Mr.AOR二村敦志のブログ

音楽は勿論、ライブやレコーディング、使用機材、グルメetc・・・


テーマ:
前回の記事はコチラ
前々回の記事はコチラ

野球を辞めたにも理由がありました
怪我も勿論その理由の1つでしたが、一番の要因は自分の身の丈に気付いたから
それに気付かされたのは高校1年生の頃でした。
正直、高校に入学してから異常に音楽がやりたくなり、野球部に入るつもりはなかったのですが、熱心な先輩部員の勧誘に根負けして入部したのです。
勿論野球部に入ろうとも毎日のように悩んでいたんですけどね・・・。
それは中学3年生の夏の大会の敗戦で悔しい思いをしたからに他なりません。

高校1年生の時に野球を辞めようと思ったと上述しましたが、決定的な邂逅があったからなのです。
それは、この人を見てしまったからなのです
 
現阪神タイガースの
福留孝介選手
その人であります

福留選手とは同級生で(勿論友達でも、知り合いでもありませんがw)、1年生の秋の大会で既に名門PL学園の4番を任せられ、ライトスタンド場外にドでかいホームランをかっ飛ばすその勇姿を見て
「アカン、モノが違い過ぎる。
こんなバケモン100年頑張っても勝てないわ」
とその場で退部を決意したのでした(本当の話です)。
翌日監督の元に退部届けを提出すると劣化の如く怒鳴り散らかされ、
「お前は人間じゃない」
とまで言われたのですが、僕が野球を辞めると心に誓ったのは何を隠そう福留選手の存在だったのです
その後の福留選手のご活躍をご存知な方でしたら僕の選択を理解してくれる方もおられるのでは

ドラフトで7球団から指名され、それを拒否(何とアノ清原和博選手の6球団を上回る高校生最多指名数)し、日本生命に進み、中日ドラゴンズに晴れて入団しては2度の首位打者に輝き、それからメジャーリーグでも大車輪の活躍、そして現在は阪神タイガース所属
第一回WBC準決勝韓国戦でのライトスタンドに目の覚めるようなホームラン、そして決勝戦での活躍も記憶に新しい

野球を解説出来る位の知識は僕にはありませんが、清原選手、松井選手、そして福留選手だけは絶対に世界的な選手になるだろうなぁ~と実物を実際に彼らが高校生時に見た僕はそう感じたのでありました。
ほんと特にこの3人は別次元でしたもの

そしてそして、福留選手の存在で野球を辞め、僕がもうドップリ音楽に夢中になっていた大学時代にもう一人とんでもない選手を目の当たりにしたのです
それがこの人・・・
 
そう、平成の怪物こと
松阪大輔投手
その人であります
僕の母校と春の選抜高校野球で対戦した試合を観戦していた時に
「こんなバケモン1000年僕が頑張っても勝てないわ」
と、もう笑いしか出ませんでした。
次元が違うと言うか、正に規格外
僕も中学、高校でもピッチャーをしていただけにその衝撃は激しく、
「やっぱり野球辞めて音楽やって良かったぁ~」
と胸をなで下ろしたのでした

実際野球では全く何の活躍もしなかった僕・・・
ですが、音楽では自分の夢を沢山叶えて来ました
そしてその夢はまだまだ果てしなく目の前に広がってるのです。

次回はそこに触れてみたいと思います

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。