オーストラリアビールガイドのブログ

オーストラリアのビールを紹介する「オーストラリアビールガイド」http://www.oz-beer.com/
の管理人らが運営するブログ。
ビールにかぎらず様々な話題を提供。


テーマ:
本日紹介するビールはこちら。
ジャカジャン!

アサヒドライセゾン



アサヒ クラフトマンシップシリーズのドライセゾンです。


アサヒさんの挑戦の1つに「クラフトマンシップシリーズ」というものがあります。
これは年4回季節に合わせてビールを発表するというメーカーこだわりの大きな挑戦なのです!


とりあえず前置きやうんちくは極力無しで行きたいのですが最低限の知識だけ紹介させて下さい。。
このドライセゾンという製品の特徴は専用ホームページの言葉を借りますと、
・フルーティーな香りとホップの爽快な苦味
・上面発酵酵母を使用したフルーティーな香りが特徴
・シトラスホップを一部使用
・爽快な苦味がキメての厳選ホップは一部、手で投入
・「セゾン」の語源はシーズン。ベルギーとフランスの国境近くで夏に飲むために冬の時期に仕込まれたビールが発祥とされている。

とのことでございます
ちなみになんですが、缶に記載されるうんちくだけでは上面発酵かどうかはわからないんです。
(上面発酵酵母使用とは書かれているが、上面発酵で醸造されているかの記載はない。)
で、これアサヒビールさんにメールでお尋ねしてみました。
するとなんと丁寧にご返信頂きまして、実際に「上面発酵で醸造されています。」との回答でした。
更に頂いたご回答を引用させていただきますと
「本商品は一般のセゾンよりも発酵度を高めたことをドライと表現しております。発酵度を高めると飲みやすさがやや向上します。」
とのことです。
ご回答、本当にありがとうございました!!

実は私、恥ずかしい話で知らなかったのですが、そもそもこの「セゾン」というのもベルギーで生まれたがビールのスタイルの一つのようで、基本的には上面発酵が多いようです。



またこの「ドライセゾン」はコンビのみの限定販売。
2015年7月22日に販売が開始。まだまだ新しいビールです。

all right, anyway!
細かいことは抜きにして、ビールに迫っていくぜぃ!




缶の表側?
青メタリックが美しい。
フルーティーとある。
めちゃくちゃうまそうだなぁ。
原材料は麦芽とホップのみ。
アルコールは5.5%とある。

アサヒドライセゾン




背面。
うんちくが色々書かれている。
上面発酵酵母使用。
通常より1.3倍の長期熟成製法とある。
ほうほう。
これはまた美味そうだ。。。。
めちゃくちゃ早く飲みたい。

アサヒドライセゾン







上から見たらこんな感じ。
まぁ、これは普通か。

アサヒドライセゾン






グラスに注いでみる。
色合いは普通。ごくわずかに濃いめか。。

アサヒドライセゾン






上から見た感じ。
泡はメチャきめ細かくて持ちがよい。
立ち上る炭酸がかなり少ないが、これはキンキンに冷やしたせいでしょうか。

アサヒドライセゾン





まずは香りから。
「クンクン。ス~~~~ッ(鼻から息を吸い込む音)。」
ほほ~。
あぁーいいね。
スッキリした花の香りとでも言おうか。すげーやさしくていい香りです。
もぅ、オーストラリアのエールとは全然違った感じ。
日本独特とでもいいましょうか。
私はこれをサトルセントと呼んでおりますが、非常に繊細かつ微妙。
ほんとうに優しい香りです。
すげー優しくて良い。




では飲んでみます。
いただきます。かんぱーい!

