ドイツの外車として日本国内でも人気の高いアウディ。
ドイツの有名自動車メーカー、VWの傘下の自動車メーカーでもあり、その自動車の開発にも技術面での提携があります。

アウディのコーポレートマークの四つの輪には、アウディ、ホルヒ、ヴァンダラー、DKW社が集合した、自動車の総合メーカーであることを現しています。

ドイツ社の特徴として、ボディが硬く、走行性も安定しているといった特徴が挙げられ、アウディもその特徴を色濃く示しています。
アウディは日本国内で人気のドイツ車の中でも一番と言っていいほどスタイリッシュな車ということもできるでしょう。

流れるような車体のフォルムに、独特の輝き方をするスモールランプ、このアウディのハイデザインな魅力に憑りつかれている車好きの方も多いようです。

アウディの代表者と言えば、A6オールロードクワトロでしょう。
このクワトロによってアウディが注目され始めたと言っても過言ではありません。
クワトロが初めて世に出たのが1980年代、当時も4WD車はありましたが、常時4WD走行をするクワトロは当時の自動車界に衝撃を与えました。

その優位性を今でも維持しているアウディのクワトロ。
このA6アウディオールロードクワトロも確かな人気を博しています。

文字通り、どんな道でも難なく走行する高い走行性が人気の秘訣なっています。
アウディの代名詞ともいえるフルタイム4WDシステムクワトロに、大型口径のタイヤとホイールを装備しており、そのデザイン性でも一線を画しています

フルタイム4WDとしては高い燃費性能を維持しています。
走行する状態にもよりますが、4WD車でリッター10キロ近い燃費を誇る自動車でもあります。
内観にもこだわりが多く、専用デザインのシートに計器類、アウディが好きという人はこのアウディの内装に魅力を感じている人も多いようです。

オールロードタイプの特徴として、段差や山道でも揺れの少ないように、専用のサスが安定した走りを実現します。
右ハンドルのため、日本国内での何の不便もなく走行することができます。

これだけの高スペックの車ですが販売価格は若干高めに設定されています。
アウディの車種の中でも、このA6オールロードクワトロは高級車と言ってもいいでしょう。

その価格に全く遜色しない高い走行性、安全性、ハイデザインを実現しています。

これから先も、環境に配慮したアウディ社の開発、廉価版の車種の開発も考えられます。

アウディの中古車

AD

エアロパーツメーカー

テーマ:

愛車のドレスアップには欠かせないのが「エアロパーツ」。自動車好きの方であれば、こだわりのメーカーがあるという人も少なくないでしょう。一般的にはあまり知られていなくとも、その業界では有名なメーカーが多数存在しています。これから改造を予定している方も、ここで紹介するメーカーも参考にしてみてはいかがでしょうか。

“メルセデス・ベンツ”用のパーツも手掛けており、カスタム好きにも最も広く知られているであろうメーカーといえば「ギャルソン」ですね。“ブラックマフィア”や“D.A.D”といった人気ブランドを扱い、装着すればひとたび強烈な存在感を放ちます。オデッセイやbB、ステップワゴンといった人気車種に広く対応しており、愛車をギャルソンでドレスアップし尽くすほどの愛好者もいるほど。インテリアパーツも充実しており、一度ハマると病みつきになる人も多いでしょう。

自動車の映画といえば「ワイルドスピード」ですが、「ワイルドスピード3」の中で採用された日本メーカーのエアロパーツに「ヴェイルサイド」があります。ブライアン・ティー演じるD.K.が乗る日産「Z33フェアレディZ」がヴェイルサイド仕様であった他、これ以外の登場車にもヴェイルサイドのエアロパーツが使用されています。スカイラインやシルビアなどの国内スポーツカーの外装エアロパーツを主力とするほか、ランボルギーニやベントレーといった国外の高級スポーツカー用パーツも手掛ける実力を持ちます。

流行のミニバン向けパーツを主に、スポーツカーまで取りあつかう「ケンスタイル」。トヨタの“アルファード”や“エスティマ”といった車のディーラーオプションとして採用されるなどそのクオリティは非常に高く、人気・実力ともに優秀なメーカーです。ミニバンのパーツを探している方なら一度は見ていただきたいメーカーの一つであるといえそうです。

