365日幸せに生きる~女性のライフコーチング

ブログの説明を入力します。



ご訪問ありがとうございます。

コーチの黒田晴美です。


私は人がイキイキとしているところをみるのが大好きです。



子育てからビジネスまで、

あなたの可能性を引き出し、

あなたらしく生活し、

あなたらしい人生を送り、

あなたらしい命の使い方をする。


そのお手伝いをすることが、私の使命だと思っています。


そして、自分も相手も大切にし、
お互いの強みを活かしあっていけるような場を
つくっていけたらと思っています。


あなたと一緒に歩んでいけたら嬉しいです^^


宝石赤 ラウンジセッション宝石赤

宝石赤 コーチングセッション宝石赤

宝石赤 セミナー宝石赤

宝石赤 メールマガジン 豊かな人間関係をつくる鍵宝石赤

宝石赤 お問い合わせ宝石赤

宝石赤 ホームページ宝石赤


テーマ:

こんにちは、黒田晴美です。

普段は、組織のリーダー育成に関わる仕事をしているのですが、
その中で出てくるのが、女性の活用。

働き方の多様化が進む中で、

女性をどう戦力化していくか、というのは、

どの業界でも向き合わなくてはいけない課題になっていると感じます。

 
はたらくママという選択をしてもう15年。
娘は中学2年生になりました。

 

 

当時は、周りにいるママも

「私が社内で育休取得者第1号!」みたいな人が多くて、

私がいた会社でもようやく寿退社以外の

選択ができるようになってきた、そんな感じでした。
 
それなりにマタニティライフを楽しんで、

職場復帰したものの、これまで一緒に歩んできたはずの

同僚たちとの間に感じるズレ。

 

想像していた生活と現実とのギャップ。
 
同じ子育て中の人と話がしたいと思っても、

育児サークルが開催されているのは平日の昼間で、

ワーキングママには参加できるはずもない。
 
ないならば、つくってしまえ!と、

当時同じように職場復帰してジレンマを感じていたママたちと

立ち上げたのが「ワーキングマザーズスクエア」。

 

もう干支をひとまわり以上しちゃいました。

こんなに長く続く育児サークルは珍しいのだとか。
 


大体2~3年で活動を終えてしまう育児サークルが多い中で、

なぜ、うちのサークルは続いているのか。
 
それは、未だにあの頃の私たちと同じ思いのママたちがいるということ。


そして、そういうママたちがいるなら、

自分たちにはもう必要となくなってしまったけれど、

この場を守り続けようというメンバーがいるから。
 
頑張ってる毎日の中で、不安に感じることや疑問に思うことはありませんか? 
そしてそれを誰かと話したり共有したいと思ったことはありませんか? 
働くパパやママの友達を増やしたいと思いませんか? 
   
今回、いつも開催している「おはなし会」をちょっと大きくして、

間口を広げてお待ちしています。
  




働くパパ・ママのサークル“WMS(ワーキングマザーズスクエア)”に

所属するメンバーと一緒に

「保育園」「学童」「働き方」「働くママ仲間の作り方」などについてお話ししながら、

参加者の皆さんと交流を持つイベントです。

ワーキングマザーズスクエア「大きなお話会」


■日時:平成28年11月23日(水祝) 13:00~16:30
■場所:東灘区民センター 多目的ホール
■対象:東灘区に住む働くパパ&ママ
これから働きたいと思っているパパ&ママ
■主催:ワーキングマザーズスクエア
■後援:神戸市東灘区

■お申込・お問い合わせ先 :ワーキングマザーズスクエア

■内容:
・パネルディスカッション
働くママたちは、どんなピンチをどうやって乗り越えた︕
リアルな体験談が⾶び交います︕
・フリートーク
あなたの目下の悩み、関心事は何ですか︖
同じ悩み・ 関心事を持つ仲間と分かち合いましょう︕
-------------------
 

働き方もキャリアも千差万別なメンバーたち。
リアルな体験談を私もパネルディスカッションでお話させていただきます♪

 

会場でお待ちしていますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、黒田晴美です。

先日、日本コーチ協会神戸チャプターの
11周年の記念セミナーに
参加してきました。


今日の講師は
はいちゃんこと灰谷孝さん。

はいちゃんとも
随分長い付き合いになりました。

はいちゃんは私にとって
いつも新しい学びを提供してくれる人。

思えば、
箱も、インプロも、ブレインジムも、
すべて入口ははいちゃんでした。

そんなはいちゃんの新しい本は
今も人気で売れ続けているようです。
 

 

