Mr.AOR二村敦志のブログ

音楽は勿論、ライブやレコーディング、使用機材、グルメetc・・・


テーマ:
寒い毎日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

テレビでは辛く悲しいニュースばかりが報道され、心と胸を痛める毎日です。

誰もが愛と平和に満ち溢れた世界を望んでいるのは明白たる事実なはずで、本来は誰も暴力が連鎖したこんな世界なんて望んでいなかったはず・・・。

  
 




小学校2年生の時に生まれて初めて

 

このレコードを購入したという事は先日のBlogで書きました

今でもハッキリと覚えているのは、ほぼ同時期にカーペンターズのベストアルバムと、ビートルズの

 

を購入しました

しかし、当時はまだ洋楽=言語の全く分からない音楽という認識だったのと、音楽を部屋で聞けるような環境に恵まれていなかったので、入って来る情報はやはりテレビからでした。

当時僕のアイドルはマイケル・ジャクソンは勿論、松田聖子さんと今井美樹さん




時は流れ、僕は某私立の中学校に歩みを進めました。

中学校に入学してから野球一色の青春を謳歌していたとも先日のBlogで書きましたが、大きく変化したのは野球以外の時間はひたすら英語の勉強と音楽を聞く時間に費やした事

英語は元々大好きだったし、極めて得意科目でした。

自慢じゃないですが(自慢です )、英語は中学~高校の平均得点は90点を軽く超え、常に学年ベスト3に入る程の成績だった程です。

大学も英語を専攻したいという事で、文学部の英文学科に進みましたが・・・今では全く当時学んだ事を忘れてしまったし、話せなくなってしまいました

しかし、中学校に入学して英語に取り付かれた様に勉強したのは、やはり大好きな海の向こうの音楽を少しでも理解して聞きたいという事だったのです




そこで、忘れもしません。

中学1年生の夏にこの作品と邂逅したのです。

 
Tapestry/Carole King(1971)

よく、「二村さんにとっての人生ベストアルバムは何ですか?」と聞かれます 

僕は迷わずこのアルバムを選びます 

先日、僕の洋楽との出会いは「We Are The World」だと記しましたが、僕の洋楽を意識し、決定的に洋楽恋から洋楽愛、いや洋楽溺愛に変貌を遂げたのはこの作品でした。




今のように勿論インターネットなんてない時代、テレビやラジオも勿論そうですが、自分の足でレコードショップを1日に何時間もハシゴし、それと同時に膨大な量の雑誌を購入し、様々な名盤情報をキャッチしておりました。

実際に自分の目、耳、足で入手した情報は大きな財産となります

今の時代は情報が向こうから擦り寄って来ます・・・時には全く不必要な、目にも耳にもしたくないような情報も無差別に。

「もっともっと素晴らしい音楽に出会いたい」

ゴールのない音楽探訪船に乗船した僕は、現在、そして永久にその船を走らせる事になるのですが、当時僕が定期購読していた雑紙に

「コレを聞かずして死ねるものか」

とデカデカと書かれた1枚の作品がキャロル・キングの「Tapestry」であった訳です。




初めて聞いた感想は、正直

「何かシックリ来ないなぁ~」

という印象でした。

そりゃそうです・・・マイケルのように視覚的要素は極めて低く、テレビで見れる事は勿論無かったし、彼のような音楽に大きなエンターテインメントもありません。

しかし、毎日毎日繰り返し聞いているとマイケルの作品とは決定的に違うモノを発見したのです。

それはピアノを主軸としたアコースティック楽器の音色、シンプルですぐに口ずさめる珠玉のメロディー群、切なくも心の中に夢や希望が広がるような歌詞・・・枚挙に暇がない程です。

彼女のキュートさ、そして秀逸なジャケットワークにも心奪われたのです。

勿論周囲でキャロル・キングを聞いている人は疎か、知っている人もいませんでした。

「こんなに素晴らしい音楽を知っているのは僕だけだぜぇ~ッ」

みたいに悦に浸っていた嫌な中学生だったのでしょう





マイケルが僕の音楽の扉を開かせ、キャロル・キングが僕を音楽探訪船に乗せてくれました。

そこからとてつもなく広く、深い音楽界、いや音楽海のど真ん中で今でもたゆたっています

僕の作る拙い作品も、聞いて頂ける皆様の心の奥底を揺さぶれるように・・・



 


ドキドキSpecial Liveドキドキ

二村敦志feat東原力哉(from NANIWA EXP)

カラオケ2月7日(土)@梅田『Mister Kelly's
   http://www.misterkellys.co.jp/
大阪府大阪市北区曽根崎新地2-4-1
ホテルビスタプレミオ堂島1F
TEL:06-6342-5821

The BAND:二村敦志(Vo&Gt)、東原力哉(Dr)、
中島かつき(Ba)、中山智義(Key)、池田定男(Gt)、坂井好幸(Gt)
Special Guest:黒住憲五(Vo)

開場 18:00
開演 1st 19:30~/2nd 21:00~(※2stage制/入替無し)
前売り/当日 ¥4,000/¥4,500
 ※前売りは前日までの予約対応となります

※チケットの前売りはございませんので、二村敦志宛(
atsushinimura@yahoo.co.jo )にご
予約メールを送って頂くか、
『Mister Kelly's』まで直接お電話、又はインターネット予約をお願い致します。

 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。