イギリスに本社を持つ「ヴァルド」は、高級感溢れるアイテムを取り揃えているメーカーです。レクサスからワゴンRまで幅広いラインナップでカスタマーの心を惹きつけます。時計やサングラスといったグッズの販売も手掛けている手広さには関心させられ、ヴァルドマニアのみならず多くのユーザーを魅了するメーカーであるのではないでしょうか。

洋服や靴などのメーカーと同様に、注目すればするほど奥が深いことが分かるかと思います。今まであまり気にしていなかったユーザーも、改造の際には一目おいてみるとより楽しむことができるのではないでしょうか。

ヴィッツのカスタマイズ
市販車とエアロパーツ

AD

もしも車検がなかったら

テーマ:
自動車を運転するうえで欠かすことのできない「車検」。自動車の機能・安全性の維持のため、そして人命を守るためにも必ず受けなければならないものです。車検制度によって、どれくらい安全な社会が守られているかご存知でしょうか。

日本と違い、車検制度のない国と比較すれば一目瞭然でしょう。道路のいたるところで故障により自動車がとめられていたり、有毒な排気ガスを大量に出しながら走行している自動車もいます。
また、そのような国はやはり事故も多発しているそうです。このことからも分かる様に、車検制度というのは私たちの暮らしを安全に保ち、環境保護の観点からも重要な制度なのです。アメリカでは州により検査の制度もあるようですが、全国的な制度というものがありません。
その代わり、故障による一般道路での自動車の停止や、整備不良が原因の事故等については取り締まりが厳しく、高額な罰金の支払いもあるそうです。
アジア諸国においては、日本の車検のような制度の採用も検討している国もあるようで、これから自動車と人間が安心して共存していく為にはこの様な制度を広めていく必要があるといえそうです。

さて、そんな必要不可欠な車検の期限、切れていませんよね?車検が切れた車は当然ながら公道を走ることができません。
万が一、車検切れのまま公道を走行すると、厳重に罰せられます。刑事罰として6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金。そして行政処分として、違反点数6点となり免許停止処分となります。
刑事裁判を受けることになりますので、それほどの重罪だということを認識しておいて下さい。なお、継続車検は期限日の1ヶ月前から受けることができます。有効期限ぎりぎりで慌てることのない様、早めの予約、対応を心がけましょう。
また、期限より早く検査を受けたからといってその期限が縮まってしまうということはありませんのでご安心を。有効期限が4月10日で、車検を受けた日が3月10日であっても、次回の車検有効期限は2年後の4月10日までということになります。
ただ、どうしても車検が切れている車を走らせなければならない場合、役所にて問い合わせののち、運輸支局で仮ナンバーを発行してもらえればそれを取りつけて走行が可能です。
これは事前申請ができないので、車を使用する当日に手続きする必要があります。また、自動車を運転しなければならない必要最低限の期間しか許可はおりませんので、最大でも5日間程度となっています。うっかりしていての車検切れで、この制度を利用することがないように、車検有効期限の確認はくれぐれもお忘れなく。

維持費が蝕む自由
この国は“無駄”で食っている
国産車・輸入車モデルチェンジ情報
AD
今でこそ珍しくない存在となったハイブリッドカー。
かつてハイブリッドカーというと、燃費が優れているのは解っていても車体価格が高く、決して身近なものとは言えませんでした。
車体価格が高すぎると、いくら燃費がよくともトータルコストで考えるとそこまで変わらないもので、いくら環境に優れている自動車と言えども、ユーザーに直接恩恵のあるものではありませんでした。
それが最近ではハイブリッドカーの値段も下がってきました。
開発ノウハウが出来上がり、さらには市場競争が激しくなってくれば価格が下がってくるのも当然の話しなのですが、今ではハイブリッドカーも200万円を切る時代となっていますので、ハイブリッドカーの利点が本当の意味で「燃費」と言える時代となったのです。
それまでは、ガソリンスタンドに行く機会が減っただけだったと揶揄される事もあったのですから。

そもそもハイブリッドカーとはどのような車種の事を指すのでしょう。
ハイブリッドカーは自動車の事をあまり知らない人であっても名前くらい聞いた事があるのではないでしょうか。
とは言ってもその言葉を正しく理解している人は少数派かもしれません。

