― 留学経験者の感想文 ―大学留学 小栗 咲(大学留学3年目 2009年5月~)

東大谷高等学校を卒業後、2009年5月から
カナダのバンクーバーに留学、ダグラスカレッジに通っています。

留学当初から約2年間、エージェントさんに紹介していただいたお宅にホームステイしていました。
ホームステイでは英語を喋る機会が多く
英語がつたなかった私にとってとてもいい勉強になりました。

留学当初から約1年間はカレッジ付属のESLに通っていました。
ESLでは英会話、エッセイの書き方などはもちろん
日本で経験したことのなかったプレゼンテーション、グループディスカッションなどもしました。
初めは慣れないのでたいへんでしたが
ESLで教わった事はアカデミックの授業での基本であり、とても為になりました。

留学することで、よりよく世界が見え、視野が広がり
また、家族と離れて暮らす事によって家族への感謝の気持ちがより大きくなりました。
日本にいたらできなかっただろう貴重な経験をしているな、と感じています。

勉強が大変な時もありますが、すべて自分の実になると思って頑張っています。

今は、ユニバーシティーに編入することを目標に
カレッジでの単位を終了させるためにクラスをとっています。

バンクーバー空港到着↓             ホストファミリーと↓

カナダ親子留学から会社設立 元教師のブログ。 カナダ親子留学から会社設立 元教師のブログ。

ダグラス カレッジにて↓
カナダ親子留学から会社設立 元教師のブログ。
--------------------------------------------------



コアカナダの第1歩目から信頼し
生徒さんを任せて下さった東大谷高校のU先生より
これまでの留学を振りかって資料を作っていただいたとのご連絡をいただき
そこに掲載される、留学を実践中の卒業生、在校生の感想文を
次に続く方の参考になればと、送っていただきました。

お一人お一人の文章を読むにつれ
バンクーバー空港で出迎えた、それぞれの時を思い出します。
色々有りました(汗あせるドキドキ)ね。

留学コンサルタントとして、スタートを切ったその時から
沢山の方の留学生活に関わりを持たせていただきました。

留学されたご本人はもちろんのこと
影になり日向になり支えて下さったカナダと日本双方の関係者皆様に本当に感謝しています。
皆さんの将来が祝福されますように。 祝日
AD