パニック障害

テーマ:

ツワリ自体は一昨日から楽になりました。

1日3・4回程度しか吐かなくなったので、食べたものも少しは体に入って、栄養になってるので安心していたのですが・・・。


あの倒れてハアハアがあれ以来何度かあって・・・。


前は動いたからって思ってたけど、昨日はちゃんと栄養も少しはとれてて、特別動いたわけじゃないのに、何がきっかけか分からないけど、息苦しくなることがちょくちょくありました。


動悸がして、吸っても吸っても酸素が足りない感じになって、呼吸が速くなって、倒れこんじゃう。


このまま心臓がとまってしまうんじゃないか・・と不安になるくらい苦しくて・・。


倒れて数分すると元に戻るけど、すごく疲れる。


@のときはこんなことってなかったので心配で、旦那様が病院に電話したら、診てみないと判断できないということで行くことに。


旦那様が「今の電話にでた看護婦さん、、、、、すごい腹がたった。なんか嫌な奴・・・」って言ったけど、そのときは私は気にとめてなかった。


病院について、心電図をとることに。


私はてっきりツワリが酷いから脱水症状からくるものだと思っていたので、心電図って言われて不安になった。


心臓が悪いっていわれたら・・・どうしよう。

@に申し訳ない。

お腹の子にも申し訳ない。


・・・でも、心電図には何の問題もなかった。


で、先生が私に「何か・・不安なことはありますか?」と聞いてきた。


意味が分からず、「いいえ・・・」というと、


「たとえば、、ツワリがまたくるかも・・と不安になったら、そうなるとか・・」と言う。


何が言いたいのか分からなかった。


「ツワリは常にあるものなので、そういうふうに考えたことないんですけど。。。」と答えると、


「心電図には何の問題もないし、症状を聞くと、これは不安からくるパニック障害としか・・・」と。


驚きと共に・・・納得してしまった。


「実は妊娠したこと自体が不安そのものです。」というと、


「初めての妊娠ですか?」と。


「いいえ、一人目を亡くしているので・・・」と泣きながら答えたら、、先生もそれで納得したようだった。


結局、今後この症状が頻繁に出るようなら神経科に診てもらって、妊娠していても大丈夫な薬があれば、薬を出してもらってください・・と。


なんか・・すごいショックだった。


自分ではまだ無理してないつもりだった。妊娠・出産が怖くて怖くてたまらないけれど、一番怖いのは@の病気を知った臨月のころ。だから、お腹が大きくなるまでは大丈夫だと思ってた。

ある程度の不安はあっても、大丈夫だって思ってた。


なんか・・・頭でそう思ってても、心と体は正直だな・・って思った。


その後、結局脱水も酷いので点滴をして帰ることに。


点滴をしてくれた看護婦さんが「さっき、電話してきたのはご主人?・・・あのねー、どんなに苦しくても自分で電話してね。子どもじゃないんだから・・」って言いやがった。


「電話した時は動けなかったんです!!」って言ったけど、聞く耳もたず・・。

腹がたってたまらなかった。大人でも電話もできないくらいしんどいときがあるんだ!!!ヽ(`⌒´メ)ノ


点滴が終わるのが1時間後。

すぐすぐ帰りたかった。パニック障害って言われてショックなうえに、こんな腹が立つこと言われて・・

すぐに帰りたかった。

でも点滴・・・。


その後、急患で1歳くらいの男の子がたてつづけに2人も入ってきた。

注射をするたびにその子たちが「ぎゃーぎゃーえーん」って大泣きする。

その声が「痛いよー痛いよーカーちゃん」って聞こえて・・@を想って涙がとまらなくなった。

@は何度も痛い目にあっている。でも、泣いて訴えることさえできなかった。

そう思うと、それだけ元気に泣けることも羨ましくて・・・また涙がとまらなくなった。


なんか・・・嫌なことばっかりだった。


今日、健診だった。

赤ちゃんは無事生きている。


AD

ギブ( ×m×)

テーマ:

点滴しに病院に行くこと自体、しんどくて・・。

食べては吐き、飲んでは吐き・・喉がきれて・・血を吐き・・・。

一週間・・・我慢に我慢をかさね・・がんばりました。


昨日、いつも旦那様に家事の全てを任せていたので、なんだか申し訳なくって・・・

吐き終えた後のちょこっとだけ気分が良い時に、掃除機をかけました。


が、それって無謀だった・・・。


食べるもの飲むものぜーんぶ吐いてて、体にエネルギーになるものが一つもない状態で、動いたものだから、動悸が激しくなって、なんだか酸素が足りない感じになって、たおれこんじゃいました。


