よければ一緒の心。

テーマ:

ぼくがひとりでできることはなにもない
きみとふたりでできることならいくつもある
ぼくひとりでできることないわけじゃないけど
よければ一緒に その方が楽しい
(『よければ一緒に』KAN)


ひとりでできないことがないわけじゃない。
でも、やっぱりひとりでできるわけじゃない。


人はひとりで生きられるないわけじゃない。
でも、やっぱり人はひとりじゃ生きられない。


そう思い込めばそうなのかもしれないけれど、
ひとりでできたとどんなに思い込んでいても、
その成功には見えないところで手を差し伸べて
支えてくれた温かい仲間がいたからなんだよ。


そう言い聞かせれば強くなったように思うかもしれないけれど、
ひとりで生きられるんだってどんなに言い聞かせても、
つまづいた時に手を差し伸べてくれる温かい心に
いつも支え助けられて僕達の心は勇気が湧いてくるんだ。


ひとりでやることには限界がある。
でもその思いが集まったら未来がある。


ひとりで生きて出会える楽しみには限界がある。
大切な人と思い描く未来には無限の可能性が広がってる。


どっちがいい?
それでもひとりを貫く?


頑固な昔の僕はなかなか曲げなかったけれど、
その頑固な時間の経験が今の僕に即答させる。


よければ一緒に。
だって、もっと楽しくなるから。
もっと未来は広がってくんだから。


AD

コメント(10)