高校 長期留学(一年間)   

福永 萌
英語進学コース1年終了後 2010年3~4月短期留学
2年次2010年9月~2011年8月長期留学
2012年3月~大学留学   

私は1年生の春休みに2週間ほど留学してまず初めに感じたことは
楽しい!ということでした。
出発する前は、初めての海外と、親と一緒ではないということもあり
また自分の英語力についても不安でした‥。
しかし実際行ってみると、2週間なんてあっという間でした。

座って日本の学校みたいに勉強するような時間はあまりなく
いろいろな観光名所に現地の人と一緒に行き
英語でコミュニケーションをするような感じで、すごく有意義な2週間でした。   

私は2年生の2学期からの一年留学も経験しました。
1年生の入学当初は留学なんて全然考えずに入学しましたが
1年生の春休みの2週間の留学を経験してから
どうしても一年留学に行きたいと親に頼み、留学に行けることになりました。

ホームステイ先は春にお世話になった方のところに決まり
行く前はすごくソワソワしてて、不安はありませんでした。   

現地の高校に通っている間は友達と一緒ですごく楽しかったです。
そして一番の思い出は冬にスノーボードに行ったことです。
それにカナダの夏は日が長いので、夜9時まで遊んだり、ナイトムービーを見に行ったり
日本では経験できないことをたくさん経験しました。
それにホストファミリーの人たちはすごく親切で本当の家族のように接してくれて嬉しかったです。
しかし実家に住んでいるわけではないので
洗濯を自分でしたり、家族と相性が合わなかったりと、結構大変でした。   

そして現地の学校が終わり、私はチャンスに恵まれて
現地の学生たちとボランティアに行くことになりました。
そして、カナダ生活で初めての挫折を味わうことになりました… 
ホストファミリーと一緒に参加したのですが
いざ参加してみると周りはネイティブの人たちばかりで…(あたりまえですが…)
何を言ってるのかわからず、また話しかけても発音が悪くて伝わらなかったりと
10日間は人生で一番辛かったです。
言いたいことも伝わらず… 言葉って本当に大事だなって思いました。
そして後悔もしました。
現地の学校ではずっと友達と一緒にいて
現地の学生と一緒に授業を受けてた時も、特別扱いというか
留学生だからと周りが気遣ってくれたこともあり
自分はちゃんと英語が喋れる!!と勝手な思い込みをしていた  
自分が恥ずかしくなりました。

けれどそのボランティアを通じて、人生において大切なことを学べたと思います。
またたくさんの知り合いもでき、今となっては良い思い出です。
バスで36時間かけて目的地に行くなんて経験もめったにできませんしね…   

そして夏休みに2週間だけですが、語学学校に行ってきました。
ほかの日本人の人とはちょっと日程が違ったので実質一人で行ってきました。
一年留学を通して、初めて一人で行動・通学しなくてはならなくなり
周りに知り合いもいないので初めは緊張しましたが
逆に一人の方が英語を話さなくてはならないので
自分自身成長できた2週間だったと思います。
またそこで知り合ったメキシコ人の友達とは今もメールしています。   

去年一年を通して私自身すごく成長できたと思います。
また1つ悟ったことは、学びたいと思わないと身につきにくいということです。
私は高校を卒業してすぐにまたカナダに戻ります。
なぜなら、今すごく英語を学びたいと思っているからです。  

10日後、カナダの大学留学をスタートさせる萌ちゃん、後見人宅にて

カナダ親子留学から会社設立 元教師のブログ。

      
AD