アサヒドライセゾン


「グビっ!ズビズビズビ、、、。ごっくん。。。スーン(鼻から息を 抜く音)。」

「・・・・・・・!!!!???」

もっかい。。。

「グビっ!ズビズビズビ、、、。ごっくん。。。スーン(鼻から息を 抜く音)。」

「ぎゃーーーーーーーーー!!!!!!!!!」
「うまーーーーーーーーーーーーぃ!!!!!」

なんだこれ~。

というのが感想です。


普段私オーストラリアビール太郎はオーストラリアのエールを飲み慣れているわけです。
それらはまさに花が咲きまくってすんげー香り高く、まるでジュースのようにジューシーなんです。

でも、これ、ドライセゾンは全然違う。

すげー日本式。
プレモルとは違った優しいフルーティネス。
香り加減。
すげー、優しい。ホント繊細。
誤解を恐れず言うなら中学生の時の恋を思い出させる。
それくらい繊細。

うまく言えないけど、大人になるにつれて純粋な気持ちを忘れ、ずる賢くなり打算的で人の幸せを喜べなくなり、それでも毎日生きていかなくてはならない現実が待っているので歯を食いしばって頑張る。
そんなすさんだ心にに中学生時代の純粋な気持ちを思い出させてくれる。
そんなピュアな香りをもつビールです。
(どんな人生歩んできてるのだお前!!ビール太郎は!!!!!(怒))



もう少しマジメに話すと、これは本当に爽やかで、それでも奇をてらったようなキツすぎるエール感を全く出していない。
麦芽は抑え気味でホップの香りを立たせました。それでも普段日本人が飲み慣れているピルスナー(普通のビールのことと思って下さい)から急にかけ離れすぎると「なんだこれは。」となってしまうため、あえて狙ってこれくらいに抑えたという印象を受けます。
泡はクリーミーでそれまでウマイ。
最後にはすごくいい意味できゅっとしまるごくわずかな酸味感があります。
苦味は強すぎずそれでいて輪郭が有りますのでまさにホームページでうたわれているよう「爽快な苦味」と表現するのがピッタリです。

もー、メチャンコウマイ。

昼間の暑い時に飲んだのであっという間にグビグビと飲み干してしまいました。
繊細なので間違いなく料理にも合うし、ビールだけで飲むのも最高にウマイです。
料理は魚とか、サラダが合うかな。




またここにアサヒさんの底力を感じました。
超大手ビールメーカー。。。。その恐ろしさを感じずには居られませんが、うまいものは素直にウマイと喜びたいと思います。
ドライセゾン、カンパーイ!

アサヒドライセゾン




ありがとうアサヒビール ドライセゾン!!
これからもアサヒビール ドライセゾン!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
エールの時代がくる?

エール





私くしこと「オーストラリアビール太郎」は無類のビール好きです。
それゆえ日頃からデパート、スーパー、コンビニ等へ寄る際は必ずと言っていいほどお酒のコーナーを見て回ります。
特にコンビニにおいては仕事中であっても必ず冷蔵庫にてビールの品揃えをチェック致します。
(あ、お茶とか買うついでですから、サボりと思わず、、、。たまたまお酒コーナーが目に入っただけ、ということでございます。。。)

で、コンビニなんかはやはりどこのお店も一辺倒であまり面白みの無い品揃えということが多いのですが、時々はキラリ!と光る品揃え、陳列を見せるお店も有ります。
そういうところはわざわざ遠回りでも立ち寄ったります。
ちなみに、私にスーパーやコンビニのお酒コーナーの商品選定、陳列等やらせて頂ければ売上がかなり上がるのじゃないかと思うくらい、私には強いこだわりがありますし、素人へももうちょっとしっかり充実させてほしいと思わせてしまうお店にはもっと頑張ってほしいと思います。
ちなみに、お酒のコーナーは酒好きの方が担当した方がいいと思うのは私だけでしょうか。

と、思わず熱くなってしまいしたが、それはさておき、本日は「エールの時代がくるのではないか?」というお話です。

このブログ内でも色んな所に書いたりしていると思いますが「エール」というのはビールの種類の一つであります。
ビールには非常に多くの種類が存在するのですが、とりあえず大きく2つに分類することが出来ます。
それは、

