カナダに到着し、1番始めに感じたことは『受け入れられている』感覚でした。言葉ではとても表しにくいのですが、気候も良く、空が広く、いろんな人種の人たちが歩いている様子は日本では感じたことのない雰囲気でした。私が英語を話せなくても、そこにいることが受け入れられている。なんとも不思議な感覚でした。

 



日本では高校まで英語を勉強し、正直なところ嫌いではありませんでしたし、むしろ得意科目だと思っていました。しかし、話すとなると急にハードルは上がります。カフェでコーヒー一杯買うのもドキドキでした。単純な会話ひとつ通じただけでとても嬉しかったし、逆に言いたいことが言えず悔しい思いもしました。

英会話は実践なしでは絶対に上達しません。経験上、緊張感をもって会話することで自分の英語力がどんどん上がっていくのを感じました。 もともとテレビっ子だったので、家では一日中テレビを見てリスニングを鍛えました。カナダでは字幕表示があって当たり前なので、はじめは字幕をみながらテレビをみました。だんだんと聞き取れる単語が増えてきて、次第にまとまって聞こえるようになり、3か月後には英語で夢を見るようになりました。これは私にだけ特別なことではなくて、周りの留学生もだいたい3か月位で英語の夢をみているようでした。

同時に大学に入学するための準備も始めました。3校ほど見学すると同時に、大学の事務に寄って、どうやったら入学できますか?と直接質問しました。事務の人はそっけない人も、親身になって来る人もいろいろでしたが、これが外国です。いろいろなひとがいるけれど、必ずいい人がいて、きちんと対応してくれるものだから、絶対に諦めないことが大切だと留学して学びました。

見学したうちサイモンフレーザー大学がいいのでは、と感じたので、入学のための最短コースであるTOEFLを受けることと、English Bridge ProgramというESLのコースを完了することにしました。

慣れない海外生活で英語力だけでなく精神力も鍛えられながら、英語のコースが無事終了する頃、留学から半年がたっていました。今思えば20代前半の刺激の多い時期に、たくさんの挫折と小さな成功を経験できたことがなによりも自分の今の人生に影響を与えていると思います。

 


-To be continue-

AD