月刊誌「文芸春秋」の記事などで社会的評価を低下させられたとして、福山哲郎外務副大臣が、出版元の文芸春秋や執筆者らに計1650万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こしていたことがわかった。提訴は12日付。

 訴状によると、同誌2月号は、地球温暖化問題を巡る福山氏の姿勢について「多額の負担を強いられる国民への配慮は見られない」などと報じた。福山氏側は「様々な利害関係者から意見を聞き、国民に配慮している」と主張している。

 文芸春秋は「訴状を見ておらず、コメントは出せない」としている。

ケージ、すき間だらけ=新たに142カ所-構造上の問題か・環境省(時事通信)
水俣和解一時金210万円 熊本地裁所見示す(産経新聞)
対テロ戦“4正面作戦”と日本の役割(産経新聞)
新生活を録りつくす新オリンパスペン「E-PL1」に死角なし【新生活特集】
朝鮮学校の無償化要求集会に社民党・又市副党首が出席(産経新聞)
AD