教えて!星子さん コーナーにたくさんのご質問ありがとうございます!!


お答えできるものから順にお答えしていきますねー


ミッキーQ紫ミッキーQ紫ミッキーQ紫


いつも楽しく、拝見させて頂いております。とても勉強になります。

もうすぐ産後6ヶ月になり、産後痩せやすいと言われる時期を迎えようとしています…が!!まだ妊娠前プラス4キロも戻りません。。どうしても間食がやめられないのですが、母乳にもイイおすすめのおやつはありますか?


ピーナッツは母乳中はアレルギーの原因になるので良くないと聞くのですが本当ですか?また、アーモンドやクルミなどが入ったミックスナッツは授乳中の間食として頻繁に食べても大丈夫でしょうか?

よろしくお願いいたします



ミッキーAピンクミッキーAピンクミッキーAピンク


ふむふむ


まぁ、私の感覚としては


産後半年過ぎたら痩せやすい、というよりも、産後半年までは痩せにくいから気にするな!という感じですかね


私も確か産後半年くらいの時は体重戻ってなかった気がします


だから、半年たったら痩せやすいかといったら、、、、人による?(←元も子もない(笑))



どうも見ているとですねー、ストレスがある人(いろいろ我慢して頑張っちゃう人)はどうしてもストレス解消に食べちゃうので、痩せにくそうな感じがしますねー


だから、産後のダイエットは、「言いたいことは我慢せずに言う!」みたいなことの方が効くんじゃないかなぁと思うこの頃・・・




とはいえ、私も、ふーちゃんの時はそうでもなかったんですが、みーちゃんの時は食欲すごかったです


毎日おやつ作ってましたもん


こんなのとか ⇒ 米粉蒸しパン (でもレシピのリンク先が消えてしまっています・・)

産む力を育てる助産師の整体【あったかい手】@福岡-121101_212300.jpg



こんなのとか ⇒ パウンドケーキ

レシピはこっち ⇒サツマイモきなこパウンドケーキ


あったかい手~産む力と産まれる力~ ちいさな幸せのつくりかた【助産師の産前産後整体@福岡】-Image797.jpg


こんなのとか ⇒ スコーン (レシピあり)

玄米粉のスコーン (レシピあり)


産む力を育てる助産師の整体【あったかい手】@福岡-121119_101812.jpg



ほんとに毎日のように作ってたもんな!私暇だったんだな(笑)



ふーちゃんの時は、食欲はそれほどでもなかったけど、甘いものを欲していたので、こんなの作ってました ⇒ ライスミルクできなこプリン



母乳にいい!というなら、お米とかお芋とかになっちゃう(笑)



確かにねー、ナッツ類はアレルギーの心配を言われることあるんですが


私は、卒乳していきなり食べさせる方が心配なので、おっぱいで一度ろ過?(←なんか違う(笑))して体内に入れて覚えさせておきたい派


おっぱいを通してならば、もしアレルギーがあったとしてもいきなりアナフィラキシーショックとかになる確率はかなり減るのではないかと思っています


それでももし強いアレルギーがあるなら、肌荒れとか、赤くなるとか反応するだろうから


始めは少しずつ


赤ちゃんに何も出なければ普通に食べていていいのではないかと思います



私もですね、みーちゃん産んで3週間したころ


むしょーーーーに甘いもの、しかも黄な粉が食べたくなって


ちょっとおかしくなったんじゃない?ってくらい黄な粉食べてたんですよ


そしたら、みーちゃんの肌が急にカサカサしてきてビビったの⇒おっぱいと食欲



だから、どれも偏ってそればかり食べすぎるのは注意です



でもねー、おっぱい中って、やっぱりすごく栄養を吸い取られているのよね


必要な栄養素を


だから、よっぽど若くて健康体でないかぎり、母の身体はスカスカになる


抜け毛がでたり肌がカサカサなったり、爪が弱くなったり



だから、できれば栄養素になるおやつ入れたいですよねー



私、次の産後もきっとナチュロパスなみさんのところのオーガニックおやつにお世話になるんじゃないかな


オーガニックエネルギーバー (少量で満足できます)


オーガニックドライフルーツ


オーガニックグラノラ (これはまだ食べたことないけど)


オーガニックプロテインパウダー (このチョコ味とか、けっこう甘いのですよ、甘いの欲しい欲求を満たしてくれるんですよ、なのにプロテインだからうれしい)



まぁ、食べすぎたら太ると思いますけどね(笑)


でも、海外からの取り寄せだし(←でも簡単です)、ちょっと値段はするからドカ食いできないのもいいところ(笑)


お腹が空いたときに、ちょっとかじるだけでも空腹感は飛んでいきました



私が次妊娠したとしたら、やっぱり栄養問題はかなり切実


だって産んだ瞬間に老けたくない(←アラフォーになってきたのでそろそろ危険)


産後もきれいでいたかったら、授乳中の正しい栄養補給はかなり大事だな、と2人産んでひしひしと感じているところです





あっ、ですが、痩せようと思ったら、やっぱり動くのが一番です


育児中は疲れる割には身体を動かしていない


重いのいつも抱いているけど、大したカロリー消費にはならない


なので、子どもと一緒に踊るとか


なんか好きな人のミュージックビデオでも見ながら(笑)


そんな楽しく体動かすの、お勧めします



 

星星星教えて!星子さん 聞きたいことはこちらから どうぞ星星星











カエル sao☆ お天気サンサン watermelon* 金魚 海。




【人気のテキストご購入はこちらからどうぞ】


★「妊婦さんのお腹の張り対策BOOK ~妊婦生活をより快適にする方法」

赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても快適な妊婦生活を送るために、妊娠する前から知って心がけるだけで変わることがたくさんあります。

妊娠する可能性がある方ならどなたにもおすすめです。



★「子どもの病気のみかた」


子どもが熱を出したらハラハラしますよね。でも熱を出すのも理由があります。

「熱が出たらまず病院!」「風邪をひいたら風邪薬!」と思っている方にはぜひ読んでもらいたいと思います。

薬の使い方次第で、子どもの身体は強くも弱くもなってしまいます。子育てもお守りにどうぞ。

免疫力を上げる子育ての方法もたくさん書いています。


★「産後1か月 リハビリBOOK」


産後の過ごし方のコツをぎゅっと詰め込んだテキストです。

知っているか知らないかで、数か月後の身体は全然別物になります

妊娠中から準備しておくことをお勧めします




IMG_20160531_092003854.jpg




おすすめシリーズ

○妊婦さんになったらどんなことに気をつけたらいいんだろう 妊婦さんのからだ作り

○なんでつわりがあるんだろう、なんとかしたいと思ったら、つわりシリーズ

○妊娠中に、整体を受けたらどうなるんだろうと思ったら、私の整体的妊婦生活

○自分が冷えているのかどうなのか、冷えってよく分からない、と思ったら、冷えシリーズ

○女の人に、ぜひ知ってもらいたい骨盤のこと、妊娠、出産に影響します 骨盤シリーズ

○特に妊婦さんになると、冷やすなと言われるのはなぜでしょう 妊婦さんと冷えシリーズ

こちらは動画でお話しています

○産後の回復のためには、安静が大切です 産後寝たきり生活のススメ
○産後のカラダと妊婦生活についてさらに詳しく 産後シリーズ