倒れてハアハアしてるけど、旦那様は見て見ぬふり・・。


というのも、それまでもずっと気持ちの悪い状態が続いていたので、旦那様が「大丈夫?」と声かけてくれても、うなずいたり首を横にふったり、もしくは手で合図するくらいが精一杯で・・

そんなことを繰り返していたので、旦那様は私のことをそっとしておいてくれるようになっていたのです。


私はほんとにしんどくてすぐに病院につれていってほしかったけど、声にだすことも出来なくて・・・。


@にお願いしました。「トーちゃんをカーちゃんのとこに来させて・・声かけるようにして・・」と。


そしたら、不思議なことに旦那様が「大丈夫?」と声をかけてくれました。


それでやっとか細い声で「だめ・・病院・・つれてって・・・」と伝えることが出来ました。


すぐに旦那様が病院に電話をしてくれて、病院に向かいました。


その車中でのこと。


旦那様が「俺、さっき病院に電話したときに、つわりで衰弱してます・・って言うのを間違えて・・つわりで老衰してますって言ってしまった」と。


こっちは声を出すのもしんどいのに、かなり笑わせてくれました。笑うとまた動悸がしてかなりしんどかったです。


病院で点滴をしてもらったら、どうにかフラフラや動悸はなくなって動けるようにはなりました。

吐き気はなくならないけれど、動けるだけマシです。


今日も朝からもう数え切れないくらい吐いてます。なんで吐くのかな・・・??

お腹のチビチビは好き嫌いが激しいのかな??


次の検診は29日。それまでまたがんばります。




AD

トド状態。。。

テーマ:

ずっとトドになってます。

食べて、吐いて、寝て・・

飲んで、吐いて、寝て・・


なーんにも出来ないのですが、旦那様がぜーんぶしてくれてます。


もともと家事なんて一つもしない旦那様。


結婚当初共働きでしたが、急な雨でも洗濯物をとりいれてさえもくれなかったくらいの旦那様です。

自分が食べた食器も流しに運んでくれなかった旦那様です。(私が先に出勤するのに・・・)


旦那様もいろいろあって変わりました!


今は旦那様におんぶに抱っこです。


皿洗いも洗濯も掃除も布団干しもブヒ子たちの散歩もぜーんぶやってくれます。


ありがたいです。




AD

心拍確認できました。

テーマ:

心拍確認できました!!!!!

頭と体に別れた形に、ちゃんと育っていました。

とっても嬉しいです!!


2週間前はただの卵ちゃんだったのが、ちゃんと心臓つくったんだな・・って思うと・・・とっても愛おしいです。

(出来れば生まれてからも機能する心臓であってほしいのですが、これはまだ分かりません)


胎児って本当にすごいな・・って思う。

自分で自分の体を作るんだもん。


本当に・・・すごい。


ツワリが酷くったって、そんなの、赤ちゃんの頑張りを考えれば屁でもない!!


それに、@が経験したことを思うと辛いなんて言ってられない。


@は気持ち悪くても、それを訴えることも出来なかったし、吐いても自分で処理できなかったし、痰や唾も自分で出せなくて吸ってもらってたし・・。寝返りも自分で出来なかったし・・。


今日は採血のときにあまりの脱水のため血が出ずに困った。採血が終わるのに30分もかかった。途中手はしびれるし・・・気持ち悪くなったりもした。

その後点滴のときは、血管が痛くて痛くてたまらなかった。看護婦さんが温かいタオルを持ってきてくれてからはどうにか痛みも治まった。


こんなのも、、、@の経験したことを思い返すと・・辛くない。

@はずーっと点滴の針がささってて、一度点滴漏れをして手が真っ黒になったこともある。青じゃなくて、真っ黒。かなり痛かっただろう。採血だって1日に何度もとって・・・うまく血がとれなくて針のところをちょこちょこ押したり引いたりしていた。きっと・・痛かっただろうな・・・。


