るりのわ 〜蚕が紡ぐ星の唄〜☆゜絹 葛 大葛藤 糸魚川翡翠 屋久杉 *。☆

木綿(ゆう)紡ぎ 古き神々目覚めたり 船出迎えし繭の方舟


テーマ:
みなさま~*
    
  

こんにちは!seiキラキラ

     
 
むすたま師 こと音のブログご訪問を誠にありがとうございます☆

どうぞごゆっくりなさっていって下さい星

先日、11/11は

どんぐり るりのわ 秋のワークショップもみじ
第二回「玉繭むすひ」(たままゆむすひ) 広島

を、開催いたしました!

数日前から雨が降っていましたが、当日は素晴らしい晴天に恵まれ、とても清々しくワークを始めることができました☆

ワークの会場となった

広島県福山市鞆の浦 鞆ノ津ギャラリー「ありそ楼」様からは
弁財天様をお祀りしてあります弁天島とその向こう側に仙酔島が見えます。

この日は良く晴れておりましたから、遠くまで見えました!

そして、11月11日先日の記事でも書かせていただいたように、
「聖なる統合」の日
でした。
この良き日に開かせていただいたのですが
ワークが始まる前から参加者様がそれぞれ、神秘的な体験を朝からされていた、との事でとても驚きました。

ある方は、85年ぶりに御開帳となっていた「弁天様」の像をご覧になっているときに、「もしかしたら、あの方も「玉繭むすひ」のワークにいらっしゃったのかな~」思う方をお見かけし、いざ会場へ来たところ、やはりその方も、ワークのご参加者様だった!

や、ワーク開始前に仙酔島へ行っていた方は
前回も「玉繭むすひ」のワークで一緒だった方と偶然会い
聞いたところ、第二回「玉繭むすひ」ワークへ参加されるということで一緒に会場までいらして下さいました。

他にも朝から「彩雲」をご覧になった方もいらして
始まる前からいろいろなミラクルがすでに起きていると感じてくださったようです。


実は私も、、、鞆の浦へ到着した途端
身体に変化が起きまして、大慌てでございました。

男性の方にはアレですが、予定日でもなんでもないのに、車を降りた途端に生理になってしまい、大慌てで「ありそ楼」のオーナー様の元へ「助けて~!」と駆け込む始末、、

るりの葉星人に急遽、近くのスーパーまで行ってもらい、なんとか事無きを得ましたが、ヒヤヒヤでした汗

会場となった「ありそ楼」さまは
築1000年の元「遊郭」で、その目と鼻の先には「女性性」の女神「弁天様」がいらっしゃいます。

その弁天様が先月の10月から、今月11月中旬過ぎ頃まで
85年ぶりのご開帳という事もあり、様々なエネルギーのピークとなり11月11日が重なってそういった現象が起きたのだと思います。


実は私は過去世で「遊女」だった事が何度かありますので
さらに身体が反応したのかもしれませんね*

余談ではありますが…

私の守護神様には「観音さま」ならぬ「官能様」笑が居てくださっているそうですよ~*

それでは、前置きが長くなりましたが、
1111の第二回「玉繭むすひ」ワークショップの皆様のご様子です☆



とても、和気藹々とワークを行うことができました*

皆様とっても楽しそうに
麻繭の産巣日(あまのむすび)~祝い結び
をお手にとって記念撮影です☆

麻の雄々しい力=男性性で陽
絹の繊細で柔らかな力=女性性で陰
融合のエネルギーをそれぞれの方に
実際にお手にとって感じていただきました。


この麻繭の産巣日(あまのむすび)~祝い結びは、鳳凰のエネルギーを発しており、お部屋に飾っておくと、その空間全体に鳳凰のエネルギーがおりてきます。

さらに、上部の麻の輪っかのところに手を通すと、すーっとエネルギーが入ってくるのを感じられ、スムーズに瞑想状態に入って、必要なビジョンやガイダンスを受け取るサポートにもなってくれます☆

