自民党の大島理森幹事長は20日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、滝野欣弥官房副長官が鹿児島県・徳之島の3町長に電話し平野博文官房長官との会談を要請したことに関し、「鳩山内閣には真剣に打開しようとする手法もなければ、信念もない。移転先といわれる方々を愚弄(ぐろう)している」と述べ、首相官邸が地元との対応を事務方に委ねたことを厳しく批判した。
 その上で「(5月末までの決着が)できなかったら、もはや鳩山由紀夫首相ではこれは解決できない。お辞めになることが国益だ」と強調した。党本部で記者団に語った。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<村本さん死亡>撮影の映像に別の配信映像 日テレが誤使用(毎日新聞)
熊本・人吉 まさに幸福、SLや「日本三大車窓」癒やし系の鉄道旅(産経新聞)
エア・ドゥ機が羽田引き返し=異常表示で右エンジン停止(時事通信)
消費税率、11年度から上げ提言=「毎年2%」-持続的成長に不可欠・経団連(時事通信)
<鳩山首相>「さくらの女王」ら表敬(毎日新聞)
AD