科学遊びから

テーマ:
20050529_2239_000.jpg 今日の科学遊びは、【化石ってどんな物?琥珀の原石を磨こう】というタイトルでした。子ども達は約50名ほどの参加。内容は、化石=昔の生き物が生きていたという後が残ったもので、その中に琥珀があるんだよということを学び、琥珀を磨きにかかった。昔、昔の木の樹液が固まって出来た琥珀には、虫が入っているものもあるそうです。まずはよーく観察して、水でぬらしてから目の粗い水やすりで磨き、目の細かい水やすりで磨き、最後にfaxなどの感熱紙で磨いて出来上がりでした。
そして、この琥珀は、よくTXの何でも鑑定団に出演されていた堀先生のミネラル ショップ (鉱物科学研究所) で入手したそうです。私の頭にはドラマキャンプの例の機関車の不思議な燃料のようなもの探しがあったものですから、早速午後にミネラル ショップへうかがってみました。そしたらあるある、世界中のいろんな石がたーくさん!!堀先生もいらしたので、お知恵拝借で、いろいろと教えて頂きました。中でも面白かったのは、テレビ石といって石は、すりガラスのような白っぽいいろですが、下に置いた紙に印刷された文字がその石に浮き上がってみえるんです。それは不思議でした。またピンク色のある石は、紫外線に反応して発光する物もありました。他には温泉で取れた硫黄の黄色い塊が岩になったものです。これは火が付きますよということでした。値段も4~500円から、○○万円までさまざまでしたがかなりいけそうだと感じました。
そして、鉄道マニアのKさんが駅員さんの制服を調達してくれました。帽子と上着です。べージュのが夏用のようです。なんだか、いろいろじわじわと集まりつつあります。8月後半の当日までに、どのくらいの仕掛けができるか乞うご期待☆☆☆
AD

心の相談室

テーマ:

20050518_2204_000.jpg この春小学校に入学した娘が言った。この間学校でね、同じクラスの男の子が校庭で遊んでいる時、わざとありんこを足でふんずけようとしたのね。そしたらそばに居たもう一人の男の子が、「やめなよ!ありんこにも命はあるんだから。」と言ってもやめなかった。それで、その子と一緒にありさんのお墓を作って埋めてあげたんだ。と...まあここまでは普通の話だと思って聞いていた。


そして、その後その「やめなよ!」といった男の子は心の相談室行ったそうだ。初めて聞く名前なので、いったいなにをするところか聞いてみた。すると娘は、あのね、お友達とけんかしてうまく解決できなかったりした時に相談にのってくれたり、命の大切さを教えてくれるんだって。週に2回学校の先生じゃない先生がいるんだ。と話してくれました。その小一の男の子は、ありんこのことで相談に行ったらしい。この辺の事は、昔はクラスの中で解決されていたであろう事柄でした。しかし、1クラスが39名の今、かなり複数のそれぞれ違う問題を抱えた家庭も増えているようで、先生がそのすべてに対応しきれなくなっているという状況は否めない事実のようだ。

AD

おみせやさんごっこ

テーマ:

20050521_1110_000.jpg  週末の土曜日は、おみせやさんごっこの日でした。 お天気にも恵まれ、未就園児もたくさん参加してくれて、楽しかったです。せんべいやの店番は私と主人、子どもは買い物に走り回っていた。あげくのはてに【ヘアー&メイク】の店で髪を編みこんでもらい、メイクとネイルをやってもらったら、お客さんがどんどんきたから、あたしバイトすることになっちゃったからゴメンネお母さん。だって!!せんべいの売れ行きはお陰様で良く、ニッコリ微笑んで4回も買いにきてくれた2~3歳の女の子なんか、本当に可愛いかったです。


20050521_1141_001.jpg これはちょっと解りにくいけど、ながしそうめん屋さん。奥の店の看板の下は、手作りの縄のれんが掛かっていて中央の黒っぽい棒みたいなのが、雨どいで上からよくプレゼントの下とかに入っているピンクや黄色、黄緑、水色などの細くシュレッダーされた紙のかたまりを落とすんです。下に落っこちる前に途中でキャッチするというものでした。


お金も商品も手作りで、おまけに商店街も手作りです。銀行もあるので、お金がなくなった人はそこでお金をもらえるんです。一億円札を100円だまで下さい???とか言う子もいたみたい?!?!


しかし、ごっこ遊びはすべての遊びの基本ですね!!

