もうすぐハロイン!

テーマ:
さぁ、いよいよ今週末に迫ってまいりました

REASTERISK企画「reincarnation vol.7 Halloween Special」

恒例となったリアスタのハロウィンも今年で4回目です。
今回も出演者全員で仮装します!
お客さんも是非仮装して来てくださいね!

{C7D73593-644E-4F35-A1B4-3C68584EADB1}
*vol.6.5となってますがvol.7の間違いです。




今回の顔ぶれは
まず
仙台よりFROZEN CAKE BAR



彼らはreincarnationにはほぼ毎回出演してもらっています。
山形に呼んでもらったり、一緒に大阪でライブしたりと思い出もたくさんあります。

12.16目黒鹿鳴館のワンマンライブを持って一旦活休に入ることが発表されてますが、共に頑張ってきた仲間としては非常に寂しい。
しかしまた必ずパワーアップして戻ってくるとの事だから楽しみでもある!!






そして
滋賀よりRosario Ark



去年の6月くらいに初対バンして、その後琵琶湖で行われたバンドマンバーベキュー大会に参加した際に仲良しに!笑
ロザリオのリーダーTUOYEさんとウチのリーダーこーた氏が激似!兄弟説もあるw
それ以来何度も対バンして、先月には名古屋にてロザリオとウチのツーマンをやりましたね!
今からボーカルYUE様の仮装も楽しみです!!






そして海外より(?)Makorn



今回のオープニングアク◯(プンスカ!するので敢えて伏せ字!笑笑)
彼らはKORNのカバーバン◯(プンスカ!するので敢えて伏せ字!笑笑)で、今年の6月に俺のバースデー企画で誕生したバンドです。
当初、ベーシストのJUN氏のバンドが解散した時に「彼を遊ばせてはいけない」との神のお告げがあり俺が無理矢理組ませたバンドのハズが、なんという事でしょう、なんとも楽しそうではありませんか!!
メンバーも百戦錬磨のバンドマンで構成されており、何故かグッズも充実!!
次はいつ見られるかわからないので必見ですよ!





と、まぁマジで見逃せないイベントとなってます!

ウチとしてもこの日限りのお楽しみをいろいろ用意しておりますっ!!お願い


1つ、言えるとしたら
今回の出演者全員
俺の心の友しか呼んでません!


またジャイアンて言われそう…💧


{E71EB376-C87F-464E-A7AF-9D19AFEF3994}



チケットはこちらから!
AD

ナナコシステム。

テーマ:
今日はリアスタリスクのボーカリスト、nanaの機材を紹介します。

nanaの機材は、全てこのハーフラックケースに収まっております。
{840A9D91-7ECB-4442-A408-43E5D253AAD4}

フタを開けると中はこんな感じ。

{A4713F7E-F2A2-4698-B6B6-EAE9CB70CA5A}

正面、上から

SHURE P3TJR112GR-JB (ワイヤレスイヤーモニター)

LINE6 XD-V75 (ワイヤレスマイク)

BOSS VE-20 (ボーカルエフェクター)


となっております。

{2C737079-483F-4F59-9A61-EA0A06623130}

ボーカルエフェクターのVE-20です。
これで1人でリニアにハモったりケロケロボイスにしたり、残響系かけたり色んなエフェクトをかけられます。
VE-20は足元で操作するため、取り出してそのままボーカルの立ち位置まで引き伸ばしてきて設置出来ます。
配線が電源ケーブルと抱き合わせてありますが、ステレオのキャノンケーブルなのでノイズの影響はないです!


