アットウェルのビフォーアフター

日本全国飛び回る
リフォーム屋さんのビフォーアフターブログ


テーマ:
豊川市T様邸屋根改修工事を請負ました(^^)
{61A36273-FE97-482A-81E5-F5FB12FC1641}

{9E28BA1B-C002-4D21-8D24-8713CDB29069}

{569A0148-474D-4827-8390-326FEFDC3499}

既設の屋根材はカラーベストで8年程前に屋根塗装をされていましたが、表面が剥離し始めており、
{2753B14D-86BD-46DF-A341-B45BB62A3F38}

{2E9FA167-2372-4E14-AC2E-0CDBE23587D7}

{F927BE56-29D4-472E-A32E-05BBB35408FF}

{FBDAEC07-CED4-4C18-92D3-ED5B2FB74714}

屋根裏に雨染みもありました。風当たりが強い地域というのもあり、屋根に受けた風圧により、垂木周りからの雨漏れが目立ちました。
 風圧によりコンパネがしなり、垂木に打ち付けている釘の頭が浮き上がり、垂木周りのルーフィングが破れ、雨が入ってきた状態でした。
{EA603F85-C750-47BA-B84A-2C6F46EFEA2B}

{CA157AE0-56AE-44B7-8452-744E8E8304A3}

既設の太陽光を取り外し、
{584B9FE2-8AA4-4CF0-9399-BA29F71CE2C8}

{2009C3D5-5772-43CB-A095-110483125804}

{95FABEA1-EFAA-41E5-9E2E-2E796A082E5C}

{C6E1D141-BE7E-4756-B309-8FDB8207E907}

下地の構造用合板を既設のカラーベストの上から貼ります。新築時は垂木に対して並列に構造用合板を貼っていますが、同じように並列に構造用合板を貼ると風圧を同じように受けてしまう為、互い違いに構造用合板を貼っていきます。隠れてしまうとこですが、二度同じようなことにならないようにする工夫の一つです( ´∀`)

続きは後編へ( ´∀`)

ブログランキングお願いします(^^)

{E22227DD-6266-435F-8B1B-167138DCA5B6}

株式会社アットウェル奥村 健でした(^^)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アットウェルさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。