2011-08-24 10:16:45

【データ転送方法】WindowsPhone IS12T

テーマ:ブログ

晴れ皆様こんにちは晴れ


auショップ伊勢佐木モール 望月ですお月様


「WindowsPhoneIS12T」ホットモック(デモ機)入荷しましたビックリマーク

店頭で話題のヌルサクをお確かめいただけますクラッカー


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★


「WindowsPhone IS12T」はAndroidとは違いMicroSD非対応機種です。


赤外線もついていません。


そうなると、機種変更の際にデータを転送することが出来るのか?


不安になりませんか?


私は最初かなり不安でした。


そこで、WindowsPhoneご検討中のお客様にアドレス帳の移行方法をチラッとお伝え致します。


【auご利用で機種変更の方】


①au one-ID を取得し PC連動設定を設定する


②「auoneアドレス帳」にアドレス帳を保存


③〔Marketplace〕で「アドレス帳移行ツール(IS12T用)」アプリをインストール※


④「アドレス帳移行ツール(IS12T用)」アプリでアドレス帳を移行


話題のクラウドサービスを使ってのアドレス帳移行方法です。


auoneアドレス帳(総合カタログ80P)を使ったことがある方はなんとなくお分かりになるのではないでしょうか?


※Windows Live IDが必要になります。


【ドコモ・ソフトバンクからMNPの方】


①変更前の機種を使いアドレス帳データをSDカードへ保存(バックアップ)


②パソコンに「アドレス帳変換ツール」をインストールし、SDカードのデータを変換する

⇒SDカードに保存したアドレス帳をWindowsPhoneに読み込むためには、Windows対応PC※と、専用のソフトウェア「アドレス帳変換ツール」が必要です。KDDIのWebサイトから「アドレス帳変換ツール」をダウンロードし、SDカードのアドレス帳をPCで読み取れるデータ形式に変換します。


③Live.comを通じてWindowsLiveにアドレス帳を保存

⇒②で変換したアドレス帳データをマイクロソフトの無料オンラインサービス「Live.com」を経由してOutlookにインポートします。OutlookとWindowsPhoneを紐づけることで、アドレス帳のデータを移行することが可能です。


※Windows Live IDが必要になります

※WindowsXP(SP3以上)、Vista(SP1以上)、7 いづれも32bit版のみ


念のためリンクを掲載しておきます。


【アドレス帳変換ツールのダウンロード】

http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/guide/index.html

【Live.com】

http://login.live.com/


auからの機種変更の方は割と簡単ですが・・・


ドコモ、ソフトバンクからMNPの方はWindows搭載パソコンが必要だったりと正直ちょっと手間ですね汗


現在、店頭のデータ転送ツールにも対応していないのでご自身でのデータ転送が必須になりますあせる


WindowsPhoneへ機種変更を予定されている方は是非、事前のチェックをオススメ致しますビックリマーク


ではまた('-^*)/

PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード