るりのわ*蟲の糸 石のさゝやき 星の唄 葛の言祝ぎ 大樹の御柱

〜築百年の古民家で縄文の神々と共に生きる〜


テーマ:
みなさま~*
    
  

おはようございます!seiキラキラ

     
 
むすたま師 こと音のブログご訪問を誠にありがとうございます☆

どうぞごゆっくりなさっていって下さい星

先日訪れた、鞆の浦の弁天さん

その後は、鞆の浦と仙酔島を結ぶ連絡船「平成いろは丸」に乗って仙酔島(せんすいじま)へ行ってきました。


幕末、日本が開国に向けて大きく動いていた時代、坂本龍馬さんが積荷を運ぶために借りていた「いろは丸」は交易等に利用される予定でした。

龍馬さんが長崎で海援隊を結成し、いろは丸で最初の積荷を運んでいたその途中、紀州藩の大型船と衝突し、最初の交易を終えることなく沈没してしまったのです。


沈没現場は鞆の浦に近い場所で、龍馬さんは紀州藩との談判のため、この鞆の浦の港に立ち寄ることとなります。

鞆の浦には龍馬さんが泊まったところや談判の現場となった場所が、今も当時の建物のままで残っています。

そして、その「いろは丸」にちなんで、連絡船も「平成いろは丸」として、船内には龍馬さんに関する資料等を展示していました。
(*いろは丸事件…「龍馬といろは丸」

船上から見た「弁天島(正式名は百貫島)」

立ち入りは禁止されていないようですが、弁天島への船が出ていないので、
上陸するには船を出してもらえる方に頼むか、自ら何かしらの舟(ボート?)で漕いでいくしかないそうです。

日が暮れると提灯が灯って幻想的です*


そして、仙酔島へ到着☆



最初に面白い岩穴発見!
(どうしてもコレがやりたくなる)




照葉樹林の仙酔島は様々な種類の照葉樹がありました。
その森を寝床に蚕や蝶がたくさん育ちます。

先日の11/11、鞆の浦の 鞆ノ津ギャラリー 「ありそ楼」さまで開催した第二回「玉繭むすひ」ワークショップでは
ご参加者さまから仙酔島で「天蚕(てんさん)」の繭を見つけたとお聞きし、時期外れだけどもしかしたら会えるかな~と期待していました☆

来てみれば、なるほど

こんなに蚕にとって最高の住処はありませんね*

クヌギにコナラの大樹があちこちにありました。

砂浜を通って険しい道の方へ向かいます。

ルートは複数あるみたいでしたよ。



砂浜にはこんな穴も。。


風と波の音がとってもきもちい~*


その先の「五色岩」では、、




るりの葉星人が来るのをまって「火サス」のテーマを一人で熱唱。

一人芝居の私に笑顔で対応してくれるのは、多分るりの葉星人しかいないだろうな、、と思う私です。

岩にくっつくと暖かくてきもちが良かったです(;´▽`A``



登山ルートはあまり整備されていない部分もあるので
獣道のような道もあります。


けど、それがまたたまりません~はな。


土に落ちた木の葉の匂い、森から流れてくる濃いムンとした香り

良く肥えた土の湿った匂い

海鳥やムクがビー!っと鳴いて枝から飛び立つと樹が驚いて一瞬強い匂いを出します。


それを思いっきり肺に吸い込んでーーー、、、

ぷはーーーー!!



