ココロの土木工事

自分再建に成功したわたしからのメッセージ

こんにちは。わたしは自分再建カウンセラーの宇綺多藍子です。


わたしは、自分に自信がなくて、
言いたいことが言えなかったり、やりたいことができなかった人が、
自分の言いたいことを言えて、自分のやりたいことができるようになる
サポートに特化しています。


今でこそ、父とは対等な関係性を築いていますが、
私の生まれ育った家は、世間的には模範的な家庭でしたが、
親子関係は、父親の絶対王政で、 自分の意志で何かを決めるのは、
決して許されない環境で育ちました。


そんな苛烈な家庭環境で育った私は、
人とうまく付き合えなかったり、絶えず人の目が気になって、
自分というものを出せずにずっと苦しんできました。


父に生殺与奪を握られていた子供時代は、
やることなす事常に否定の言葉を浴び続け、
自分の感覚というものに自信を失ってしまいました。


それは、わたしが大人になった後でもしつこく残り、
生きにくさとなって、わたしを縛りました。


『わかってあげて、許してあげて。』
『親御さんに感謝をしない人は、幸せにはなれませんよ。』
この二言は、わたしのクライアントさんには、絶対言いません。


感謝とは、自然と心の深いところから湧き上がってくるものであって、
人に無理強いされてするものでは、決してありません。


非難を恐れての感謝なら、しないほうがましです!!(キッパリ)


自分が癒されれば、親御さんの不完全さを許せる日は必ず来ます。



順序を間違うから、苦しみが長引くんです。


まずは、自分を癒しましょう。



親御さんを許すのは、それからだって決して遅くないんです。


親御さんとの関係で傷ついた気持ちって、
人に話しづらくて、今日まで来てしまったんですよね?

色々考え過ぎちゃって、人に話すの躊躇してきたんじゃないんですか?


だから、いい年をして・・・。なんて、
自分を恥じないでほしいんです。


親子関係の問題に見て見ぬふりを決め込んで、
くさいものにフタは、もう止めにしませんか?



自分の心を癒やして、心の健康を手に入れて、
心から幸せで、伸びやかな人生を送りたい方。


自分の言葉で、言いたいことを言い、
自分が心から望むことをして、充実感に満ちた人生を送りたい方。


わたしがサポートいたします^-^


テーマ:
こんにちは。自分再建カウンセラーの宇綺多藍子です。

最近、お料理がワンパターン化してしまい、
手詰まりの感があります。


そんなときに、知り合ったムスリムの友人。

イスラム教徒をエジプト語で『ムスリム』と言います。
女性の場合は『ムスリマ』と、いいます。

知ってる人もいるかもしれませんが、
彼らは宗教的な戒律で、『豚肉』を食べてはいけません。

豚に由来するものは、すべて、飲食禁止です。

コンソメや、カレールー、ゼラチン。
こうして考えてみると、結構、無自覚に食べてたな・・・。

また、アルコールもご法度なので、
使えな調味料もままあります。

醤油・味醂・お酢・料理酒。

イスラムの戒律については、ほとんど知らないわたしにとって、
彼らをもてなすのには勉強が必要です。

スパイスの使い方。

いままで積極的に使わなかった調味料で、
新しいレシピが生まれそうです。

出会いに感謝^-^
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。

自分再建カウンセラーの宇綺多藍子です。

わたしのライフワークの一つ、
趣味と実益を兼ねたお仕事が、お料理です。

お料理に関しては、特定の先生には付かずにやって来ました。


先月は、楽天のレシピが、まったく更新できず、
記事上げが止まってしまいました。

気の利いたこと書かなきゃ!!って、
実は、すごく力んでたんですね。


楽天レシピを見るのは、どんな時かな?って、
考えてみたんですね。

お料理の手持のレパートリーが出尽くしちゃった。

家族のために、作んなきゃって思うけど、
なんか、思いつかなくて、何にしていいか、わからないなぁ・・・。

きっと、そんな気持ちで、サイトを見に来るんじゃないかなぁ?

挑戦しても思った味にならないなぁ・・・。
みんなどうしてるんだろう?

わたしが知ってることを、他の誰かは知らなかったりする。

他の誰かが知ってることを、わたしが知らなかったりする。

自分のパターンを抜け出すのって、
あるときは、『まったくの思いつき』だったり、
誰かの『助言』や『成功例』だったりしますよね?

『作ったよレポート』が届いたりすると、本当に嬉しい。

楽天レシピって、『美味しいもの』を食べたときの、
嬉しさ・朗らかさをみんなで分かち合うステキなサイトですよ。

http://recipe.rakuten.co.jp/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。

自分再建カウンセラーの宇綺多藍子です。

今日は、爪に特化して記事を書いてみます。

わたしが、有名企業に派遣社員でお世話になったときに、
応用科学の大学院卒の方に聞いたお話です。

マニキュアを落とすときに、必ず必要な除光液。

みなさんは、何を基準に選んでいますか?

大学院卒の理科系女子のその方が、おっしゃいますに、
『アセトン』を含まないものが望ましいとのこと。

なぜかと申しますと、
『アセトン』は、脱水作用がありまして、
爪まわりの指先の水分を奪ってしまうのだそうです。

したがって、爪がもろくなり、強度が減ってしまいます。

有名ドコロの化粧品メーカーでも、
アセトンを使っているものも多くありますので、
爪の弱い方は、必ず裏側の成分を確認することをおすすめします。

硬いところにぶつけて、割れたりなんかしたら、
想像するのも、イヤですよね?
(わたくしめ、子供時代にそれをやって、本当にコリゴリです。)

1回ぐらい使っても、そんなにヒドイことにはなりませんが、
あまり頻繁に使えば、ダメージが重なってしまいます。


保水作用のあるハンドクリームで、
指先まで念入りに擦りこむケアが、よろしいのではないでしょうか?


除光液は、ケチらずたっぷりとコットンに含ませて、
爪の上で、10秒間かるく抑えてから、
甘皮から、指先に向かって拭きます。

くれぐれも、横にゴシゴシは、爪を傷めるので、やめましょう。
(つい、うっかりやりたくなりますが・・・。)

それでは、良い夕べを・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD