (^_^)

 

構造的に「車いす移動車」の特種8ナンバーを取る必要もあるため三列目シートは

 

取り外しています

 

 

リフトSWは従来の製品より小型化しています

 

転落防止フラップの動作も自動です

 

 

このステップワゴンは後ろの床端(バックパネル)が一段低いのでこんな感じで

 

隙間が空いて幾分さみしい風が吹いてきますので・・・・・・・°・(ノД`)・°・

 

専用のカバーを制作してすっきりとしちゃいました 

 

リフトフレームは数色の中から選べますので今回はお客様のご希望で

 

フラットブラックになりインテリアにもベストマッチングしてますよね

 

最終的に登録は国の検査機関に持ち込んだ後定員変更を伴う「車いす移動車」

 

での新車登録となります

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

手動運転補助装置は下肢に障がいがあるケースや体幹機能の障がいによるアクセル/ブレーキペダル

 

を随時踏み替えたり操作力を保持できない場合に標準車に後装着する事ができます

 

よく、福祉車両なのだから装置のついたクルマを新車購入したりネットで装置付の中古車を

 

探さなければいけないと、間違った認識をお持ちの方もおられます。

 

この手動運転補助装置は専業メーカーとして国内では2社があり、自動車メーカー系では

 

ホンダと日産さんが自社ブランドの運転補助装置を持ちますが残念ながら対応車種は限定され

 

過去の生産車種においては廃盤扱いとなっているのが現状です

 

新しいタイプの日産NOTE-eパワーです

 

基本的には電気モーターで走る「EV]カーですが同社のリーフとは異なりガソリンエンジンを搭載します

 

だったら、トヨタのプリウスの様なハイブリッド車?

 

似ているようですが違います。。

 

NOTE-eパワーは走行に必要な動力は電気モーターで使用して走り、搭載しているガソリンエンジンは

 

走行用のバッテリーを充電することに専念して、その運用形態も最適燃料消費値に徹しています

 

このため燃料消費量が少ないのが特徴、充電切れを心配せずにガソリンの補給のみで

 

走行が可能なのがリーフとの違いです

 

 

このNOTE-eパワーと手動運転補助装置との相性ですが

 

オートフォーラムではスウェーデンAutoadapto社製の「カロスピードmenox」という製品を

 

販売しています

 

事前にお客様と座席位置、ハンドル角度の位置確認後お身体の状況から操作上の

 

取付けサポートを提案後インストール作業に入りました。

 

何故この様なステップを経て仕事をするのかといいますと初めて手だけで自動車を運転される方の

 

立場になった場合、どんな気持ちでしょうか?

 

「不安」ですよね (_ _。)

 

 

取付けの段階から「運転再開」は始まっています

 

このコーディネートをさせて頂くことがオートフォーラムの存在意義です

 

ハンドル旋回ノブの取付け位置一つもその方にとっての「理由」がるように

 

それをひとつづつ一緒に考えて理解して頂けるとことでNOTE-eパワー+menoxのように

 

スムーズでナチュラルなフィーリングの運転が可能になります。

 

オーナーさまとお話しながら最適な取付けと運転に関する基本的な知識、注意すべき点を

 

お伝えしながらより良い結果を創りだして行く仕事

 

私たちの仕事はクルマに対して行う仕事ではなく「人に対して行う仕事」ですから

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

家族での移動手段としてクルマは必須です

 

特に地方都市でのクルマの重要性は言うまでもありません

 

「車いすに乗ったままでクルマに乗り降りすること」

 

直感的にスロープ仕様車や車いすリフト車の福祉車両が頭に浮かびますネ 肉団子

 

では、メーカー製の「福祉車両」のラインナップに希望する仕様の装備がない場合

 

どうしましょう ?

 

たとえば何とか同じ仕様に近いクルマ椅子収納があったとしてもグレードやボデイカラーや

 

欲しい特別装備が選択できない可能性があるケース

 

 

近隣の街の方から乗りたい希望車種に車いすリフト車の設定が無いのでフルオーダーで

 

製作が出来ないか? ご相談が入りました。

 

車種的にはホンダスパーダのクールスピリットという特別仕様車です

 

個人的にもこのバックドアは興味ありありデス

 

 

最後部のカーゴスペースのフロア形状はお約束の床下トランクで「床無し」形状

 

三列目シートは撤去して定員7名→5名(車いす固定装置1基)

 

Wakoリフト社さんから提供して頂いた全自動リフトの図面と現車を元にした計測の結果

 

リフトそのものは「載る」と判断しました

 

ただ、新車を発注してリフトを設置後に立ちはだかるいくつかの不安要素が・・・・・

 

何ってか?  それは重量の変更に伴う諸元変更というややこしい問題で有ります

 

つづく   シロ  シロ  シロ

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は「左ウインカーレバー」という製品を紹介しますネ

 

自動車の運転は周辺の交通状況や天候などの様々な変化を判断しながら運転装置を操作することです

 

「運転装置」と一言ですが操舵するための「ステアリングハンドル」 走る・止まるを調整する「アクセル」

 

「ブレーキ」 雨が降れば「ウインドウワイパー」で窓を拭き ガラスの内側が曇れば「デフロスター」

 

トンネルに入ると「ヘッドライト」・・・・・・・   忙しいですね (ノ゚ο゚)ノ

 

 

そんな中でも「ウインカー」操作は走行中のNo1の忙しさです (・・;)

 

なにせクルマの走行中に絶えず「合図」を出して進路変更や方向転換をすることが求められますからね

 

 

今日、ご紹介する「左ウインカーレバー」ですが一般的に多い使用例は、右側の麻痺によるケース

 

たとえば、脳梗塞や怪我により右半身に麻痺が残っている状況で右手でのステアリング操作や

 

ウインカーレバー操作が出来ない場合

 

右側のウインカーレバー機能を物理的に左に移します

 

 

この様な補助的な改造を行う事で適切なタイミングで安全な運転をすることが可能になります

 

もちろん、この他にも電気的なデバイスを応用して「ウインカー」操作を行う改造もありますが

 

いちばん直感的に理解しやすい改造ですね

 

 

えぅ なんですって ?

 

この画像では「右ウインカーレバー」じゃあないですかって ^^ 

 

そ~なんですよ 川﨑さん =

 

右ウインカーレバーもよろしくね   キティちゃん×ハート

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。