下面発酵タイプのラガー
と、
上面発酵タイプのエール

でございます。

で、このラガーとエールの中でまた細かくいろいろ分類があったりするということになります。
詳しくはこちら「オーストラリアビールガイド ビールの種類」のページに詳しく記載がありますので参考になさってくださいませ。
http://www.oz-beer.com/basic/types.html

で、とりあえず私、オーストラリアビール太郎が考えるラガーとエールの違いを誤解を恐れず一言でまとめると次のようになります。

キンキンに冷やしてノドゴシでグバグバっと勢い良く飲んで「ぷはーー!うめーーー!!」とするのがラガー。(普段我々が飲むビールはほぼ全てラガーと思って間違いありません。)
メチャンコ香りが高くてスッキリして後味にしっかりした苦味があるのがエール。
となります。
エールは本来高めの温度で熟成され飲むときも同じくやや高めの温度で飲んだほうが香りが開いて良い等と言われますが、我々日本人はガッツリ冷やして飲んでも十分にウマイです。



さてなぜエールの時代が来るのではないかと感じるかというと、最近「限定醸造」という形で各酒造メーカーがビールを出したりするのですがその多くに「エール」が存在するということや、また定番品でも「エール」が少しずつ増えてきているためです。「よなよなエール」といった製品や「銀河高原ビール※1」という醸造所などは定番品の仲間入りと言っていいのではないでしょうか。
(※1 2015.07月現在 定番品として銀河高原ビールで醸造されている「ヴァイツェン」「小麦のビール」「ペールエール」のなどは上面発酵ビールです。)

また、1990年代頃一時期、地ビールブームが有りましたがそういったいっときのブームとは違い、現在ではマイクロブルワリー(少数生産のこだわりを見せる醸造所)の位置づけがビール好きの間でしっかりと認知されるようになり、そういったところには必ずエールがおいてあったりして、世の人々が「なんだかいつも飲んでる同じようなビールばかりじゃなく、香りが高かったり甘かったり、香ばしいいろいろなビールがある。」ということに気付き始めた。と考えているからです。

オーストラリアでは酒文化の成熟によりアルコール飲料に対する多様化が進んだ。
かつてビールシェアの50%と支配的な地位を誇ったビクトリアビター(通称VB(ブイビー))はシェアを約3割までに落とし、またシェア1位を他のビールに奪われるといったこともあった。(現在では1位、2位を行ったり来たりしています)
これと同じように日本でもラガー(商品「キリンラガー」ではなく、下面発酵ビールと言う意味)のシェアが大きくエールに奪われていくなんてことになれば面白いと思います。

私にとってエールは特別な時に飲むものとしています。
仕事がめちゃくちゃ疲れた日のご褒美、どこかへお出かけした際の贅沢、何かを成し遂げた時のお祝いなどです。
これはやはり自分にとってエールがまだ特別な存在であると言うことと、エールは沢山飲まれていないため値段がやはりまだ高いためです。
いつの日かコンビニでも、居酒屋でもエールが定番品で並ぶ日が来ればいいのになぁと考えております。


ところでここに幾つか最近目についたエールを紹介してみたいと思います。
スマホでの撮影のためサラッと流していく程度とします。。

1.
まずはプレミアム・モルツの「香るプレミアム」です。
以前は限定醸造でしたが、人気があるからだと思いますが定番品へ格上げしました。
これ上面発酵なんですね。
最初飲んだ時通常のプレモルより更に香り上げてきたなぁ~と思いましたがエールになっていたとは知りませんでした。
(通常のプレモルは下面発酵です)

エール







色合いも普通のビールっぽい淡い色合いですが、味わいは十分ですね。
カンパーイ。

エール






2.
次、最近飲んだ限定醸造品、しかもコンビニでの販売のみですが、あまりの旨さに驚きました。
SAPPOROの「魅惑の黄金エール 百人のキセキ」です。
アルコール飲料7%でガツーンと来る味わい。暑い日にコンビニでたまたま見つけたので手に取り、そのまま一気飲み。
ビールの色合い等見れませんでしたがとてもバランスの良いエールだと感じました。

