34歳

テーマ:

昨日で34歳。


とうとう30代前半最後の年。

あっという間です、ほんとに。


この春から30から続けてきたダブルワーク生活を

離れ、また自営業としてダブルワーク生活中も

生徒が絶えることなく細々と続けてきた塾、つまり

『本業』を中心とした生活に帰ってきました。


ダブルワーク生活、確かに考えればメリットも

デメリットもあった。特に仕事がどこでもまさか

こんな重い役割を担うとは考えてもみなかった

というレベルの仕事ばかりで、正直塾は宣伝なども

全くせず、元から在籍していた生徒達や口コミで

選んでくれた生徒達だけの指導にしていました。


どちらかと言うと、最終的には塾で生徒が来る

時間だけ中抜けして、生徒たちの指導が終わったら

深夜にまた会社で残業、みたいなとっても普通の

会社員ですとは言えない生活。でも、結局どこに

言ってもついつい見て見ぬふりはできないという

性格。ちゃんとお金の話も役割の重さに準じて

話をしていれば良かったのだけど、とにかくどこも

困ったときの最後の砦的な役割ばかりだったので

そんな余裕もなく・・・でも、なんとか危機は切り抜けて

バトンを次につなぐことができてホッとしてる。


塾は小学生から通っていた生徒達が大学を卒業し

社会人として一歩を踏み出したり、結婚する生徒も

増えてきた。そんなことで、20代の頃からの生徒達

はみな無事送り出すことができた。そんなことで

生徒集めをさぼっていた上に。みな送り出して

塾はまた生徒集めをイチから始めているので

苦戦しているけれど、僕自身が考える教育の役割、

そして僕もそうだけど学び、育つことは一生続くもの

だからこそ、学びたいと思う人が一歩踏み出しやすい

育つ環境を創れるように塾という場所からまた僕も

色々なものを発信していきたい。


最近は自分の力不足や能力不足というものを痛感

させられることが多い。悩み、眠れない日もよくある。

だからここにはそんな悩んでいる僕の心が綴りだした

言葉が並んでいる日もあるかもしれない。


でも、前向きに頑張るぞ。



AD

コメント(2)