ゆとりラボ株式会社です🙂


最近では、仮想通貨の話題が絶えませんね。

そこで、本日は号外でビットコインのバブルについて、保有のメリットや保管先についてお話ししていきます。


{A4BD546E-6CEC-4112-9133-B0ACAD71D9BE}


ビットコインの相場が現在30万円代を初めて超えてきました。


4月には11万円台でした。

その相場価格でも凄い金額なのに、現在まだまだ波はありますが右肩上がりで高騰しています。


今から参入する方が増えれば増えるほど、市場も膨れ上がりどんどん価格は高騰していくと思われます。

現在の時価総額4.57兆円(日産、任天堂を超えました)

4月に2兆円を超えたばかりなので、急成長し続けております。


それがビットバブルと言われる原因ですね。


あの有名なホリエモンこと、堀江貴文さんは、ビットバブルについてある記事でこうコメントしています。


{7E199034-5D3E-458D-B310-3786979D1743}


『バブルが起こることによって人々の関心を生む。人気になって知名度が上がれば更に価格が上がる。チキンレースではあるものの、本質的な価値は底上げされたので今後一時的な暴落もありうるものの、それなりに底堅いでしょうね。』


やはり独特の切り口ですね🙂


ビットコイン保有のメリットを簡単にまとめてみました。


送金がスピードが速い


改ざんされにくい(サイバー攻撃等を受けにくい)


手数料が無料か格安


政府でさえも奪う事が出来ない


支払に関する情報が漏れることが無い


勿論これだけでは無いのですが、上記だけでも相当なメリットがありますね🙂


ビットコインは誰が管理しているのか?

以前弊社が配信したメルマガにP2P(ピーツーピー)というシステムの記事があるのですが、そのシステムを使い利用者全員で管理していることになります。


ビットコインはどこに保存されているのか?

ビットコインには、ウォレット(財布)という概念があります。これは、円やドルの例で言えば、銀行口座にあたるものです。


ビットコインを利用する全ての人はウォレットを持ち、そこにビットコインを保存し、決済時に利用します。

つまり、ビットコインを使いたい人は全員、ウォレットを作成する必要があります。


個人に割り振られるメールアドレスのようなものです。

実際には、長い文字列でウォレット ID が表現されます。


そのままでは覚えにくいため、個人間送金が難しくなります。


その為、一般的には ID を短くしたコードを用いたり、スマートフォンで読み取れる QR コードに変換したりして、交換します。


因みに、ビットコインは10分毎に採掘(マイニング)で新規に発行されていますが、その追加発行料は徐々に減少していき、最終的には2140年頃には、2100BTCを発行して終了するようです。


{2B4AA2D6-2EFC-4692-8C60-2A9461C705E0}


SNSも宜しくお願い致します。


Twitterhttps://twitter.com/sbsfintech/


AmebaBlog http://ameblo.jp/sbsfintech/


Facebookhttps://m.facebook.com/sbsfintech/


ゆとりラボ株式会社LINE@【公式】

AD