中には「ハイブリッドカー=燃費の良い自動車」と勘違いしている人もいるかもしれませんが、ハイブリッドカーはガソリンと電気を燃料とする自動車の事です。
簡単に言えば折半するのですから、当然燃費がよくなります。
また、ガソリンの排出量も減るのですから環境に良くなるのも当然です。
ハイブリッドカーはトヨタとホンダで争われていると言って良いでしょう。
日産にはフーガハイブリッドが登場していますが、日産はハイブリッドよりもEVに力を入れていますから。

トヨタとホンダのハイブリッドカーは実は似て非なるものです。
モーターをメインに考えているトヨタのハイブリッドカーに対し、ホンダはあくまでもエンジンの補助としてモーターを利用するタイプとなっています。
そのため、ホンダのハイブリッドカーは「IMA」と呼ばれる小型システムのおかげで、様々な車種に転用する事が出来たのです。
事実、IMA登場以降、ホンダはインサイト、フィット、CR-Zといったハイブリッドカーが登場しています。

一方トヨタのハイブリッドカーというとプリウスが有名すぎますが、アルファードやエスティマなど、実は様々なハイブリッドカーが登場しているのですが、あまりにもプリウスが売れすぎているがために、目だタクなってしまっています。
そんなプリウス、とにかく大ヒットを記録しています。
道路でも見ない日はないのではなないかというほど、プリウスが溢れています。
車で走っていると、プリウスに挟まれる事もあるのではないでしょうか。
プリウスがここまでヒットを記録した理由としては、燃費の良さもさる事ながら、車体価格でしょう。
200万円を切る車体価格は、当時としては破格の価格設定だったのです。

なぜそのような価格になったのか。

それは言うまでもなくライバルの存在です。
実際には競合車種ではないのですが、同じハイブリッドカーとしてしばりプリウスと並べて語られる事があるのが先にも少し名前の上がったインサイトです。
インサイトはファミリカーではなく、スポーティなコンセプトの元で開発されたもので、事実、初代インサイトはクーペボディのものだったのです。
そのため、本来インサイトとプリウスは競合車種ではないのですが、同じ低燃費のハイブリッドカーという事で何かと比較される事が多いのです。
そのインサイトの価格を意識した価格設定のおかげで、プリウスは200万円を切る価格で登場したのです。
そしてその価格のおかげでプリウスは空前絶後の大ヒットを記録。
納車まで半年待ちを記録する事もあったほどなのです。
また、10/15モードの燃費も初代インサイトを意識したであろう事は明白でしょう。

このように、トヨタとホンダは激しいハイブリッドカー争いをしている…と思われがちですが、実際にはインサイトとプリウスは比較するのがナンセンスなのです。
共通しているのはハイブリッドカーという点くらいでしょう。
確かに遠くから見るとシルエットが似ていますので、自動車に詳しくない人はぱっと見区別がつかないかもしれませんが、実際には違う車種なのです。
そんなホンダは、今ではホンダを代表すると言っても過言ではないコンパクトカー、「フィット」にハイブリッドモデルを追加。さらには、スポーティータイプで、世界初となるハイブリッドのMT車であるCR-Zなど、様々なハイブリッドカーを開発しています。
もちろん、トヨタとホンダ以外にのメーカーもハイブリッドカーの開発に着手していますが、実際にはこの二社が国内のハイブリッドカー分野を牽引していると言って良いでしょう。
特にトヨタは2011年末に新型ハイブリッドカー、「アクア」を投入し、燃費競争に終止符を打つと意気込んでいます。
まだ発売されていない段階にも関わらず、予約で半年待ちが出来てしまったほどの人気となっている、注目のハイブリッドカーです。

値引き額より大事な下取り価格
トヨタ・アクア 全然、ミニプリウスじゃなかった
プロの洗車手順を学ぼう

中古車の購入

テーマ:
皆さんは中古車の購入を検討したことはありますか?中古車市場には多種多様な中古車が出回っています。最近ではインターネットでも中古車検索ができるようになり、とても便利になりました。昔は中古販売店を一軒一軒探し歩くのが定番でしたが、インターネット検索サイトを利用すればいつでも好きなときに中古車をチェックできるようになりました。

