鎌倉幕府を攻め落とした武将・新田義貞の故事に由来する「鏑矢(かぶらや)祭」が8日、挙兵の地と伝えられる群馬県太田市新田市野井町の生品(いくしな)神社で行われ、市立生品小学校6年生の男子児童約60人が、青空に向かって勇ましく矢を放った=写真。

 祭りは、元弘3(1333)年5月8日、義貞が同神社で倒幕の旗揚げをした際、鎌倉のある南西方向へ向け矢を放ち、戦の吉凶を占ったという伝承にちなむもの。児童らは、鉢巻きにはかま姿で登場すると、号令に合わせ、一斉に弓を引いた。

 この日のために練習を重ねてきたという渋沢和君(11)は「伝統行事に参加できたことはいい経験になる。矢もうまく飛んでよかった」と満足げだった。

【関連記事】
人馬が土壁越え豊作願う 多度大社で「上げ馬神事」 三重・桑名
鳥取で「こいのぼり流し」
海に足浸し成長願う 奄美大島で「新浜踏まし」
鬼太郎、ガンダムも登場 鳥取の法勝寺一式飾り
三重で上げ馬神事 審議委視察、転倒死「問題なし」
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

「次女の看病の心地よさ」から犯行へ 点滴混入事件(産経新聞)
桑原武夫学芸賞に坪内稔典氏(時事通信)
現生人類とわずかに混血か=絶滅のネアンデルタール人-国際チームがゲノム解読(時事通信)
介護が政治に望むこと(3)「地域での小規模多機能、求められるのは当然」―小規模多機能連絡会・川原秀夫代表(医療介護CBニュース)
管理栄養士国試の合格率、32.2%(医療介護CBニュース)
AD