{5C294C87-DAB0-44F4-962F-2F097AC74F88}

ラックの裏側です。
ここで全ての電源を纏めて1つにしてあります。
会場のコンセントにプラグ1つ挿せば全てオンになりますー!
機材音痴なnanaでも即セッティング完了w

ハンドヘルドのエネループの充電もここで出来ちゃうのだ!
エティモティックの耳栓も見えますw


{2302C8DE-DDE6-4C2B-B907-C3A6AC785C7B}


イヤモニ送信機から出てるケーブルはprovidenceのフォーン・キャノン変換ケーブルです。
会場によってモニター回線がどちらの場合でも対応できるようになっております。


{DC5CDC87-3D7F-4BBA-A9BF-747D1DD8AECE}

こちらはワイヤレスマイク。
・Shure SM58
・Shure Beta 58A 
・Shure SM57
・Sennheiser e 835 
・Sennheiser e 935
・AKG D5
・Audio-Technica AE4100 
・Audix OM5 
・Electro-Voice N/D767a
・Line 6 custom-voiced 
実に10種類のタイプのマイクをモデリングしてあり、会場やその日の声の調子によってSM58やらゼンハイザーやらに変えられます。
びっくりするほど高音質!
nanaはSM57な事が多いのかな?


{007CD78B-7B35-44A1-A805-8F0DD5C883FA}

んでこれがイヤーモニター受信部。
腰につけてるやつね。
ここから出てるイヤホンで自分の声や、バンドサウンドをモニターします。
その場で任意で音量も調節出来るし、返ってくる音の質が高いのです!
広い会場ではマストアイテムですね~。


{8E976109-6B04-4132-975C-B4084FD2E1A1}


オマケのお立ち台。
チビ…いや、決して背の高くないnanaはこれによってお客さんによく見てもらえるようになっております!笑
これね、見た目以上に頑丈で、写真のようにジャンプしても大丈夫です。



このオリジナルなラック、結構試行錯誤して作ったのですが、実に実戦的でコンパクトに出来たと自画自賛してますw


真似しても良いですよー!\(^o^)/



AD
こんちわ!
リアスタのアツシクスです!
今年のゴールデンウィークは3本のライブがありました。

まず5/1名古屋栄tightrope。

盟友Rosario Ark主催の不夜城です。
前日の夜に東京を出発、朝方には到着して温泉に入り、仮眠して準備万端!

{1377914E-0207-4A1E-9CA2-D79DEDC5807E}

ライブハウスに着いてリハーサルを終え、アパホテルのランチ!!
{04435DD7-A11B-465B-A6C5-70031E1FB2D0}

いやー、今回3度目の名古屋、しかも栄は初でしたが、なんたってお客さんが熱いっ!!
待ってたよ!って言われてるみたいですげー嬉しかった!!

後でDVD見たら俺、いつもの3割り増しくらい暴れてたw

{703924CF-A92C-4261-BEE1-CAED9446E41D}
共演したSIX SENCEのマユちゃん
{2C67752D-242B-4E8B-98A0-C2DED2E0DC82}
天燐のヨッシーとジンサバポーズ!

今回、翌日に帰らなくてはいけなかった為日帰りでしたが、7月また行くのでその時はゆっくりしたいなー!


そして4日は吉祥寺音楽祭!
何と吉祥寺駅前特設ステージにて野外ライブ!!

{31E9E710-9771-4890-9DB6-FEC15F51B404}

いやー、初の野外ライブ!
気持ちいいー!!


{F8EFC049-88A8-42DE-829F-4C3070970FD8}

超絶可愛い司会者さんと1枚!


当日雨予報90%、天気が心配されてましたが、俺は晴れ男ぶりを遺憾なく発揮、見事な晴天に恵まれました!
ツイッターにて「吉祥寺の修造」なる異名を頂きました。

当日の様子がアップされてました!


そして、ゴールデンウィークの締めくくりは、
ノンリニアメタルダイナ…
あ、nlmdxです!w
EXTRA EDITIONて事で川崎クラブチッタ!
{F2A208EA-7754-435E-8EC0-59CF4C5FD806}

有難い事にリアスタは去年に続き2年連続の出演!
個人的には3回目のチッタ!

{3617FA84-333F-4CBC-AA8D-A0889F05D093}

{C73F155F-5DD3-470A-8D2F-D1D482DF4E2E}

やっぱり音が素晴らしく良いすわ!
広い会場なので残響系のエフェクターの設定を変えましたが、ディレイ音が超気持ち良い!

ライブの様子はナナコもブログにアップしてます!


