慧 大学生活 

テーマ:

息子の話で恐縮ですが

彼の大学生活もスタートしました。

 

すでにミッドタームで(中間試験のようなもの)

高校までの学習がいかに甘かったか自覚したようです。

1時間の授業に4時間の自主学習が必要だそうな

エナジードリンク飲んで寝坊助の息子が机の前にずっといます。

ゲームをしてない…Wow!

 

3年目から収入を得ながら

仕事の経験を積み

単位も同時に取れるスーパープログラム!CO-OPプログラムに参加すべく

ひたすら勉強の日々!

(彼のメジャーで年間$50,000稼いでいる先輩がいるらしい)

40%近い生徒が単位を落とし、生き延びた60%のなかの80%の生徒が

その栄光を勝ち取れるそうな…

 

カナダでの就職は自分のメジャーの領域での労働経験がある生徒から

希望の職を手に入れていく。

即戦力にならない生徒は不要と言う厳しい世界なのです。

 

母は、ひたすらご飯を作り、愚痴を聞いてやるしかヘルプできません。

ファイト!

Invitation day @SFU


 

追記;

 

小さいお子さんから成人の留学に関わらせていただいて

やはり思う事は…

出来るなら小学校2年生ぐらいに一度留学をするのがベスト

それも2年間…

その後は日本に帰国しても

次、高校や大学で留学する時の英語力は

高校から留学したお子さんとは、やはりかなりの差があります。

成功しなければ意味がない…
だからこそ

出来ればですが…

 

2017年9月―2018年6月に幼小中高一貫校への留学をご希望の方は

お席を確実に押さえるために

2017年3月中にはお問い合わせを!

 

 

 

AD