エール







3.
次。これまたSAPPOROのゴールデンベルグ。
なんと第3のビールとでもいいましょうか、新ジャンルでエールです。
ついに新ジャンルにもエールの波が押し寄せてきたのかっ!と、嬉し恐ろしくなる一品です。
嫌な臭みもなく、香り高く甘みも有りました。
エールというだけでありがたい。
新ジャンル中では自分にとっての定番品に格上げしたいくらいでしたが、こちらも限定醸造。
残念。

エール

エール







4.
その他では、
・エビス 香り華やぐエール

エール


【引用元】
http://www.sapporobeer.jp/product/yebisu/kaorihanayagu/
(サッポロビール様上記URLより借用させて頂いております。
画像引用不可でしたらご指摘下さい直ぐに削除させていただきます)


や、
サントリーのクラフトセレクトシリーズ
直近ですと下の2種類が販売されておりました。
いずれもエールですね。

エール


【引用元】
http://www.suntory.co.jp/beer/craftselect/
(サントリー様上記URLより借用させて頂いております。
画像引用不可でしたらご指摘下さい直ぐに削除させていただきます)




これからもまだまだ暑い夏。
熱いエールにエールを送ります!
(オッサン)




ありがとう日本のエールビール!!
これからも日本エールビール!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オーストラリアビールガイドのブログ。
本日紹介するビールはこちら。
ジャカジャン!!
VALE/ALE(ベールエール)です。

VALE/ALE(ベールエール)



ベールエールは、南オーストラリア州にあるワイン産地では超!有名なリージョン(ワイナリーも超!多い)、「マクラーレンベール」という地域に本拠地を置く新進気鋭(よくいみわかんないけど)のクラフトビール会社「Mclaren Vale Beer Company(マクラーレンベールビアカンパニー)」によって醸造されるフラグシップ製品の1つ。

商品の説明をする前にまずはこのビール会社の事を少々ご案内させていただきましょう。
そもそもオーストラリアのビール業界は完全な寡占状態となっており超大手3社以外はまぁ、だいたいクラフトビールなどと呼ばれておりましてクラフトビール会社は少量生産、ただし素材や味にこだわっていますよー。と言った感じを打ち出し、ビールを製造しているわけなんです。
日本で言えば地ビールのような位置づけですが、オーストラリアのクラフトビール会社はもっとしっかりとした大規模な会社もたくさんあります(というか有名どころはやはり、結構大規模なところが多い)。


ただ、よくよく見るとクラフトビール会社とうたっておきながら上記3社のうちのいずれかの傘下だったりすることもあったりして、オーストラリアのビール会社の構造は一筋縄では語れないものがあるんです。
で、このマクラーレンベールビアカンパニーはどこの傘下でもない完全独立系の小さなビール会社さん。
それなのにめちゃくちゃうまいビールを造るということで数多くのビール品評会で優勝、入賞を果たしました。
その結果2008年に創業された会社にも関わらず現在では、オーストラリアのビールファンではその名前を知らないものはいない。それくらいあっという間に有名になってしまった会社なのです。

さてそんな会社が造るこちらのベールエールという製品。
その名の通り「エール」というタイプに分類されるこのビールは日本で皆様が一般的に飲むものよりフルーティーで香りが高くしっかりとした苦味があることが特徴となっております。
ちなみに日本のビールのほぼ全ては
■「ラガー)タイプの「ピルスナー」スタイル
というものに分類されるとご認識いただけますとこれ幸いでございます。


でエールというものも色々と種類はあるのですが、このベールエールは「オーストラリアンペールエール」というものに分類されるとうたわれております。
「オーストラリアンペールエール」とはまぁ、オーストラリアで独自の進化遂げた「エール」と思って頂ければよいのですが、正確な定義は各メーカー曖昧で醸造者がこれは「オーストラリアンペールエール」なのだといえばまさにそれは「オーストラリアンペールエール」なのです(笑)。

細かい話で恐縮ですが商品名は
「ベ」から始まる「ベールエール」です。同社の産地でありますマクラーレンベールと、ビールの分類の名称「ペールエール」がかけてあるものだと思われます。はい。