{3B61B545-F253-49E5-A3AA-CC5BB7212F0C}

ねー!
広いでしょ!笑


{7A858814-5880-4A2C-A27C-D03753F5078A}

仲良しバンドマン達もたくさん居たので楽しかったー!


{664AD852-D115-4025-8EC4-A0370B844933}

記念撮影をステージ側からw

ライブ後はチッタの上にあるバーで打ち上げ!

{81CEEB4E-42FF-40F0-A23C-571784E5F122}

またやっちゃいました、DJ atsusix!
一部では洗脳DJと呼ばれるくらいアクの強い選曲ですw




そんなこんなでゴールデンウィーク、ライブ週間終了いたしました。

関係者や対バンの皆様、そして足を運んでいただいたお客様にマジ感謝してます!


いやーホントに楽しかったー!



そして俺は死んでる体をリハビリ中でございます…。
あー、腰痛い。喉痛い。。・゜・(ノД`)・゜・。

AD

ワソマソ終了っ!!

テーマ:
昨日は吉祥寺クレッシェンドにてREASTERISKの1st album「GENE TO SURVIVE」レコ発ワンマンライブでした。


{FC6B3337-12C2-4680-82DE-D890A2D85D38}
ファンの方々から綺麗なお花が届いてました!
こういうのホントに嬉しいなー!

{522E7DBF-0B0A-4586-9927-B85AF95C7068}
スタッフ&リアスターさん達からはバルーンを!
デカいっ!!
素敵すぎる!
メンバーの名前やメッセージ入りで感動っ!

気持ちのこもった差し入れも沢山沢山いただきましたー!!!


みんなありがとうっ!!!

{87F6B833-8050-4B5F-8E55-B9B4B2AA9311}
ギター達もメンテし、みっちり音づくりもしてきたので最高の状態で準備万端っ!!

{4345AC58-695D-47A0-99A4-2E495BA2BCCC}

ステージの後方にはキラキラ装飾してみました!
「昭和!」との声もっ笑
だって昭和だもん!w

{5BA4E001-2F99-4DC1-9D03-E0077529B8B4}

有難い事にこの日は事前にチケットがソールドアウトしていた為、ある程度予想はしてましたが、まさに会場はパンパン、熱気ムンムンでした!
仙台、福島、滋賀、大阪、名古屋、静岡などから遠征していらしてくれたお客さんも!

{F9FF640E-5D10-4F52-BDE7-1574C0DF10E2}

名古屋のボス、クマさんのミートドック!
笑っちゃうほど即完売してました! 

{45D4F760-46F4-4E89-8E1F-8CB3C973CF07}

{EEC395A8-A402-4990-951A-128861E464A8}

途中、KTのコントラバスと俺のアコギでのアコースティックタイム

{8C04E38F-A801-4001-B1C5-994DEDCC0E23}

各パートソロタイム!
まさかのファンクインスト笑
アドリブは緊張するわーい!


{DC0C8EF5-24E0-4F2B-9740-E5D924753BDE}

engraver演奏中断→careyからnanaへの手紙朗読、で感動モード!

{575EA69C-CA68-4FB0-A937-5B647EC89A7E}

engraverの演奏スタートで、まさかの本人登場!!
まさかの競演!!
マレーシアから遥々駆けつけてくれました!
サプライズ仕掛ける側の俺も超感動! 

実は半分この為にブログを頑張ってましたw



{FD330E04-E7E5-46BC-8E99-CAA50F9DD8B6}


最高という言葉が薄っぺらく感じるくらいに盛り上がりました!!
ダブルアンコールもありがとうございましたー!!!
全21曲やりきりましたー!!


{25F69643-39EF-4190-8D2A-5DBD01B3A0B0}

{FEE4C6AB-A1E3-4D2A-ACAF-874C8CE6E96C}

{1831D67A-21CD-4A71-859C-86CE45780570}

最後はnanaへのバースデー&ケーキヘル!!


その後は朝まで打ち上げ!!
総勢40人!
楽しかったー!!