マッシュルームみたいなキノコさん発見です☆


日が暮れかかって、山頂へ到着


夕日に照らされる鞆の浦港が最高に綺麗でした。

来て良かったな~花


残念ながら天蚕には出会えませんでしたが

家へ帰ってみると、子供たちが


「おかーさーん!窓に天蚕がいるよー!逃げないでずっといるんよーー!!」

と大興奮キラキラ


子供達は逃がしてあげようとしたらしいのですが
逃げずにとどまっていたそうです。


良く見ると天蚕(てんさん)ではなくて、「野蚕(やさん)」でした☆


羽の班が窓のように透き通っています。




お尻も天蚕よりもふわふわでマルハナバチみたいに可愛らしい~*

綺麗なレモンイエローレモン

野蚕にも色々な種類がありますが「やままゆが」の一種で
茶色や萌黄色の繭を作ります。



どうやらこの子は女の子はな。

以前我が家に来てくれた「天蚕」は男の子でした。

外はすっかり秋風で寒いだろうと家の中へ入れました、

指に乗せると、とてもおとなしく
何か伝えたいことがあるようで、お話をしました。

蚕からのメッセージはとても驚きの内容でしたが
今後の「玉繭むすひ」ワークショップでもお話させていただこうと思います。


この子は「自らの意思でここに来てくれた」

ことは間違いないようです。


仙酔島では会えなかった蚕ですが、お家で待っててくれるなんて本当に感激でした。


「繭」「蚕」の本当の力を伝えようと決心して行動し始めてからまだ半年ほどですが

しっかりと蚕達にはその思いが届いていたのだとおもいます。

「繭」「蚕」の真の力は

「麻」のようにまだ広く認知されておらず

  ほとんどの人が知らないことです


それだけに、繭の真の力を伝えていく第一人者となり、この役目を担うに当たって、自分にできるだろうかと思ったこともありましたが


少しずつでいい

「蚕」「繭」
そして、
「鳳凰」
の力に共鳴してくださる方へ

しっかりとお伝えしていこうと思います。




麻の真の力を理解されている方、

麻に興味のある方、

そして、繭の事が気になっている方、

繭の真の力を体感してみたい方、

繭や蚕がなんとなく気になる方など、、

自らの魂の再生と復活

さらには、地球そのものの再生と復活につながる

繭の真の力

是非、「玉繭むすひ」ワークショップ

ご参加者様それぞれの魂で感じていただけたら幸いです





*:..。o○☆゚・ るりのわからのお知らせです :,。*:..。o○☆

ゼラニウム   麻と繭の真の力をお伝えするワークショップ
 玉繭むすひ ~たままゆむすひ~ 
 キラキラ 

先日の第二回「玉繭むすひ」ワークショップ広島の様子はこちらです*


次の「玉繭むすひ」ワークショップの開催は

■第二回「玉繭むすひ」横浜(石川町)
*年末の大祓
12月27日(日)14時~17時
横浜(石川町)の「カドベヤ」さま
(横浜駅より3駅の石川町駅から徒歩約8分)
※12/27(日)横浜会場の詳細はこちらです☆

■第二回「玉繭むすひ」静岡(清水) 
*新春の慶び
1月5日(日)14時~17時
静岡(清水)の「もでカフェ」さま
(清水駅よりバスで約15分、または、車かタクシーで約10分)

※1/5(火)静岡会場の詳細はこちらです☆

の日程で第二回「玉繭むすひ」ワークショップを開催致します。


すでに、お申し込みをいただいた皆様は誠にありがとうございました!
ご参加ご希望やお問い合わせをいただいた方には順次、ご返信のほうをさせていただいております。
さらにパワーアップした第二回目となる「玉繭むすひ」ワークで、皆様にお逢いできるのを心より楽しみにしております☆

より繭のエネルギーを深めていただける内容となっておりますので、夏の第一回の時にご参加された方も、初めてとなる方も、どうぞお気軽にご参加をしていただき、繭の真のエネルギーを魂で感じてみていただけたら幸いです。

お申し込みやお問い合わせは

ブログ右側にある「るりのわお問い合わせフォーム」
またはるりのわメール (rurinowa333@gmail.com)

のほうへご連絡くださいませ*


第二回目となる今回の「玉繭むすひ」では、麻と繭のエネルギーを使用したヒーリングをご自身でできるように伝授もさせていただきますので、どうぞ楽しみにご参加をされてください☆


それでは、本日も皆様の御霊、輝かれますよう
お祈り申し上げます。


          
ハーブヒーリング・ガーデン るりのわハーブ

るりのわロゴフルセット



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

天の蟲『るりのわ』* 蚕与音(ことね)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります