1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-13 10:59:03

迎え盆 父さんへ

テーマ:一人旅

「父さん 迎え盆だよ いつでも帰ってきて」

「もう 帰ってるよ」


「その辺 ウロウロしとって」

「わかった~。うん そうする~」





月見草 蕾





毎日毎日 暑い

あっという間に お盆だ


八月や 六日九日 十五日    詠み人知らず






月見草  夕方から花びらが ほどけて行く




月初めに 東京品川プリンス二泊三日 

上野公園の 世界遺産 国立西洋美術館

六本木  国立新美術館  ルノアール展


そして y子が 横浜ドライブに連れてってくれたよ



帰って 八月四日  お寺さんがお参りに来られて

後をついて お経を読んだ

(「母さんもお経がずいぶん 上手になってたなぁ」・・・・ふふふ)



六日 七日 ミーちゃんが 岡大のオープンキャンパスに来て

(「ミーちゃんは、もうすぐ大学生かぁ」・・・そうだよ~)




が促したかのように はらりっと 花びらが開いた




九日 y子が 幕張から車で来て

十日 賢ちゃん(婿殿)が 博多から新幹線で来て はーちゃん一家が我が家で合流

はーちゃん一家が お墓参りしてくれたでしょ?

(「汗だくで お花を替えてくれたぞ」・・・あのY子が よくするようになったよね)



十一日 はーちゃん一家は 大阪へ

大阪で一泊して 翌日 幕張に帰ったみたいよ





夜には ぱきっと 真っ白い4弁の花が 涼し気に咲いた




忙しい合間を縫って 96才のばあちゃんを ランチに誘ったり 珈琲に誘ったり

(「ばぁちゃんは 外出が好きで 良かったね」

「そうそう、 外食したり 喫茶店に連れて行ってやれば ご機嫌なので 助かるよ」)


そして 今日は 長男のSが帰ってくるってよ


長男のSにも 長女のY子にも

「ばあちゃんがあまり呆けないうちに たびたびかえっておいでって

すっかり呆けて  “あんた だれ?” っていうようになったら もう帰らなくていいから

って 言ってるんだ」

「まぁ 96歳まで まともに来られたことに 感謝だね」

「そうそう」





翌朝 昨夜あんなに真っ白だった花が うっすらピンクになって しおれていた



「父さん お盆の間 その辺でうろうろしとって・・・」










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「一人旅」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-06-08 19:44:06

車 

テーマ:一人旅

いつかの新聞でよんだけれども


車が大好きで 車は第二の部屋だ というようなことだった

全く同感


誰に遠慮もいらない

出したこともないような大声を出して 適当に歌う

一人で乗っているという 空っぽな空間


父さんが 肺がんになった時も 車の中で一人で大泣きをした

そして 父さんが亡くなった時も 車の中で一人で大泣きした




船長さんのお土産 アメリカのスケッチブックに 水彩で  薔薇




今では 車の中で泣くことは ほとんどないけれども

(時々 夕焼けに向かって走っていると 急に泣きたくなる時もあるけれど)

車の中は やっぱり第二の私の部屋だ


運転に集中するだけの無心な時間

一人で どこでも好きなとろにに行く事ができる

カーナビにすべてお願いすれば 好きなところに連れて行ってくれる


高速では きちんと左車線を走って

次々と現れる新緑の山々に 感嘆の声をあげている


先日逢った 横浜の友達は 

「都会の高速は危なくて 運転免許を返上したわ」 と言った




いつまで 車に乗れるかなぁ








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-07 14:11:35

おひとりさま

テーマ:一人旅

父さんがなくなってから たいていのところは一人で行く


ショッピング 映画 喫茶店 ランチ スケッチ 吟行 登山 ドライブ 旅行・・・・・

これほど 気ままなことはない


アウトドアや旅行は お天気次第で 100点か 0点 となるので

まず 朝のおてんとうさまのご機嫌次第で 私のその日が決まる

毎日が 楽しくて 忙しくて・・・・こんなに自由で いいのかしらん?





