農林水産省は23日、昨年2~3月に愛知県内のうずら農場7戸で発生した弱毒性鳥インフルエンザに関する疫学調査チームの最終報告書を発表した。ウイルスはH7N6型で国内初検出だったが、感染経路は特定できなかった。ウイルスの侵入時期も不明だが、かなり前にうずら農場へ侵入したウイルスが発生地域の農場間で維持されていた可能性を指摘した。愛知県の鳥インフルエンザは昨年7月までに終息している。 

【関連ニュース】
強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル
新型インフルの臨時接種も制度化=提言受け、法改正へ
下水処理水を輸出=中東などの農・工業用
台湾からの鳥肉輸入停止=農水省
山形で豚が新型インフル=国内2例目

<医療事故>投薬ミスで寝たきり状態、病院に賠償命令 岡山(毎日新聞)
普天間、海兵隊移転に影響も=岡田外相(時事通信)
羽田空港 濃霧で82便欠航…2万人超に影響(毎日新聞)
首相動静(2月18日)(時事通信)
予算委員長の解任決議案を否決へ(産経新聞)
AD