AD

和歌山の元駅長さんのご協力

テーマ:

実行委員の皆様へ

先日の下見でも大活躍のパパKさんから以下の情報がありましたので、ここにお知らせ致します。

=============================

鉄道グッズの件、知り合い(の、鉄道マニア)の知り合いに駅長だった人がいて、借りられるそうです。

制服や帽子、その他小道具などもありそうなので、実行委員会で詳細検討しましょう。ただし、和歌山

からなので、宅配代予算ありますか?

=============================

ドラマ班のストーリー打ち合わせが、5月31日と6月3日です。実現可能かどうかを実際に検討するの

が6月26日日曜日に再度キャンプ場下見となりますので、ここに制服をKさんに持参頂き、誰が着るか

とか、まあ着れるかの検討をしたいと思います。

それから、宅配代の予算は大丈夫ですよ。ご協力に感謝!!

また、切符などKさんが持っている、鉄道グッズも来週までにはお借りしておきます。近いので、うちまで

届けてくださる旨連絡ありました。打ち合わせ時持参します。

ストーリーも頭の中にぼんやりできてきています。あとは皆さんの味付けしだいでしょうか?

思いとしては、以前あのループ橋の下に住んでおられたキャンプ場のオーナーにお伝えいただいた、周辺にまつわるお話の中の、ダム建設の為移住を余儀なくされた住民の方々の思いを少しでもストーリーを通して子ども達に伝えられたらなぁーと思っています。いかがでしょうか?

しかし、生きるとはまさに同時進行多重処理なり。一つ一つを確認するのが精一杯で、今いくつ片付けなくてはいけないかよりも、今日、今何をしなくてはいけないと言う事柄が多くて。。。でもね、ここでブログルことにより、確認や新しい発見やつながりが出来ていく事が、不思議でなんとも言えずおもしろいナア

ハートのメロディ

テーマ:

20050417_2024_001.jpg ぼくの窓べから すべりでておゆき

               オンボロギターから 流れる熱い想い

               となりの街の あの川っぷち

               いとしい君の かわいい部屋へ


               ハートのメロディ とどいたならば

               感じてほしい くるしい胸のうち

               そしたら すぐに窓をひらいて

               こたえて欲しい ゆられて欲しい


               とんでとんで まっしぐら

               とんでとんで 熱いハート


きょうは、またまたまたまた自分のことはさておき、下の娘と今度の土曜日のおみせやさんごっこの準備をしていました。お天気もいまいちの東京の空の下、BGMはどうしてもあらゆる音楽のエッセンスを一つのボトルに収めたような、気だるく、ぽっぷな、ゆるめのなんとも心臓の鼓動と似た、久保田麻琴のアルバムに手が伸びる。


お店は【おせんべいやさん】。ダンボールで作ったせんべい、それを焼く網(アルミホイルを貼った四角い大き目のダンボールにマジックで網目を書いた)、欲しい人には黒い紙で作った海苔もはってあげる。せんべいを入れる袋を広告で折って作った。お姉ちゃんは風邪気味で朝だるいといっていたが、あとから復活し、見ると作り物だいすきなので加わっていた。

そして、今日は雷が鳴り、季節外れのヒョウが降ったり、おかしなお天気でした。

理路整然とした弁明

テーマ:

日付が変わってもうおとといの事になります。その日は、この春から小学校に入った下の娘の行動に驚かされました。4時間授業が終わると、学童クラブに入っているので、家ではなく学童クラブに帰るんです。そこで私が仕事から帰る5時まで放課後保育をしてもらっています。

朝はいつも通り7:45に家を出て、子どもの足で徒歩15分ほどの小学校へ通っています。途中で1人お友達を誘ってから登校です。女の子が集まった時何を話すかと言うと、新しく買ってもらったおもちゃやカワイイメモ帳、かかとの少しだけ高いサンダル(歩くと「カコカコ」音がする)、本、ゲームetc... そして、欲しい物があればそれを確実にねだる為に、どこの何て言う店で買ったのかを情報収集します。


