22日午前11時ごろ、堺市西区の堺泉北港内で、「クジラの死体がある」とタグボートの男性船長から堺海上保安署に通報があった。同署が確認したところ、クジラは体長約8メートル、幅約2メートルで、頭部が海面から10~20センチ浮かび上がっていた。同署は船舶の往来の妨げになるのを防ぐため、約300メートル先の岸壁まで運んで係留した。

 大阪府堺泉北港湾事務所が23日にも陸に引き上げ、死因などを調べる。同事務所によると、頭の形からマッコウクジラの可能性が高いという。腐敗もあり、死後数日とみられる。

 事務所の担当者は「クジラが大阪湾に入ってくるのは珍しい。死んでから漂流したのか迷い込んでしまったのか分からない」。岸壁近くの工場の男性従業員は「港内でこんなに大きなクジラが見つかるなんて驚いた」と話した。

【関連記事】
調査捕鯨はそもそも何を調べてる? 将来の食料確保のための生態把握
クジラ?衝突、種子島行き高速船 けが人はなし「海中にひれ見えた」
死んだクジラが漂流 岩手・宮古
クジラ育む南の島々 小笠原諸島・父島 
安い!うまい!手軽! 実は最強の食材な缶詰

事業仕分け 判定結果が法人存続に直結 第2弾 (毎日新聞)
「宇宙への夢、花開け」=山崎さん、松本零士さんに種(時事通信)
事業仕分け 電気メーター検査 民間参入促す(産経新聞)
移植渡航、自粛求める WHO決議案採択、臓器売買禁止明記(産経新聞)
皇太子さま、淡路島を訪問(時事通信)
AD