北海道砂川市が市有地を神社の敷地として無償で使用させているのは憲法の政教分離原則に反するなどとして、住民が違法確認を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は20日、市有地の無償提供を違憲と判断した。その上で、違憲状態を解消する方法についてさらに審理するよう、二審判決を破棄し、札幌高裁に差し戻した。
 政教分離原則に関する最高裁の違憲判決は、1997年の愛媛玉ぐし料訴訟に次いで2例目。 

<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
水俣病未認定訴訟、和解勧告へ=原告、被告双方が上申書-熊本地裁(時事通信)
水夏希さん退団へ=宝塚歌劇団(時事通信)
石川議員元秘書、資料を隠してなければ「小沢先生含め全員逮捕だ」(産経新聞)
外務省官房長に木寺氏(時事通信)
AD