高槻ジャズストリート2017

テーマ:

高槻ジャズスト開催日に!
まさに、その界隈で開催される、ゲリラライブ!笑

(※ジャズストとは関係なくお店独自開催です)

 

久々に、Dear Breeze Studio Bandで演奏します!

 

ポップで爽やか!ときに激しく!
そんな、オリジナルのインストをお届けします!

 

5月3日 13:00~13:45

炭摂家(たんとや)

https://r.gnavi.co.jp/kamr500/

 

Dear Breeze Studio Band

里村 稔 Sax
上高治己 Keyboard
松本広大 Guitar
渡辺篤紀 Bass
北後啓次 Drums

 

 

♪♪♪♪♪♪♪

 

 

そして、その次は!

市岡裕子さん率いるゴスペルクワイヤーです。

 

「摂津ファミリークワイヤー」

5月3日 14:00〜 624TENJIN

 

こちらは、ジャズスト枠です。笑

もうかれこれ長いことやっていますが、みなさんお元気でパワフルです。笑


でも、僕の移動が間に合うのか心配です。笑

 

 

♪♪♪♪♪♪♪

 

 

で、その次は!

 

5月3日 15:00〜

達郎トリビュートバンド

「達郎」

 

こちらもジャズスト枠です。

が、バンド名、そのまんまやん!笑

しかし、ヒットチューン満載です。

是非、踊りに来てください。笑

 

『JK's BIRD』

会場番号【30】

 

Vo 阪井楊子
Gt 住吉健太郎
Gt 木戸啓晶
Sax 井上歓喜
Key 小場真由美
Key 荒田健司
Ba 渡辺篤紀
Dr 鈴木泰徳

 

 

♪♪♪♪♪♪♪

 

 

で、最後は、最初の炭摂家に戻り!笑

 

5月3日 16:00〜

Do!Fusion Project

(※ジャズストとは関係なくお店独自開催です)
 

これは問答無用の爆音フュージョンです。

最後まで体力が持つか自信がありません。笑

 

藤井泰宏(as)

おとめあつし(g)

小浜早佑梨(key)

渡辺篤紀(b)

阪井ちょく(dr)
 

 

♪♪♪♪♪♪♪

 

 

というわけで、気がづけば、

5月3日は、13〜17時までぶっ続けで演奏します!

 

お時間ありましたら、どこかで是非!

 

 

♪♪♪♪♪♪♪

 

 

そして、その翌日の5月4日!

 

恒例の摂津高校吹奏楽部の定期演奏会です。

現役生とOBとの合同ステージがあり、何曲か指揮を振ったりベースを弾いたりします。

 

2017年5月4日 18:00開演

摂津市民文化ホール

 

こちらも、お時間がありましたら是非!

 

 

♪♪♪♪♪♪♪
 
 
というわけで、駆け足でジャズスト関係の告知をお送りいたしましたが、こんなハードスケジュールは初めてです。笑
 
道端でベースを担いで倒れている人がいたら、たぶん僕です。
ビールをご馳走して頂ければ、たぶん復活します。笑
 
では、皆様!良いGWを!!
 
 
 
 
AD

藤井泰宏 Do! Fusion Project 2016.8.6

テーマ:
あっという間に夏です。笑
夏といえば花火です。

そして、8/6に行われる、2つの「大」花火大会…。
みなとこうべ海上花火大会と、なにわ淀川花火大会。

この大イベントの合間を縫わずに、時間もガチンコで、
何も考えずにライブをブッキングしてしまった、
我らがリーダー、藤井ちゃん。笑

ド直球のフュージョンをやります!


「藤井泰宏 Do! Fusion Project」



花火大会なんて興味ないぜ!という貴方も
ちょっと花火大会に興味あるんだけど…という貴女も!

三宮のイマジンに来て、花火帰りの客を見ながら、
満員の電車で大阪まで一緒に帰りませんか?笑


僕のオリジナルや藤井ちゃんのオリジナル。
あとは日本を代表するフュージョンバンド、Dimensionの難曲をカバーします。
終わってから、アフターセッションも企画していますので、楽器もご持参の上お越し下さい!!

[日時] 8/6(土)
   19:00- 1st Stage
   20:00- 2nd Stage
   21:00- After Session
[料金] テーブルチャージ:500円+セッションチャージ(カンパ制)
[場所] Restaurant and Live Bar 「Imagine」
   兵庫県神戸市中央区東町123-1 貿易ビルB1
   TEL 078-333-0118

「藤井泰宏 Do! Fusion Project」
As.藤井 泰宏
Gt.乙咩 篤志
Kb.小浜 早佑梨
Bs.渡辺 篤紀
Ds.阪井 ちょく

AD

マナー

テーマ:
ちょっと前に、「Ole Borud」の新譜のライナーノートで面白い表現を見た。

「〇〇マナー」

そこでは、「スティーリーダン・マナー」「ペイジズ・マナー」と書かれていて、簡単に言うと「○○風」という意味で、

料理でいうと、
「地中海風にアレンジしました!」ということで、
悪意のかけらもなく、なんだかさわやかな感じになるのですが、

音楽でいえば…

「パ〇リました!」ということになるわけで、
こう公言すると色々と問題が出てくるわけで、

「リスペクトしました!」と敬意を持っているふりをすれば、
なんとか許してもらえたりもするのですが…。


では、今日はそんなあなたを救う、新しい呪文を紹介しましょう!笑


「○○マナー(○○風)!」

幾分か悪意が薄れ、逆に爽やかささえ感じるこの素晴らしい呪文!笑

是非、パクり広めましょう。

というわけで、「オーレ・ブールド・マナー」をパクろう学ぼうと思って聴いていたのだが、どうせパクる研究するのであれば、本家だろうと思い、

オーレの曲はかなり、スティーリーダンをパクりリスペクトしまくっていると思っていたのだが、Pagesを聴けば聴くほど、なるほど、本人が一番好きだと公言する通り、かなりの影響を受けている。

ブラスの入れ方が、所謂AORというよりはスティーリーダンっぽいな、と思っていたのだが、実は、Pagesっぽい、という方がしっくりくる。
ギターの入れ方は、まさにそのまんまだ!!


~~~~~~~~


などと、昨日の深夜に、日本の片隅で、
人知れず、怪しいAOR電波を飛ばしまくっていたのですが、

今朝になって、AOR系のカバーバンドでベースを弾いて欲しいといわれ、昨日の今日で、かなりビックらこいていたわけですが、

そこは、マナーをわきまえた大人として、
何事もなかったかのように、お引き受けしました。笑

というわけで、ボズ・スキャッグス・マナーを学ぶ旅に出るために、
ぴちぴちビーチ西海岸に行こうと思います。

AD