中野厚子さま,


大変ご無沙汰いたしております。中野さんはじめ、ご家族の皆さまもお変わりありませんか?
6年前に、Coa Canada様のお力をお借りして親子留学をさせて頂きました長谷川敦美です。帰国して5年もの年月が経ち、娘のRinnoは中学2年生に、息子のTaikiは小学5年生になりました。
時々、Coa CanadaのHPを覗いては、Taikiが卒園式でRoots&Wingsのローレン先生と一緒に写っている写真を見て、この写真をまだ使って頂けていることが嬉しく、当時のことを懐かしく思い出します。


「カナダに帰りたい!」子供たちと何百回と交わしたこの言葉。

たった1年4ヶ月の留学でしたが、私たち親子にとっては故郷みたいな大切な場所です。

おかげさまで、Rinnoは英語が大好きな女子に育ち

自ら進んで英語で映画や海外ドラマを見て、勉学にも励んでいます。

中学1年時には、東海地区の英語スピーチコンテストのレシテーション部門で優勝して自信をつけ、自分の目指す将来像もうっすらと描けるようになってきました。

ちなみに、昨年度の同コンテストの創作スピーチ部門では惨敗し、今年のリベンジに燃えています(笑)


Taikiの方は…  すっかり抜けきってしまいました(笑) 

 しかし、Roots&Wings時代の息子の友人が2年半前に日本に遊びに来てくれ

再会した時には2人でジャレ合い、くだらないことで笑い合い

すっかり当時に戻ったかのように英語が呼び覚まされていきました

しかし、彼の英語は幼稚園時代からアップデートできていないので、お子ちゃまの会話しか出来ませんが。


私の方は、何とか英語を話す機会を…と奮闘しています。

名古屋は自動車や航空関係の企業があることで、世界各国から2年くらいの期間で転勤してくる家族が多くいる地域です。

ご主人は会社で同僚が、子供達は学校で友人ができますが、特に孤立しがちな母親たちが日本馴染めるように、そして日本ならではの経験をさせてあげるという組織⁉️に所属し、ボランティア活動しています。

日本人50人と、その年に名古屋に居るExpats50人で組織され、メンバーは興味のあるInterest group(trip, cooking, Ikebana, Kimekomi dolls, baby&Mama, Restaurant Hunter, Book club, その他諸々)に属し、月1の全体ミーティングの他にグループでのそれぞれ活動を行なっています。私はその他に、そこで仲良くなった外国人のママたちに、自宅でクラフトを教えたり、梅酒や自家製味噌作りを教えたり、また彼女たちを田植えや稲刈りに連れて行ったりしています。

あー、長々とごめんなさい。何度もメールしようと思いながらも躊躇し

Wayne(注;ベースメントのオーナーのおじいちゃん)にも会いに行きたいと思いながらも

家庭の事情でカナダ行きが頓挫し、月日が経つばかりでした。

凛乃の高校受験が終わったあかつきには、褒美としてカナダ行きを要求されているので(笑)、あと1年なんとか我慢して頑張ります。
中野さん、日本で留学相談会があります時に、是非お邪魔させてください‼️ 本当にお会いしたいです。では身体にお気をつけて、ますますのご活躍をお祈りしています。

 

 

 


長谷川敦美より

---------------――――――――――

 

COA CANADAの広告塔のTaiki君

ちっとも変わらない…背は大きくなったけど

いつも満面の笑顔で「I’m happy❢」と言っていたのを思い出します。

Rinnoちゃん、Taikiくんそしてお母さんのAtsumiさん

カナダ滞在中、毎日生き生きして、いろんな事にチャレンジされていました!

今も変わらず学んだ英語を生かしていらっしゃる事

カナダでの日々を良い思い出として覚えてくださっている事

本当に感謝です。

 

留学のスタートラインまで無事にお届けする事がエージェントの役割

そこからどうカナダでの生活をEnjoyしていくかは

それぞれの頑張りです。

せっかくの機会をAtsumiさんファミリーのように生き生き輝いていただきたい

それがCOA CANADAの願いです。

そして、親戚のおばあのように留学された方の成長を知る機会が与えられれば

何よりの幸せです。

感謝して

実り多い生活を皆様送られますように

祈りつつ

 

中野

AD