 

この本は、子どもの発達について書かれていますが、
今回のセミナーのテーマは「大人の発達」。



子どもには、
何歳(何ヵ月)になったら
これができて、
1歳になったら歩き始める、
といったような発達の目安があるのに
大人は30歳になったらこれができて・・・
40歳になったらこれができて・・・っていうのってないよね、
大人も発達するん?というところから話が始まり、
大人の発達について、
新たな視点で学ぶことができました。


成人の発達には5段階あり、
横の発達(技術・知識)と
縦の発達(精神性・視野)がある。

コーチングは、この縦の発達に機能する、というのが

とても腑に落ちました。

そして、今日のセミナーに限らず、
学びの後には、

『何が正解ですか?』という他人軸ではなく、

自分軸で『自分はどうだったか?』を振りかえる
内省が大切
で、


「そういや、安田さんがここのところ、

いつも大切にしておられたなぁ」と

ぽつりとつぶやいたはいちゃんの言葉に

はっとさせられました。

 


私がコーチングに出会ったのが2000年。
2001年からコーチングを学び始めました。

神戸チャプターでは、

貴重な学びと実践の機会をたくさん与えていただきました。

その神戸チャプターを下から支え、
上からひっぱっていってくださっていたのが、
今年1月に急逝された
前神戸チャプター代表 安田明久コーチでした。


セミナーの後は、
「安田 明久コーチを偲ぶ会」に参加させていただきました。

在りし日を偲ぶスライドでは、
出てくる写真どれも満面の笑顔で、
思えばあの時もあの時も、
安田コーチは足を運んで下さり、
励まして下さり、
導いてくださったことが思い起こされ、
胸がいっぱいになりました。

とても素敵な場でした。
神戸チャプターの皆様、ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、黒田晴美です。

先日、こんな素敵なプログラムに参加してきました!

題して『芝生で寝コロガル』


 

最初に、このプログラムを見たとき
 

うわっ、素敵音譜
まさに私のためのプログラムアップ

と思って、すぐに参加を決めました。



 

アーバンピクニックが開催されてから

何度も芝生の感触を味わっていたのに、

実はまだ寝ころがったこと、なかったんですよね。

 

これは、芝生を満喫しているといえないビックリマーク

意外と小心者なワタクシ、

みんなでやればこわくない精神で

参加してきました。

 

 

 

というのも、最近忙しすぎだなぁと感じていて。

 

自分をベストな状態に保っておくのも

コーチとして必要なこと。

 

やっぱり、私には芝生が必要だ(笑)

 

 

自分のことを客観的に知っておく、ということは必要です。

 

私は、自分ではそんなふうに思わないのですが、

すごく頭を使っているらしく、

その分、カラダはがちがちです。

 

どのくらいがちがちかというと、

「力をぬいてください~」といわれても、

力のぬきかたがわからないくらい。

 

頑張って(笑)力をぬいても

全然ゆるんでいないらしいあせるあせるあせる

 

だから、自然と力をぬく方法として

ハンモックLOVEドキドキ なのです。

 

ハンモックに寝転ぶと、

深く考えなくても

カラダの力がぬけるから。

 

カラダはがちがちなのに

頭はふわふわしているので、

グラウディングも必要です。

 

大地とつながりたーい!と思っていました。

 

 

プログラムの主催者の方とは

この日、初対面。

 

出会って早々に芝生に寝っころがり

空を見上げました。

 

うーーーん、気持ちいいーーーーーーーやじるしやじるしやじるし

 

芝生の感触や

風のにおい

降りかかる光

 

すべてが私を癒してくれます。

 

 

その後は、うつぶせになって

おへそを地面につけて

地球を感じました。

 

 

これは、ダンスのレッスンのときに教えてもらったこと。

 

ターンの練習などで

目が回ってしまったときは、

仰向けではなく

うつぶせでおへそを地面につけて

じっとしていると、

自然治癒力があがるんですって。

 

この日も、ぐんぐん

地球からエネルギーをもらっている感じでした。

 

 

芝生の上で

ゆったりしているものの

話は弾みましたウィンク

 

いろんなお話ができて

本当に楽しかったやじるし

 

 

 

その日の東遊園地の様子。

 

アーバンピクニックの開催は

11月6日まで。

 

あなたも東遊園地に遊びにきませんか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)