そこで今回は中古車市場についてレポートします。中古車=劣っている、汚い、安っぽいという偏見・真理性の低さ等のイメージが払拭されるはずだと思われます。

ネットオークションで検索
最近はPCを使うことで中古車を検索できますが、その実態について調査したいと思います。まずネットオークションですが車種はかなり豊富です。日本車から外車までさまざまな種類の自動車をそろえています。雑誌等でもオークション購入で安く購入してカスタマイズする方の記事が出るほどです。

一番身近なネットオークションですのですぐに検索できますよね。しかも、価格は本格的な中古車検索サイトより安いのが特徴です。安さの理由はやはり個人出品の方が多いことにあると思われます。

検索サイト等ではプロの中古車販売のショップが出店しているケースがほとんどで個人出品はまずないです。一方オークションはどちらかというと個人出品の方が多いです。個人出品だと価格よりも販売重視になるのでやはり価格は安くなります。

もう一つメリットがあり落札から取引までの時間が短くてすむということです。面倒な手続きや下見が必要なくなるのでスムーズに取引できます。
そのほかにも整備・カスタマイズ等の商品も一緒に販売されています。ネットオークションで購入できるというのは驚きですが最近は一つの方法になりつつあります。

検索サイトで検索
最近最も主流になりつつある方法です。簡単に検索できるというのは広く知られているのでその他のメリットについて紹介したいと思います。まず一つ目は日本全国の中古車ショップの情報が得られるという点です。
「身近な中古車ショップで欲しい中古があるけど高くて買えない。」、「近くに安く売ってるけど信頼性に欠ける。」なんていうケースはありませんか?
中古車購入を検討したことのある人ならば、一度は経験したことがあると思います。
しかし、検索サイトなら自分の条件に合った中古車を検索することができます。しかもほとんどの車種がそろっています。
なので旧車やクラシックカーを中古車購入でお考えの方にはまさにぴったりのサイトです。

最近では更に便利になり求める走行距離、価格、色、年式、駆動方式、MT/AT、等さまざまな条件から絞り込めます。一つ一つ見なくても一発で検索できてしまうということです。それだけでなく詳細画像等も見れるようなサイトもあり信頼性は高いです。
サイトもほとんどが小型・中型中古車ショップなので皆さんが身近に目にする中古車ショップ等も含まれているかもしれません。

50万円以下の中古車.com中古車の在庫情報の中から50万円以下の車両限定でご紹介。お得な激安中古車もあります。

ショップで直に購入
中古車ショップに行って検討して購入するという従来の方法ももちろん行われています。一番基礎的な方法ですよね。中古車もディーラーと同じで自動車販売店。しかもその道の専門家なのでとても詳しいことでしょう。そういう方がいれば中古車購入のときに自動車の詳細内容等が教えてもらえることだと思います。中古車は自動車自体の信憑性はかなり重要です。そうなると信頼性は高いですよね。
そして欲しい自動車がその場になくても入ってきたときにキープしておいてもらえるショップもあります。そういうサービスはありがたいですよね。地元ならではの方法です。

ディーラー指定の中古車
ディーラー指定の中古車は品質がよく高価な場合がほとんどです。ディーラーの認定がある中古車のほうが市場では高く取引されます。「新車は買えないけどまるっきり中古車は嫌だ。」という方には是非ともオススメしたい購入方法です。
実際ディーラーの駐車場等においてある中古車がそれに当てはまります。現在新車に乗っていて経済的に厳しいからそのディーラーと同じメーカーの中古車を購入するという場合にも対応してくれるでしょう。一番ストレートな方法なので他の買取方法よりもお金はかかりますが確実に見積もりから販売まで進めてくれます。


このように中古車市場を取り巻く環境も変わりつつあります。まだまだ中古車に偏見やためらいがある方も大勢いらっしゃるかと思います。しかし、リサイクルの重要性が提議される今日では燃費がいいだけでなくこういうこともエコにつながるうと思われます。それだけでなく経済的に厳しい時期には新車よりも中古車の購入者のほうが増えます。経済的な面でも重要ですよね。
ドライバーがリサイクルしあうようになれば環境にもとてもやさしい自動車社会になると思われます。経済面や環境面でこんな可能性をたくさん秘めた中古車を是非一度検討してみてはいかがでしょうか?

自分にぴったりの中古車を安く見つける方法

無理せず節約するコツ
新車を買わない。中古車を買うのに100万円以上は出さない。買った車は買取査定がマイナス(有料引取)になるまで乗り潰す。