本当に幸せな1日でした!
14歳の時に初めてギターを手にしてから初めてのワンマンライブ。
19歳からこーたと共にバンドをやってきて初めてのワンマンライブ。
REASTERISK結成してから事あるごとに目標にしてたワンマンライブ。


ここに集まってくれた全てのお客さん
いつも駆けつけてくれるリアスターさん達
常に刺激しあえるバンド仲間達
クレッシェンドのスタッフさん達
スタッフのゆうちゃんとつばさちゃん
carey、そしてメンバー
ありがとう


本当に応援してくれる皆さんのおかげです!
ありがとうございましたー!!!




{476AA3DD-0153-4808-BEE2-3F212402769D}

{DAEA9DBE-423C-4DA6-B5EB-AE6D88A61B52}




さぁて、これからだぜ!!!



atsusix


振り返りラストー!

そうなんです、nanaはボーカリストになり喉を酷使してたので声帯結節ができてしまったのです。
放置しておくと声帯を圧迫して良いことないので手術して切除することになりました。

当然、しばらくは声をだせないし、ライブ活動はストップしました。
恐らく本人が1番悔しかったかと思います。
声の出せない期間は筆談してましたねw
わざと笑わせたりしてごめんだったねーw

手術前に大阪へライブしに行った時は声帯結節の為、あまりうまく歌えず悔しい思いをしたのですが、翌年大阪へライブしに行った時は見事リベンジを果たすことができて嬉しかったですねー!

復活してからはレコーディングにも望み、ついにファーストフルアルバムを出す事が出来ました。
来る日も来る日も曲作りして、あーでもないこーでもないとメンバーみんなでこねくり回した自信作になっております!!
曲作りに当たっては、メンバーみんな、特に同じギターのマコちゃんには無理難題を押し付けてばかりでしたが、文句も言わずいつも大きな愛で受け止めてくれることには感謝しかないねw

バンドってさ、メンバーってさ、運命共同体だと思うのね。
だから俺以外の4人をREASTERISKに引き入れた俺は大きな責任みたいなのを勝手に感じております。その人の人生を変えちゃってますからね。特にnanaとKTの若手2人には、もしリアスタに来てなかったらもっと楽しい人生が待ってたんじゃないかとかね。
ま、みんなは好きでやってると言うけどね。
だから俺とバンド一緒に出来て良かったと言われるようにもっともっとREASTERISKをデカくしたい!もっとたくさんの人に聞いてもらいたいね!


なんだかんだ色々なことがありましたが、REASTERISKはこれからも突き進みます!


とりあえず、ついに明日だよ。

ワンマンライブ!!!
ファーストフルアルバムのレコ発!!!
nanaの聖誕祭!!!

めでたい事づくし!!


メンバー全員で今迄の全て出し切るからみんなで見届けてくれよっ!!

{1FC253F0-3C25-4373-873A-CEC5B9345896}


REASTERISK始動。

テーマ:
REASTERISKの歴史シリーズの続きですー!


スタジオに向かう車の中で、こーたの元に届いたnanaからの応募音源(inchwormのaimという曲をアカペラで歌った音源)を聞きましたが、それ聞いただけで只者じゃない感が漂ってましたね。

初めて会ったnanaはすごく緊張していたのか、1人でめっちゃ喋りまくってましたねw
でも俺は(こんなに緊張してたら多分力を出せないだろうなー)と思ってました。
しかし、いざ演奏初めて歌い出したら実に堂々と、まるで別人のようになりました。
ま、ここであんまり褒めるのもアレなんで割愛しますw

ひと通り曲を合わせたけど、メンバー全員文句なしでオッケー出ましたね。
その後本人に、一緒にやろうと伝えるとその場でわんわん泣いちゃってどうしようかと思ったよw

後で聞いた話ですが、nanaはどうやらinchwormの音源を聴いて、そのcareyの歌に衝撃を受けて応募してきたらしいのです。
私もcareyさんのようになりたいという思いが募り、でも自分はバンドで歌うなんて初めてだから無理かな、でもやらないで後悔するよりはとダメ元で応募してみようか、かなり悩んだ末の決断だったのです。全然知らない世界の話です、多分本人なりにかなり勇気のいる決断だったのでしょう。だから自分が合格となった時自然と涙が溢れてきたそうです。