ほんと、ツワリがどんなに酷くても@のことを思うと平気。


旦那様も風邪でしんどくても@のことを思うと、自分は自分で咳ができて、痰がだせる。だから平気・・って言ってた。


@に勇気付けられてる・・。そんな気がする。

13日の夕方、旦那様がやっと帰ってきてくれました。

旦那様のいなかった9日間は@のこと以上に旦那様を想う日々でした。

これも良い経験だったかもしれません。


旦那様は風邪が治ってなくて、咳がずっと止まらないのに・・・帰って早々、

犬を風呂にいれてくれて

散歩に行ってくれて

掃除をしてくれて

たまっていた皿洗いをしてくれて

ゴミをまとめてくれて

・・・・・

私が言わなくてもぜーんぶやってくれました。


ほんと・・・優しいです。


昨日はやっぱり吐きまくり。

今日も朝のポカリも昼の緑茶も全て吐きまくり。


明日健診日なので心拍が確認されることを祈ってます。

で、明日は点滴してもらわなくっちゃ・・・。

点滴2回目

テーマ:

昨日の点滴が効いたのか??

昨夜はヨーグルトを食べることが出来ました!!ヤッター!(^.^)>(^.^)>\(^_^)/


調子に乗って今朝はグレープフルーツジュースを飲みました。


で、朝一で病院に行って点滴をうってもらったのですが・・・


点滴中、動悸が激しくなり・・・。


点滴が済んで起き上がったとたん、気持ち悪ーーーーーーーーー(/||| ̄▽)/


トイレまでの道のりが長いこと・・長いこと。


やっとたどり着いたら・・グレープフルーツジュースぜーんぶ出ちゃいました。(´;ェ;`)ウゥ・・・


帰宅後、気分はまあまあいいのだけど、食べるのが怖い・・・・。


飲むのも怖い。


でも吐いても仕方ないから食べてみよっかな・・・。飲んでみよっかな・・。



今朝9時に妹が迎えに来てくれました。

いざ、@んち・・いえいえ、病院へGO。

月曜日だからかなり混雑していました。

3階の産婦人科まで行くのもフラフラ (((。o・))))((((・o。))) メマイガ・・・

ここは基本は予約制なので今日は予約外受付ということでかなり待たされました。


初めに妊婦室に呼ばれたのが10時半。

看護婦さんに症状をつたえ・・

「何も食べれなくて、何も飲めなくて、飲んでも全部はいてしまって、体重も減って、おしっこも昨日は3回しか出なかったので、やばいと思って来ました。点滴してください。」

看護婦さんも苦笑いしながら「それは・・やばいね・・」と。

「診察してもらってからになるから、もうしばらく待ってね。」


このもうしばらく・・・が長かった。

待ってる間に何度もトイレに吐きにいき、メマイが酷くなり、動悸も激しくなって、かなりやばい状態だなって思った。

やっと診察室に呼ばれたのが12時。


これでやっと点滴してもらえるのか・・と思ったのに、

「まずは血液検査と尿検査ね。」だと。


血液検査のほうは10分しか待たなかったので良かった。

幸い尿検査もすぐに出せた。


この検査結果が出るまでに1時間かかるという。

もう・・・・待てない。

フラフラ (((。o・))))((((・o。))) メマイガ・・・


そんな私を見て看護婦さんが先生に言ってくれたらしく、

検査結果を待たずにもう先に点滴しておいで・・・と。

おそらく2本必要だろうけど、とりあえず1本点滴したら、結果聞きにまた来てね。ということに。


で、やっと点滴してもらいに・・・。

が、ここでまたしばらく待たされる。

そうこうしてる間にまた吐き気が・・・。

トイレにダッシュ。(かなりよろよろダッシュ)

吐いて出てきたらやっと点滴で呼ばれた。


1時45分。やっと!やっと!点滴!!


1時間後点滴終了。気分の悪さはとれないが、メマイはなくなった。まだ少しフラフラはするけど・・。


で、検査結果を聞きに戻ると

「予想通り、ケトン沢山出てるし、脂肪分解全然出来てないからかなりやばかったね。どうします?もう一本点滴して帰る?」とケロっと言われた。

検査しなくてもこの状態は分かってたっつーの。


その時点で4時だったので、今日は帰ることに。


明日はたまたま妹の健診日だから、また明日も妹に連れていってもらうことになりました。




今日は@のときにお世話になった産科の婦長さんと、ICUの婦長さんに会うことができました。

産科の婦長さんはさすがに私のことは覚えてませんでした。

でも@の病名を出すと思い出してくれましたが・・・。

ICUの婦長さんは私の顔を見たとたんに「「@ちゃんのおかーさんじゃない!!」と、手をとりあってくださいました。二人で涙だしあって・・。

私が次の子を妊娠したことを報告するととっても喜んでくれて・・・

「体に気をつけてね・・@ちゃんのときも気をつけてなかったわけじゃないのよね。分かってるのよ。ほんと・・なるようにしかならないからね。お母さんはできる限りのことをするだけ。お母さんはやったもんね。」と言ってくださいました。涙がとまらなかった。

