東京・渋谷でバカラ賭博場を開くなどしたとして、責任者や客ら16人が逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策4課などは18日までに、賭博開張図利容疑で、埼玉県朝霞市仲町、無職古賀雄一容疑者(37)を逮捕した。
 同課によると、容疑を認めている。古賀容疑者は賭博場の経営者という。
 逮捕容疑は11日、渋谷区道玄坂の雑居ビル6階に賭博場を開き、バカラ賭博で客から手数料を取り、利益を得た疑い。 

【関連ニュース】
バカラ賭博容疑で16人逮捕=300万円を押収
中込氏が一部罪状認める=プロ野球八百長事件で初公判
暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加
芥川賞、直木賞候補決まる=「大森兄弟」らが初

プレコリオ系ダンスって何? 導入するスポーツクラブが続出(産経新聞)
ヘリ近接飛行に懸念表明へ=岡田氏、中国外相と会談(時事通信)
宅配業者装い現金奪う=容疑の男3人逮捕―警視庁(時事通信)
民主マニフェストの表紙の顔、やっぱり鳩山首相に(産経新聞)
高砂市役所や県民局も捜索 社福法人の不法投棄で兵庫県警(産経新聞)
AD