親子留学1年4か月を終えて。

テーマ:

留学生活14か月のMファミリーより、これまでの留学生活を振り返って感想をいただきました。ありがとうございます。

海外での生活は簡単ではありませんが、そんな中でも頑張っている様子をお知らせいただいて大変うれしいです。

新しい学年も祝福の中で守られますように!
------------------------------------------------

中野様 いつもお世話になり大変有難うございます。日本の梅雨はまだ明けず毎日不

快な日々を過ごしております。

バイタリティー溢れる中野さんのおかげで、子供達も留学して一年がたち、無事に今
期の学期を終える事が出来ました。

これも中野さんの色々なお力添えがあっての事と感謝致しております。お会いして直
接お礼を申し上げなければいけないところ、まずはメールにて失礼いたします。

なれない海外生活の中、また不安な日々の中、最初どうなるのかと思い心配しておりました。この一年で得た事は、何ものにも代えられません

次男は元気よく毎日友達と遊びベストフレンド(先生の子供さんR)のお家にお泊りに行くようになりました。宿題を出さず呼び出されましたが、とにかく元気です。英語の発音は彼が今のところ一番良いように思います。
 
長女は、コツコツ聖書を覚え表彰していただきました。意味は解らずに覚えたと言
い???なんで?と思いますが。まず良しとします、彼女は努力を惜しみません。負
けるのは嫌いな子です。友人も沢山出来、大親友は2人フィリピン人、韓国人と仲良
くしています。

長男は予想以上に変化が有りました。授業を受けるのに英語が解らず、先生方に心配
をおかけし、どうなるのかと気をもんでおりました。中野さんのお兄ちゃんから色々
習い、徐々になれ、担任のミセスバーバラの話を長男が家に帰り沢山するようになり
ました。本人いわく、自分の出来る事からやって行こうと思い、人がしない事を続け
たそうです。それは自分なりに早くこの学校の生徒として馴染みたいと思い、友達と
英語で会話を成立させ、あらゆる事に挑戦したいと言っておりました。近頃なぜか男
らしくなりました。でも自分が表彰されるとは想像もしてなく、自分が表彰台に呼ばれた時、みんながT~~~~~~と叫び拍手をしてくれ、涙が出そうになったと言ってました。

こんな有意義な1年を過ごしました。来学期も素晴らしい出会いにより人生が開けま
すように願っております。

この一年の経験は将来振り返って見た時にとても思い出の残る年です。

今後ともよろしくお願い致します。

---------------------------------------------------------------

AD