前置きが長くなってしまいました。
それではいつものようにまずは外観からだんだんとビールにクローズアップしていきましょう。


ベールエール正面
全体を黒っぽくまとめた非常に落ち着きあるボトル。
ラベルに描かれる6個の白い丸は、マクラーレンベールビアカンパニーのトレードマーク。
これは、このマクラーレンベールがワイン産地としても国内屈指の場所であることからブドウのマークを模したものだと思われます。

VALE/ALE(ベールエール)






ベールエールは小さなボトル、スタビーとよばれるサイズのみで内容量は330ml。
写真右側はロングネックという750mlの瓶です。
ちなみに一般的なスタビーの容量は375mlだが、クラフトビールでは330mlもよく使われるようです。

VALE/ALE(ベールエール)






裏面はこんな感じ。
上の方はビールの説明。
「ベールエールは品評会にて優勝したことのあるオーストラリアンエールである。麦芽とホップ、酵母菌のバランスがよく手作りされている。フルーティーで濁っていてホップ感あるエールはフレッシュでクリスプな後味を実現した程よいビールだ。旨味を最大限引き出すために飲む前はビール瓶を転がし、大きめのグラスに注いでお楽しみ下さい。」
と書かれている。(めちゃくちゃ下手くそな翻訳ですがお許し下さい。
ビール瓶を転がせと言うのは、澱(オリ)が含まれていることを伺わせる一文だ。
その下の方は住所。
更にグラスの絵の中に「1.2」とある。これはスタンダードドリンクが1.2という意味。
アルコールは4.5%とある。

VALE/ALE(ベールエール)






ビール瓶の上の方にはシールや記載など何もなくスッキリした感じ。

VALE/ALE(ベールエール)






ビール瓶の王冠はこんな感じ。
マクラーレンベールビアカンパニーのロゴが印刷されている。
シンプルだけどかわいい絵だなぁ。

VALE/ALE(ベールエール)






ビール瓶を透かしてみるとこんな感じ。
ビールの中に小さなツブツブというかカス(失礼)と言うかゴミ(失礼)が浮いているのがお分かりいただけますでしょうか。
これは「澱(おり)」といってビール瓶を瓶詰めする際に酵母も生きたまま瓶へ入れ、更に瓶の中で二次発酵させるという製法の場合にできたりします。
過去に「クーパーズスパークリングエール」をこのブログの中でも紹介しておりますが、オーストラリアのビールでオリがあるもので有名なのはこのクーパーズのビールだったりします。

VALE/ALE(ベールエール)






それではビールを注いでいきたいと思います。
通常手でひねれば栓が抜けるオーストラリアビールですが、このベールエールは栓抜きが必要でした。
それでは「シュポンッ!」っと。

VALE/ALE(ベールエール)







やや激し目に泡が出るように注ぎます
うりゃりゃりゃりゃーーーーーーーー!
っと。

VALE/ALE(ベールエール)






泡加減は非常に極めが細かくモコモコとよい感じに仕上がりました。
ビールの色合いはどうでしょうか。
ややオレンジがかっておりかつ深みがありながらも明るい色合い。
とても美しいです。
それでいて写真ではあま写りませんでしたが細かい澱も散りばめられてまるで都会に降る一時の雪のよう。
センチな気持ちにさせてくれます。
炭酸はクラフトビールの中では多いのではと思わせるが如くたくさんの泡が液体の中から現れては上方へ立ち上り、表面に浮かぶ泡の一員となっていくのでした。ピリピリ感強そうです。
とにかくすんげーうまそう。
早く飲みたい。

VALE/ALE(ベールエール)






まずは香りをかいで見る。
だらだと記録を撮っているうちに泡は消え失せてしまいました。
私の記憶もいつかみんなの心から消えてしまうので・・

VALE/ALE(ベールエール)