その日の朝は、偶然その子のママのパートがお休みだったので、下校してから共通のお友達の作品展が地元のギャラリーであるので見に行くんだと伝えられたらしいんです。そしたら、うちの娘はお友達の家から自宅に戻って、私に一緒に行きたい旨了解を得に行こうとしたようでした。そこであわてたお友達のママは、「お母さんにはメールしておくから」とその場を収めて、そのまま登校するよう仕向けてくれました。直後にそんなことを話していたから、お知らせまで。といったメールをもらいました。特に直接子どもと約束したわけではないので、いつも通りパートに出かけいつものように帰宅するとそこには、学童クラブに無断で帰宅した娘がいました。それもたまたまこの日は、病院で検査があったため早めに終わって帰宅していた主人がおりましたので、学童クラブにすぐに連絡をいれ事なきを得ました。


ひとしきり勝手にそんな事をしてはいけないんだということと、何より学童クラブに言わずに帰宅すると、来るはずの児童がいなくなったということでそこらじゅうを学童の先生が探し回らないといけないし、見つからなければ警察も捜すんだと言う事をよーく言って聞かせました。ただ、本人としてはお友達のママの【お母さんにはメールしておくから】の一言を自分に都合の良いように解釈しており、そう言ってくれたから行けるんだ!!と思い込んでいたようでした。ある意味理にかなっているようではありますが、まだまだ7才の判断でしかなかったわけです。更に、もしもお父さんがいなかったら鍵もないしどうするつもりだったの?と言うと、マンションの1Fに大家さんがいるので、そこに行けば貸してもらえるモン!!!ときっぱり。


勝手に家に帰ったりすると、お母さんは心配でお仕事できなくなっちゃうよ!というと、おかしい事に学童クラブの同じクラスの子が、もう既に4回くらい学校から学童に帰らず、公園に遊びに行っちゃった事件があったんだよ。だから、途中で心配でその子のママは学童までみに来たの、といかにも悪い子なんだよと言いたげに、かつ冷静に私に話すんです。


何度かいろいろな角度からわかってもらおうと話をしましたが、最後にしつこいと言わんばかりに、「もうこの話はおわり!!」って、子どものほうから終止符をうたれてしまいました。やれやれ。。。トホホホホ

お店やさんごっこ

テーマ:
 20050510_1241_001.jpg 20050510_1241_001.jpg 20050510_1241_001.jpg
今月の第三土曜日に、親子でお店屋さんごっこをします。場所は大きめの公園です。釣堀(お魚の絵を描いた紙にクリップをつけて、磁石の釣竿で釣る)あり、せんべいやあり、銀行ありのちょっとした昔の商店街をつくりあげます。そして、子ども達が思い思いに作ってきた手作りのお金で買い物を楽しみます。勿論、幼児から小学生まで参加しますので、いきなり一億円玉でおつり下さい。とかもいわれます。そこは「ごっこ遊び」ですので、おつりも紙や、給食で集めておいた牛乳のフタに数字をいれて渡したり、まあ遊ぶわけです。
それでも、商店街の会長さんを大人がハッピを着て演じ、各商店に景気を聴きに行ったりもしてあげるわけです。
うちは、以前トイレットペーパーといろがみと黒いビニールテープを使って寿司屋さんをしました。いらなくなったセーターの茶色い毛糸をほどいて、赤と緑の毛糸もみつけてきて紅しょうがと青海苔として焼きそばやさんをやりました。今回は、ダンボールを使ったせんべいやさんです。まあだいたい私が途中で店番をまかされ、子ども達は買い物を楽しむんですけど、こんなことをおもしろがってやる時期はそんなに長くはないのかなーと思いながらも、行けば楽しいごっこあそびです。心配なのはお天気のみ。
ここのところ五月にしては寒いので、皆さんもご自愛下さいね!

今年のドラマの目玉は?

テーマ:

こんなチケットが近い昔に使われていたんですよね。今のような自動改札機が発明される前、切符は駅ごとの切り口のハサミで『パチン』と改札口できってもらって、電車に乗っていたんですねェー。紙質は分厚いボール紙っていうんですかね。


で、今回これを子ども達に最後にプレゼントにあげられたらいいなーと思っています。年に1度だけどこへでも好きなところへ行ける切符とかの設定でね。これを100枚から手作りするのも大変だけど楽しそうです。機関車は空を走り抜け、旅を続ける為には特殊な燃料が必要です。これがなかなか難しい。ドラマ班の宿題となりました。子どもたちが集めてこれるようなもので、そこいらにすぐあるようなものではないもの。ここにちょっと神秘的な、ワッと思えるような不思議なものがあると盛り上がるんだけど...これはドラマ班の宿題になりました。