いよいよリアスタリスクが始動しました。



しかし、nanaは始動直後から壁にぶつかります。

「見に来るお客さんはcareyさんじゃない私を受け入れてくれるのだろうか?」

初期のnanaはcareyの幻影を追いかけてました。

周りがいくら「nanaはnanaらしく行け」といったところで本人が吹っ切れないと変われません。
まだこの頃は恐らく自分に自信が持てなかったのでしょう。
意識しないようにと思えば思うほど逆に意識しちゃうやつですな。
一度も会ったことのないcareyと言う前ボーカリストの存在と自分の中で闘っていたんだと思います。
でもその後、自分らしく歌えるようになっていっったのは、影で努力していたんだと思います。やはり負けず嫌いなのでしょうねw



さぁて、忙しくなるぞ!と。

俺は久しぶりに曲を書いた。
そしてライブ活動も再開した。
冬眠から覚めたカエルの気持ちだった!笑

このバンドにはメンバーが全員、手応えを感じていました。だからこーたはまた最前線に出てバンドの舵取りを買って出たのです。
メンバーそれぞれ向き不向きがありますが、自然とそれぞれの役割が出来ました。

ライブも試行錯誤しながら、少しずつではありますが徐々にお客さんも増えてき始めました。
そんな、まさにこれからの時に事件は起こりました。


ある日、nanaの声が出なくなったのです⤵︎



続く~!

{ECFA88A3-C778-4629-A52F-ABB106D7ED39}



苦悩な年月。

テーマ:
おっす!今日もヒストリー書くぜ!

昨日探してたらこんなの見つけたのさ、懐かしすぎるのでアップしてみました。

これとか

これ



そう、careyが脱退したの今から7年前ですねー。
おれ、その時のことブログに書いてるわw

こんなとこにね

ま、今だから言えるけどcareyは結婚して、後に旦那さんと海外に移住することになったんだよね。
現在はマレーシアで日本料理店をやってますので、行った際は是非!w

んでね、その後新しいボーカルの子を入れて続けるのですが、やはりなかなかうまくいかずついにこーたがやめると言い出しました。
もうね、何度も説得したけど無理でしたねw

そん時のブログ

残された俺は半分、いやほぼ意地だけでinchwormを続けました。
なんか俺までバンドをやめてしまうと自分の今までの人生を全て否定しちゃうような気がしてたんだよね。
新しくドラムを入れて、当時よくライブに遊びに来てた現在の相方ギタリストのマコちゃんも入れてツインギターにして、ベースもいろんな人に手伝ってもらって…。

だけどね、その時になってはじめて俺がメンバーをまとめるのをやったんだけど、まぁすごく大変で、練習にスタジオ入る日程すらすり合わせることができなくてw
ライブのオファーのメールも全然返信忘れてばっかで…。
こーたの偉大さを痛感したねw

この頃になると月一でスタジオに入れればいい方でした。
生活の一部だったバンド活動の比重が日増しに少なくなっていきました。

そんなある日、突然inchwormのengraverを映画主題歌に使いたいというオファーが来たのです。

またとないプロモーションのチャンスです。
しかし、engraverはcareyが歌ってる音源です。
その時のinchwormはその曲はやってませんでしたし、まず全部日本語詩でした。
こーたに連絡してみると『いや、実はそろそろ俺もバンドやりたくなってきたとこだったよ。inchwormと別のバンドで動けばそのチャンスをいかせるんじゃないか?』と言ってました。
正直、これにはテンション上がりましたね。
また、こーたとバンドができると。

当時のinchwormのメンバーはマコちゃん以外みんな他にもバンドを掛け持ちしてやってる人だったので、気の合うマコちゃんを新バンドに誘いました。
ネットでボーカルとベースを募集しました。

ある日、ひょろっとした学生ベーシストが来ました。
普段はジャズバンドやってて、そっちの活動も忙しいらしいのだがこういうラウドなロックをオリジナルでやってみたいとのことでした。
KTです。

