舛添要一・前厚生労働相の記者団への発言は以下の通り――

 (離党・新党結成の)詰めを今している。あらゆる可能性を模索してきたが、新党を作るに当たり、党の名称が保護される期限の5月2日がタイムリミットだと思い、そこに間に合うように色々な政治家と真摯(しんし)に議論を続けてきた。あとは時間の問題だ。5人以上と話をして、ほとんどの方に賛同を得ている。

 私が党首になるから、「舛添新党」という話だ。(離党の意向は)正式に決まれば(自民党執行部に)伝える。

 政治とカネの問題でこれだけ閉塞(へいそく)感があるので、清潔な政治を目指さないといけない。日本が沈没しそうなので、外交、安全保障、経済をきちんと立て直さないといけない。何よりも、鳩山内閣を打倒することだ。国民の期待に応えられるように準備を進めている。

高速料金 制度再検討 値上げ幅の抑制が焦点に(毎日新聞)
市長室のガラス扉紙で覆う…阿久根市長指示(読売新聞)
純金や銀のミニチュアかぶと展示販売(産経新聞)
<強姦致傷>異例 さらに10年求刑 強殺未遂で懲役25年(毎日新聞)
<足立火災>重体の女性死亡(毎日新聞)
AD