機関車の汽笛等ですが、実行委員のKさんのじいじも実は「鉄道マニアのテッチャン」っだったそうです。家にCDが見つかってかけてみたら、汽笛と共に例の「シュッシュッシュッシュッシュ」っていう音がして右のスピーカーから左のスピーカーにいかにも走り抜けていくようすがわかる音源だったそうです。


去年よりも少しだけ余裕を感じつつ、実は最後の下見=考えたドラマがどこまで実現可能なものなのかを最終確認するのが6月26日予定ですので、どうしてもそこまでには光・音・物 についてまとめておかなくっちゃ。。。

こんな感じで(◎-◎ ;)

テーマ:
20030910_2112_000.jpg 先日は本当にいろいろ驚きましたが、こんな感じで痛み止めの注射と座薬とで当日帰宅致しました。翌日、会社指定の大学病院で泌尿器科にてエコー検査し、石は見当たりませんでした。Dr.いわく、たぶんもう出てしまったかもしれないと...念のため次回造影剤を使って検査するようです。
ところで、今月は学校の家庭訪問が中旬以降にあり、なんだか終わるまで落ち着きません。観劇も2本あり、送別会ありで相変わらずバタバタしています。昨日は、人形劇団京芸 の「ちいさくなったパパ」を見てきました。人形達の動きやそれにうまく合ったせりふに、子どもたちは大きな笑い声をあげていました。
パパと子どもがプラモデル作りをして遊ぶシーンがあるんですが、それを子どもは<まあパパが楽しそうにやるから付き合ってやってる>程度にしか思っていなかった。と、子どもにかえったパパは遊んでいる最中に言われてしまう。まあ確かにいろんな局面で子どもは親の顔色をうかがっているんですが、そうしなくて良い中で思いっきり遊べたらなーと思います。
さぁーて、明日はdrama-campの実行委員会です。先ほどキャンプ場のオーナーから、周辺の思い出などをつづったFAXが届きました。ここにもダム問題が絡んでいるわけで、何気なく渡っていたループ橋の真下に見えるこれから水を湛えるであろうダムの底に沈んだ112戸の人々の思いが伝わってきました。 【その実を落とす者はその樹を思い、その流れに飲む者はその源を思う】 『飲水思源』を忘れずにと...

救急車

テーマ:

今日は人生三度目の救急車に乗ることになった。一度目は忘れもしない青山ベルコモンズの前から姉が出先で倒れた時。二度目には不覚にも生牡蠣に私があたってしまい、身動きがとれずにやむなく運び込まれた。


そして今日、家族で朝ごはんを食べ始めた時、席について主人が箸を持ったとたんに「うぅー」とわき腹を押さえ、倒れこんだ。えェー!?何どーしたのー???まさかぎっくり腰とか???しばらく七転八倒していたが、一向に治まる様子がなく、医者へ行こうとタクシーを呼んでもGPSで探しましたが近くにおりませんとか言われてしまう。私はカリフォルニアでとったドライバーズライセンスを日本のものに書き換えただけのペーパードライバーで役にはたたず、救急車を手配する事になった。近くの大学病院についても、のた打ち回りGW中の救急外来は人があふれていて、バタバタしていた。ER という番組みたいに、ストレッチャーにのった患者さんが次々と運び込まれるなんていうことにはなっていなかったが。。。


そんな中、救急車に乗ってこられたベテランの隊員の方は、さすがに落ち着いた物腰で病院到着までの間、この前はこんな旦那さんもいましたよなどと主人に話しかけたり、車が曲がる時何気なくよこたわっっている主人の身体を押さえてくれたり、私にも車内ではここにつかまっていて下さいね、等と一つ一つが具体的で優しさに満ちた言動だった。


内科のDr.は若いけど、適切な判断と検査の手順を看護師さんに指示し、結果<尿路結石の疑い>ということでした。激痛がするはずです。点滴と鎮痛剤で落ち着きましたが、その間の4~5時間小5と小1の娘達は留守番でした。近くに住む私の妹に来てもらうよう伝えておきました。帰宅すると小1の娘が、「救急車が行っちゃってから、お茶碗ネエネと洗っておいたから。それから、おばさんが来る前ネエネったら<ゴメンネ、ネエネはこんなに弱くって>と言いながら泣いちゃって、私がよしよしってなぐさめておいたから。」と報告があった。


主人の激痛の原因がわかったのと同じくらい、成長したこのかけがえのないの姉妹を産んでおいて良かったなぁという思いでいっぱいになりました。