錦市場で お餅をついていた

「つきたてのお餅は これが いちばんですよ~」 の声につられて・・・ ほ~んと 柔らかくて 満足





よく 「わぁ~ 今度行くときつれてって」

「行くとき 声をかけて」 とか 言われる

そういう人に限って

声をかけると 「ごめ~ん 今日は主人が・・・・」

「ごめ~ん 行かれん」 


張り切っていた私まで へなへなとなる

2回断られた友達には 声をかけない いつの間にか 一人が平気 この頃では 好き



京都でバスを待っていた時 リュックを肩に地図を片手に持ったおじさん

「僕は 昨日大阪に行ってきました」

「あら 私も昨日 あべのハルカスに行きました」

「僕 今回は京都に泊まって 一日は 大阪で春場所を見て ・・・春場所がメインでした 青森から来ました」

「おひとりで?」

はい 家内を連れていますと 

やれ まだ着かないのか 足が痛いとか 相撲は見たくないとか ・・・・ 

一人で気の向くままに 行ってくる ってでてきました~





四条河原町 井筒屋(八つ橋)のお食事処で食べた “にしんそば”

にしんが なんともしっとりと味を含んでいて・・・澄んだお出汁の中で 10割蕎麦と おいしかったです

あとの お茶に 生八つ橋がついてきて ・・・ おひとりさまのお食事 大満足


若者は 一人が好きって聞いていたけれど

この頃の年寄りも 一人が好きって 

地図を片手に気軽に歩いている おじさん おばさん たくさんいた

一人歩きしている人は たいてい日本人

群れて大声をあげたりしているのは たいてい外国からのお客様



おひとりさま 万歳!



父さん 4泊5日京都  楽しかったぁ!~ ありがと



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-06 14:49:50

錦市場

テーマ:一人旅

京都のお台所?   “錦市場” 

河原町のメインストリートは何度も通るけれど 錦市場 はじめて


四条の大丸の横を入ると え~っ?ッというほど狭い通りに お店がぎっしり


なんでもあった

広島県産 くわい って見つけたり

広島県産 せとか ってみたら  我が家のものでなくても ちょっとうれしい



なんといっても 漬物 おいしそうだった



すっかり 私のお気に入りになった お餅やさん

今日は ランチに “錦市場ご膳”  錦市場で売っているものを ちょっとずづ


おしながき (左角から)


万願寺昆布

生麩田楽

百合根天

楓生麩と湯葉

焼鱧

子持ちいか

だし巻

麩しぐれに

酢の物





ご飯 (白米か 赤飯)

漬物

汁物

和菓子(桜餅) ・・・・ 大満足でございます




歩いていたら こんなきれいな お菓子も売っていた 

バラで買っても きれいに袋詰めしてくれる




京都らしいじゃん~ 


5月になったら またお菓子は 夏の色に変わります~ とのこと





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-05 16:31:31

竜安寺 石庭

テーマ:一人旅

去年は 歩け 歩け 京都の町を 縦に横に歩いたけれど

今年は ちょっとだけ 進化?

バス一日乗車券 500円 使ってみた

朝 500円で買えば どこに間違えていこうが

何回乗ろうが すべて OK ・・・・ 方向音痴の私には ありがたい


竜安寺 行ってみよう

簡素な石庭を味わえる年?・・・充分に・・・




入ると すぐに 石庭 ・・・・ 虎の子渡しの庭?

春の日差しがいっぱいの縁側に 掛けている人も いっぱい

日本人より 外国人 ヨーロッパ系の人が多い・・・  “禅” が好きなんだ




竜安寺 枯山水に 春のいろ

縁に座し 石の声聞く 古都の春     幸代



春のいろ   春の日のこと







石庭の 砂やはらかに 春日かな

石庭の 砂にあまねく 春日かな      幸代
 





この庭の 右奥 は やや下がって作ってあります

塀も やや曲がって作ってあります

遠近法を利用して 奥行きを出しています・・・・ 説明が流れていた







“虎の子渡し” ・・・ また いつか





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-04 21:55:42

大野智作品展大阪 フリースタイルⅡ

テーマ:一人旅

大阪駅

グランフロント大阪ナレッジキャピタル EVENT Lab.


大野智作品展 フリースタイルⅡ 





若い子が いっぱい

趣味に油絵を描いているミーハーとしては 一度は見てみたいけれど

なんせ 大野智は “嵐” のリーダー

チケットは コンサート並みに とりにくいらしい

でも例えばここで

「チケット一枚 余りました」って言われても そうとう場違いなおばさんは たぶん ようはいらん





「通路は立ち止まらないで 真ん中の広場でお待ちください」 ・・・

展覧会は 一時間交代の時間制


周囲の喫茶店とか お店は満席



グランフロント大阪は 父さんと草間彌生を見に来た時 ・・・ 来たことがある

こんなに にぎやかになるとは 思ってもいなかった

父さん 

🎶 大阪は 今日も活気にあふれ また ・・・・・・ 人がくる・・・♬  (大阪で生まれた女 BORO)

だったよ









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-02 21:33:10

通天閣

テーマ:一人旅

通天閣の主? “ビリケン”さん



足の裏をなでると お金がたまる?   