最初は、『本当にジャズやってんの?』ってくらい不安な腕前でしたがw
でも多分すごい練習してたんだと思います。そしてそれプラス若さゆえの吸収力!
一番すごい時は一週間ごとに腕が上がってるのを毎週見せつけられて、本当に短い期間でめっちゃ上達しましたねー。


しかし、ボーカルが見つからない…。

応募は来るのですが、なかなか『こいつ!』って人にはお目にかかれず…。
月に1~2人の応募が来て、スタジオで合わせて、みんなで相談→ちょっと無理かな。
そんな日々をくりかえして

気がつけば一年が過ぎました。
KTもボーカル不在のバンドの練習によくもまあ毎週来てくれたもんだと今でも思いますw

俺も、いよいよバンドも潮時か、と思うようになりました。
応募してきたボーカルさんとスタジオ入るのも、またどうせダメだろうと俺だけ休んだりしました。そう、あんなに好きだったスタジオ練習すら億劫になっていました。

そんなある日、こーたから連絡が。
なんでも応募してきた女の子とカラオケに行ったらしいのだが(この頃スタジオにすら入ってなかったw)とりあえず一度スタジオに入ってくれと。
バンド辞めるのはお前の勝手だが、とりあえずこの子を見てからにしてくれと。

こーたが鼻息荒くそこまで言うからには!とスタジオに行くことにしましたが、内心は
俺は今回の子がダメだったらもうバンド辞めようと思ってました。

そして、スタジオに行くとナナがいました。








inchworm期。

テーマ:
反応があると嬉しいから更新するのだー!


ライブハウスの店員の紹介で行った先には、高校生がやってる高校生だらけのイベントでした。
俺とこーたは明らかに浮いていたw
保護者来てるよ、みたいになってたw


キャリーはその中で飛び抜けていました。

終演後、直接交渉してcareyを口説き、inchwormとして活動する事になりました。

活動し始めの頃、careyは思うように歌えず、またステージングもどうしたらいいかわからない状態でした。
ある日、試しに衣装やメイクしてライブしてみたらまるで別人のように素晴らしいステージをしたのを覚えてます。
きっと女性にとってスイッチのようなものだったんですね。
そこからinchwormはゴシック色を増しさらに活動を重ねました。


{655AB822-8375-4CF0-B41E-CA31CF84B552}

(若いなww)


尺熱と言うシリーズイベントを主催して地元八王子を盛り上げるべく、都内のかっこいいバンドガンガン呼んだり、コンテストに出たり、エイジアやチッタでやったのもこの頃かなぁ~。

メンバー間では、まぁ~いろいろありましたなぁw

よく揉めたww

俺なんてcareyに口聞いてもらえない時期とかあったもんなww

ほら、俺さ自分の事棚にあげて人にめっちゃ高い要求するからね~汗

今思い出すとcareyにとってinchwormって楽しかったのかなぁ、と。
多分、悩んだり辛かった事の方が多かったんじゃないかなぁ、なんて思ってます。

careyは1度inchworm辞めてるんだよね。
そして、新しいボーカル入れてやってたら、どうやら「私の方が上手く歌える!」ってなって戻ってきたんだよね!
ホント負けず嫌いなコでしたな。

そっから5.6年くらい活動してたのかな?
ホントいろいろあったし、思い出もたくさんありますw

そしてcareyは脱退する事になるんだよね。
考えもしなかったからショックだったなぁ~。



{DC3F9012-821B-42C0-95D5-3F7A928B036A}









振り返りすく。

テーマ:
昨日に引き続き振り返ってみますー!