どうでもいいことはおいといて。におい、いきます。
「クンクン。ス~~~~ッ(鼻から息を吸い込む音)。」
おおおぉー。!!!!スゴイぞこれは。

まずはめちゃくちゃ甘い香り。めちゃジューシー。
パインジュースにお花畑の蜜の香りだよ。
これって麦芽だよねこんなに甘い香り出せるんだなぁ。というのが第一印象。
そして続いてホップでしょう。柑橘系、シトラスかねこれは。そういうすっきり感が最後漂ってくる。
とにかく香りだけでも濃密でとんでもないビールだということが伺える。
本当にジューシーでオーストラリアの砂漠や土を思わせるワイルド感は全くありません。
本当にオーストラリア人が作ったのでしょうか?(失礼)と思わせる繊細かつ上品な香り。
まとめると「これジュースじゃん?」的な香り。ヤバイ。


それではいよいよ飲みます。
かんぱーい!
 「グビっ!ズビズビズビ、、、。ごっくん。。。スーン(鼻から息を 抜く音)。」

VALE/ALE(ベールエール)





「んんん~~~。。うぅあー、、、。な~んだこれは。これはー。柑橘系ジュースだね。とんでもないエールだよ。これはー・・。。。今までに飲んだこと無いエールだね。」
というのが後から聴いた録音で本当にしゃべっていた感想(笑)。

おそらく日本のピルスナービール(いわゆる普通のビール)しか飲んだこと無い方はド肝を抜かれるというか、違和感で「ん~。これってビールじゃなくねぇ?」的な感想になるかもしれない。
非常にとんがっている味わいかつ方向性だ。
最初に香りをかいだ印象。それをそのままのイメージで味に投影しそれをさらに凝縮した味わい。
それがこのベールエールだ。
その昔「エール」というのはビールに分類されず「エール」というアルコール飲料に分類されていたそうだがまさにエールとは別種類のアルコール飲料であると納得させられてしまう。



ではもう少し味わいを細かく分析していこう。
まず最初に口に含んだ印象はとにかくスッキリとしたビールだというものだ。。
最初から爽やかな香りにグレープフルーツの皮の苦味が心地よくやってくる。
ミディアムボディーでありながらしっかりとしたコクがあり、口の中に含んだ後次第にしっかりとした濃密な甘さをもつ味わいの輪郭(レモンジューズ・はちみつを塗った焼きトースト)がやってくる(といいつつ、この間ほんの一瞬)。
更に後押しするのが非常にジューシーなみずみずしい感覚だ。しかしこれは甘さにコテコテということではなく最高に飲みやすいものである。
オーストラリアの大量生産ビール特有のムギムギしさ、大地の香りなどは全くない。
しっかりとした炭酸の強さが爽やかさを更に演出、更にふたくち目、ミクチ目をすぐに催促させる。
また後味にもしっかりとした苦味が、これもまたグレープフルーツの皮。皮を向いた時に内側に付いている分厚くてふわふわした白い部分の所。あれをガッツリ噛んだような苦さ。嫌な酸味などは一切開くメチャウマイ。
エールといえばやや高めの温度でというのが一般的かもしれないが、我々日本人はこれはうんと冷やしてガブ飲みするのが良い。
料理とは勿体無くて合わせたくない。ビールだけでストレートに一気飲み。間違いなく一瞬で飲み干せる、飲み干したくなるビール。
そんな飲み方が合うと思う。
最後に私はこう言おう。
これはジュースです!


このベールエール本気でオーストラリアのクラフトビール界の底力をみた。
驚くべきビールとしてこれからも私の記憶に刻まれていくことだろう。
やべーぞ、オーストラリアクラフトビール界!
そんなオーストラリア界に乾杯!
今回も適当なかきなぐり感がありますがどうぞお許し下さい。

VALE/ALE(ベールエール)






ありがとうMclaren Vale Beer Company(マクラーレンベールビアカンパニー) VALE/ALE(ベールエール)!
これからもMclaren Vale Beer Company(マクラーレンベールビアカンパニー) VALE/ALE(ベールエール)!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。