本当は 金のフィギュアだけれど・・・ これは 私用 ・・・キーホルダーにでも



阿倍野ハルカスを 堪能して 次はやっぱり 大阪といえば通天閣

とてもスリリングなジャンジャン横町を よそ見せず まっすぐむいて通る

昼間なんだから・・・だいじょうぶよ~言い聞かせながら





大阪は 串カツ

「二度付け お断り」 って 初めて知ったとこ って船長さんが言っていた

串カツのたれは 共同でつけるらしい? だから 一度たれをつけたら

かじりかけを 二度つけてはいけません ということ だそうだ





真下から



ハルカスの順調さと大違い

タワーはせまい 

カタカタいいそうなエレベーター 

収容人数も限りがあって 40分まって 到着


こちらから ハルカスを見る



タワーが低いから 大阪城だって こんなに良く見える




通天閣・・・ アナログなかんじがして ヒューマンな温かみ・・・ ♬ 吹けばば飛ぶような~~♪





ええね あんたは 魅力的


ビリケンさん ・・・・ 足の裏をなでると お金がたまる?  

油絵の友達 いかちゃんが 「大阪へ行ったら買ってきて」 言ってたなぁ



小さいのをお土産に買ってきた

 「小さいから 小金がたまるで~」  会ったとき わたしてあげよう

それまでに私に小金がたまるかも ・・・













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-01 17:18:41

阿倍野ハルカス

テーマ:一人旅

前回大阪に行ったときは 大阪の阿倍野ハルカスはまだてっぺんまでは 開業していなかった


そうだ 阿倍野ハルカスへ行こう


京都から 新快速 で   京都 高槻 新大阪 大阪  あっという間

新大阪には 父さんが 単身赴任していた ・・・ 


大阪から環状線で 天王寺 これは慣れたもの

そして あべのハルカス

 「おお~」




エレベーターは 耳もつんとしないし 速い





高すぎて どこがどこやら 

 




よっしゃ~ この中から 通天閣を見つけるぞ~ ズ~ム



あった!

真ん中に HITACHI と書いてあるタワーが 通天閣





ハルカスで ランチ






トイレの洗面所

手洗いの水道と洗剤の蛇口

トイレは この裏 ・・・ この風景 … もちろん 扉はありました 






父さん この風景一緒に見たかったなぁ ~ 悔しいったら ありゃしない













いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-31 21:03:50

清水寺

テーマ:一人旅

桜満開の時も 紅葉の盛りにも 何度も来た 清水寺





でも この幕に書いてあること

4月3日 しみずの日?   水の日 知らなかった  へぇ~



清水の舞台は 広い


桜は もう少し先 

半年も前から さがしても京都の宿は 桜のころはとれない

値段も4倍くらいに なっているし・・・ 桜がないのは しかたがない



4月3日 しみず 水の日





縁の下の力持ち すごい力持ち





清水坂に枝垂桜が


きれい~



白木蓮も満開



雪柳も 芽柳も 紅梅も 緋寒桜も 木蓮も 枝垂桜も・・・・・咲いていた

やがて 京都はピンク色に染まるでしょう




父さんと一緒に来た頃の 清水寺 丸山公園 八坂神社 知恩院 祇園・・・・

そりゃあ 半世紀も前だけれど あの頃の風情は ほとんどない 

インターナショナル? グローバル? 

京都だって 爆外の恩恵にあずからなくちゃ・・・ わかるけれども

京言葉? 聞こえますか?  どこにも? ・・・ 耳を澄まさなければ ほとんど聞こえない


あの 誇り高い京都がねぇ








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-30 16:14:40

東山花灯路

テーマ:一人旅

丸山公園の 枝垂桜 ・・・ もう少しで 咲くところ

夕日が沈んで シルエットがきれい

(手前は 芽柳)





日が落ちると 灯篭に灯が入る




東大谷廟 灯が入る




遠くに京都タワーが光っていて 八坂の塔はシルエット

カメラマンが この日暮れを狙って いっぱい





高台寺 ねねの寺




三年坂 おおにぎわい




和服姿(和服レンタル) 3000円~

舞妓姿(これも できるらしい) 10000円~   大股歩きの舞妓さん ・・・ びっくり!


詳しくは 調べていないけれど 

写真を撮るだけ

一時間の町中散歩してもいい

とか プランは いろいろあるみたい   

今回は 男性の和服姿も たくさん見た







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。