こーたとの出会い。
それは共通の友人「おかちん」によるものであります。

おかちんと俺は中学の同級生、こーたとは高校の同級生なのです。

ある日、おかちんと一緒に、パンクな俺はパンクな友人達とくるまやラーメンに飯を食いに行くことになりました。
そして、おかちんは「高校の友達も呼んだ」と言って、そこにやってきたガラの悪い連中の1人がこーただったのです。

当時は所謂「チーマー」と言う不良グループが社会問題になっていたご時世でしたが、まさにこーた達は見るからにチーマー軍団だったのです。
今では考えられないですが、こーたはかなりのロン毛で目つきめっちゃくちゃ悪くて近寄り難い雰囲気プンプンでしたw

おっかねぇ奴らが来たなぁ…という記憶しかありません。

もちろんこーた達チーマー軍団から見たらウチらも派手な頭にイカれたファッションしてるパンクス軍団に面食らった事かと思います。

お互いがお互いを超意識して、ピリピリとした空気の中ラーメンをすする音だけが、くるまやラーメンに響いていた…。

コレが初対面w

当時俺は、マイクのコードで自分の首を締めながら歌うスタイルのボーカルさんと客席で弾いてる時間の方が長いベースさんと、誰も近寄ってこないようなパンクバンド(笑)を組んでいたのですが、ベースの人が田舎に帰るのをきっかけにバンドが空中分解してしまいました。

それを知ったおかちんが、「こーたドラムうめーよ!」と教えてくれたのです。

えぇ…あのロン毛の危ねえ奴か…。
と思いましたが、とにかくギター弾いてバンドやりたい俺はこーたに連絡を取るのでした。

それから現在までの、俺とこーたのバンドがスタートしました。

最初は俺がギターボーカルで、こーたとベースとのトリオバンドでしたが、よく歌が下手だとこーたにダメ出しされましたなw

もっと本格的にライブとかやりたくなってボーカル入れたりベース変えたりしながらライブを重ねましたが、当時の俺達は「ウチらの音楽がわかる奴だけライブにくればいい」と言う捻くれた考えだったのでもちろん集客力なんてまるでなく(というより集客力がない言い訳だったな、今思うとw)悶々とした日々が続いてました。

月日は流れ、ある時地元のライブハウスの人に、「ボーカル、女の子にしたら?歌上手い女の子いるからどう?」と言われたのです。
その人の言われるがままに、その「歌の上手い女の子」のライブをこーたととりあえず軽い気持ちで見に行く事になったのです。

そこで歌ってた高校生がREASTERISKの前身バンド、inchwormのボーカルとなるcareyなのでした。

{6C32E44D-D7D9-49DE-9EDF-E701B414A63D}

ふふふ、続くw

更新早いっ!笑
リアスタリスクの上手ギタリスト、アツシックスです!





先週は
6日nlmdxコンピアルバム試聴会
7日アコースティックライブ
8日FCBさりぃくん生誕祭ライブ
10日タワレコ川崎店インストアライブ
        nlmdx川崎クラブチッタプレイベント
と、怒涛のスケジュールで駆け抜けました。




{5683AB16-61AA-4B83-835A-F0B5178B7EFA}

{FC9D4694-5909-4B8B-93E0-C72CFB1FCE3F}

{357D38F0-0A8B-4CDD-92CB-D294EE9D075A}



残すは16日のレコ発&なな生誕祭ワンマンライブとなりましたね!
ありがたいことにチケットは完売しましたが、キャンセル分が当日券として販売される可能性がありますのでまだの方は是非お早めにお越し下さい!

いやーしかし、早いものでワンマンまで一週間を切りました。

俺の長いバンド人生初のワンマンライブです。

感慨深いですわ~。

 …






ちょっと振り返ってみます。



俺は中二の時にブルーハーツに触発されて同級生達とバンドを組んだのが最初です。
当時は所謂バンドブーム真っ只中で、ボウイ、エックス、プリプリとかコピーしてました。

そのうちパンクロックに傾倒していって、いつしか、パンク以外の音楽はクソだと思い込むようになり、ピストルズ、ダムド、クラッシュからかなりマニアックなUKパンクを好んではアナログレコードを買い漁り、私生活もパンクロック1色、髪の毛を逆立ててはピンクやら緑に染めて常にファック!と言ってるような若者でしたww
地元の暴走族の「パンク狩り」にも何度かあいましたね~笑
まず、親にめっちゃくちゃ迷惑かけましたね~
ま、今もですが。笑


そして、ある日運命的な出会いがあるのです!!

共通の友達を介して、現メンバーのこーたと出会うのです。





くるまやラーメンでw





続くw