私が「生きる子だったら・・ただそれだけを願ってるんです。」って言うと

「ほんと、そうよね。信じるしかないわよね。@ちゃんがついててくれるわよ。」って言ってくださいました。

すごく嬉しかった。

@が旅立つとき私は「いやだー」って泣き崩れた。

それを優しくなだめてくださった婦長さん。

いつもいつも私がどうしようもなくなったときには優しく声をかけてくださった婦長さん。

また今日優しく声をかけてくださって・・。

涙がとまりませんでした。

婦長さんは本当は去年定年退職されたのだけど、もう1年嘱託で総合受付をすることになったそうです。

もしもこの子が無事に生まれてくれたら、、生きる子だったら、、婦長さんに抱っこしてもらおう。

一つ夢が出来ました。



吐きつわり

テーマ:

7日から吐きツワリに変わった。


コメントのお返事できなくてすいません。


何にも食べれず、何にも飲めません。


飲んでもすぐに吐く。


ポカリがきれたので、アップルジュースとコーヒー牛乳と緑茶を一口ずつ口に含むようにしています。


体重もこの2日で3キロ減りました。


明日妹に病院につれていってもらい、点滴をしてもらうつもりです。


@のときよりこれでもダイブ楽。


ただ旦那君がいないのがものすごい心細いです。

きもちわるーーーーーーい

テーマ:

夜になると調子がよくなるのに・・・・


日中はどーーしても気持ち悪い。


食べて食べて・・食べまくる。


吐き気がするのに吐けないーーー!!


吐けてもちょっとしか出ない。


だからやっぱり気持ち悪ーーい。


今日は2ブヒ子の散歩は義母さんが行ってくれました。ありがたい。


夕飯も差しいれしてくれました。


義母さんの差し入れはとっても美味しい!!


いつもこの差し入れを食べると調子が良くなる。


この気持ち悪さは赤ちゃんが体作りをがんばってる証拠!


一緒にがんばろうね!!

妊娠報告

テーマ:

@ママ日記ではまだ妊娠のことを打ち明けていない。

@ママ日記は私や旦那様の友人や親族が読む可能性があるから・・・。


身近な人に妊娠を報告すること・・。

出来れば・・無事に生まれて母子共に健康ってことが分かってから報告したい。


もともと慎重派な私は@を妊娠したときも安定期までは誰にも言わなかった。

その後も、自分からは打ち明けず、たまたま会ったりした友達にお腹の大きいのをみて驚かれたりしていた。

そうすると、驚かせるのが楽しくなって会ってない友達にはそれこそ生まれてから、赤ちゃん連れて会いにいこうか・・と思っていた・・。


今回は違う意味で生まれてからの報告にしたい。

妊娠中は安定期に入ろうが不安はなくならない。

臨月に入っても不安はなくならない。それどころか不安が大きくなっているだろう。

だから・・大事な友人とはいえ・・言いたくない。


でも、今月、結婚式に招待されている友人がいた。彼女には言わなきゃいけないな・・と思っていた。

昨日、丁度彼女から電話がかかってきたので打ち明けた。

彼女も妊婦。・・・で、彼女は@のときに私の気持ちに寄り添ってくれた子。

だから・・私が妊娠を打ち明けたときの彼女の言葉はとても私の気持ちを分かってくれているものだった。


「そうなんだ・・・おめでとう。・・ちゃんと無事に育つといいね。二人とも無事に生めたら同級生じゃね。」と。


妊娠したら生まれるのがあたり前って考えじゃない。命の尊さを分かっている言葉にとても安心した。


ヤワラちゃんのように妊娠したらもうママになるのが当然って想ってる人がうらやましい。

私も本当は妊娠したことを手放しで喜んで友人たちにも報告できたらな・・・・というか・・そうはなれないけど、そういう人を見るとうらやましいな。


今週の土曜日に従兄弟の結婚式にも招待されていたので、伯母にも電話で報告せざるをえなかった。

伯母も「そう、良かったね。体を大事にね・・・」とソット喜んでくれた。

気遣ってくれてるのがすごく分かった。


どうかこの子が育ちますように。

次の健診で心拍が確認されますように。

必ず会えますように。


いつか堂々と皆に出産報告が出来ますように。