最初の約1時間は「蚕」「絹」についての深いお話
心身の即浄化を促す「麻繭の酒(あまのさけ)」の試飲をして頂き


その後、「繭の瞑想」へと移ります。



今回は、シンギングボウルを鳴らしながら
行いました*

寝てしまった方もいらっしゃいましたよ~*


チベットの職人さん手打ちのボウルです☆

最後に、二人一組になっていただき、ご自宅でも簡単にできる
「繭を使ったヒーリング方法」を伝授

もちろん、細かなレクチャーとサポートをさせて頂きました~*



その途中私がタブと言うドラムを叩いていましたら
突然耳元で女性が「シタテルヒメ」
と囁きました。

思わずドラムの手が止まってしまい、皆さんに「シタテルヒメ」って誰ですか?

なんて聞いてしまいましたが、実際にいらっしゃる方のようで、後日、教えていただいた情報では、「弁天様」の別名でもあるそうです。

「下照姫」

「天照神」は天を照らし

「下照姫」は地上を照らす神様なのだそうですよ。


前回の第一回「玉繭むすひ」の広島でのワークでは披露できませんでした
「・るりのイハフエ~玉依~(たまより)」の演奏も少しさせて頂きました。

*玉繭仕立てにエネルギーチェンジしたマイイハフエの「桃子」です☆


繭の深いお話と麻繭の酒での即浄化、繭の瞑想法、そして、繭のヒーリング法の伝授、それぞれの方の体験のシェア、そして、麻繭の産巣日の体感、イハフエ演奏、、
と、あっという間のワークの時間であり、本当に濃密な深~い1111の日でした、、

気がつけば、日もとっぷりと暮れて弁天島の提灯の明かりがポツポツと灯り
ワークが終わった後も、皆様、思い思いのお話をされていて
今日、この日にここで開催させていただいた事に心からの感謝の気持ちでいっぱいでした。


繭の真のエネルギーをより深めて、「結び産み」「再生と復活」の力をご活用していただくためにも、また来年は内容をさらにパワーアップした第三回「玉繭むすひ」ワークショップも予定しております☆

「玉繭むすひ」ワークショップには麻と繭の力にピン!と反応した方だけがご参加してくださっています。
無理に何かを感じようと思う必要はありません。


サインは今回のワークのように必要なものが向こうからやってきてくれます。


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


なお、今年の年末の12月27日には、

横浜近辺、もしくは東京方面での第二回「玉繭むすひ」ワークショップを開催致します。
※追記…開催場所は横浜(石川町)となりました
会場へのアクセスやご参加費などの詳細は、ブログやホームページでお知らせをしてまいります。



詳細が決まりしだいあらためてブログやホームページでお知らせをさせていただきますが、
ご参加者さまへ丁寧に繭の真の力をお伝えさせていただくためにも、少人数限定での開催となり、既に参加ご希望をいただいている方も数名様いらっしゃいますので、
繭の事や麻の事にご興味がある方や
夏の第一回「玉繭むすひ」の内容をさらに深めて身につけていきたい方、
よくわからないけど、繭の真の力を実際に感じてみたい、
といった方などは、
ブログ右側にある「るりのわお問い合わせフォーム」
またはるりのわメール (rurinowa333@gmail.com)へご連絡くださいませ☆
折り返し、るりのわからお返事を差し上げてまいります。

もちろん、「玉繭むすひ」についてのご質問やお問い合わせなども問題ありませんので、お気軽にるりのわまでお申し付けください*




それでは、本日も皆様の御霊がより輝かれますよう
お祈り申し上げます。

はっぱはっぱはっぱはっぱはっぱはっぱはっぱはっぱはっぱはっぱはっぱはっぱはっぱはっぱはっぱ
ハーブヒーリング・ガーデン るりのわハーブ

るりのわロゴフルセット



いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

天の蟲『るりのわ』* 蚕与音(ことね)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります